無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】イーアールジー ERG(従業員リソースグループ)

「ERG」は「Employee Resource Group」の略で「従業員リソースグループ」と訳されます。組織の中で同じ特質や価値観を持つ従業員が主体となって運営するグループのことです。人種、ジェンダー、宗教、障がいなどの属性から、テクノロジー活用、グルーバル化推進といった共通の課題意識まで、組織によってさまざまなERGが存在します。その属性の当事者だけでなく、アライ(Ally)と呼ばれるような支援者もグループの一員となります。ERGを設立することによって横のつながりが強化され、エンゲージメント向上などの効果が期待できます。

ERG(従業員リソースグループ)のケーススタディ

トップダウンとボトムアップ
両輪でかなえるダイバーシティ

ダイバーシティ&インクルージョン(以下、D&I)の実現は、企業の社会的責任であるという認識が徐々に浸透してきました。多様な属性やバックグラウンド、価値観にオープンな組織は、採用でも良い印象をあたえやすいでしょう。しかし、D&Iは一朝一夕で実現できるものではありません。多様性のある職場環境はどうすれば作れるのでしょうか。

ERGは効果的な方法の一つです。経営層による理念浸透や制度の新設といった施策がトップダウンの取り組みとすると、ERGはボトムアップの取り組み。共通の課題意識を持つ社員が有志で集まり活動することによって、トップダウンとは違った形で従業員に影響をもたらします。

ボトムアップというからには、ERGは活動を主導する従業員の存在が必要です。会社がERGをコントロールすることはできませんが、ERGが活発になるよう支援することはできます。

ERGの活動が盛んであるジョンソン・エンド・ジョンソングループの日本法人には、四つのERGがあります。最も歴史が長いのが女性のキャリアや働き方を軸にした団体で、そのほかにLGBTQ+、障がい、世代をテーマにしたERGが存在します。

同社はERGを盛り上げるため、従業員からのボトムアップだけに頼るのではなく、会社がさまざまな支援を行っています。たとえば、日本法人グループの各代表がERGのスポンサーとして活動を支えていたり、ERGに参加した従業員の活動成果を評価に反映させたりします。そうすることで、会社がERGを単なるボランティア活動で終わらせず、オフィシャルに認めているのだというメッセージが従業員に伝わります。

ERGの活動が盛んになることで、従業員のエンゲージメントや定着率の向上が期待できます。D&I施策は、経営層や人事部が主導する取り組みだけでなく、思いを持った従業員の活動を支援することも効果的なのです。

参考:ダイバーシティ、エクイティ & インクルージョン(DE&I)│ジョンソン・エンド・ジョンソングループ

企画・編集:『日本の人事部』編集部

HRペディア「人事辞典」

HRペディア「人事辞典」

? このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します
フォロー

無料会員登録

フォローすると、対象ジャンルの新着記事が掲載された際に通知します。
利用には『日本の人事部』への会員登録が必要です。

メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

用語の基本的な意味、具体的な業務に関する解説や事例などが豊富に掲載されています。掲載用語数は1,100以上、毎月新しい用語を掲載。基礎知識の習得に、課題解決のヒントに、すべてのビジネスパーソンをサポートする人事辞典です。

この記事を既読にする

無料会員登録

「既読機能」のご利用には『日本の人事部』会員への登録が必要です。
メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「ERG(従業員リソースグループ)」に関する記事

「ERG(従業員リソースグループ)」に関する書式・テンプレート