企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ショウケントリヒキトウカンシイインカイ 証券取引等監視委員会(SESC)

証券取引及び金融先物取引の公正を図るために設けられているのが、証券取引等監視委員会(SESC)です。アメリカの証券取引委員会(SEC)がモデルとされ、「市場の番人」として期待されています。
(2006/6/5掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

証券取引等監視委員会(SESC)のケーススタディ

1991年の証券不祥事をきっかけに発足
実効性の高い投資家保護対策が求められている

証券取引等監視委員会(以下、監視委員会)が発足したのは、1991年の証券不祥事(損失補填問題)がきっかけでした。米SECは証券市場を監視する独立の行政機関ですが、日本の監視委員会は当時の大蔵省証券局からその監視機能が分離して発足した経緯から同省の付属機関となり、現在は金融庁に置かれています。

監視委員会は、証券会社等の検査、日々の市場動向の監視、インサイダー取引など課徴金事件の検査、粉飾決算など有価証券報告書等の虚偽記載の検査、各種の勧告・建議及び犯則事件の調査を行うことになっています。

米SECは審判・審決という司法に準じた機能を備え、民事制裁金や排除措置命令という処分権限を行使することができますが、日本では監視委員会の独立性が保たれていないうえに、司法に準じた権限を持たず、法律違反に対しては検察庁に刑事告発するか、金融庁に行政処分を勧告するかしか手がありません。

このため、ライブドアがニッポン放送株を大量取得する際に、東証の時間外取引を使うなど制度のすき間を利用したことに対して、何ら有効な手立てを取れませんでした。

米SECは準司法機能を備えているだけでなく、市場の健全性を損なう事件に際して自浄能力を機能させるための改善努力も怠りません。たとえば、巨大エネルギー企業・エンロンの粉飾決算が発覚した2001年は、米SECの信頼性も大きく揺るぎましたが、わずか8カ月間でサーベンス・オクスリー法案を成立させ、(1)上場会社会計監査審議会の設置(2)監査以外のコンサルティング業務の兼業禁止(3)監査証拠等書類の5年間保管義務(4)担当パートナー(会計監査法人)の5年ごとのローテーション(5)罰則規定を禁固5年から最長20年への強化(6)海外の会計事務所への適用…などを矢継ぎ早に決定しました。

エンロンの粉飾決算事件では、会計監査を担当したアーサー・アンダーセンも崩壊に追い込まれました。ところが、日本では2003年に一部改正された公認会計士法でも、監査証明業務とコンサルティング業務の同時提供の禁止が追加された程度で、会計監査法人のローテーションは盛り込まれませんでした(政令による)。そうしている間にも、西武鉄道の名義株をめぐる虚偽記載や、会計監査法人を巻き込んだカネボウの粉飾決算といった不祥事が相次ぎました。

ネットによる株取引が普及した今こそ、より実効性の高い投資家保護対策が求められるところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

粉飾決算
会社の業績を実態よりも過大に見せたり、または過小に見せたりするため、経理内容に操作を加えた決算のことを言います。とくに利益をかさ上げして表示するケースが多く、過小に見せかける場合はこれを区別して「逆粉飾決算」と呼ぶこともあります。
ホワイト500
「ホワイト500」とは、経済産業省が2016年に創設した認定制度「健康経営優良法人」のうち、規模の大きい企業や医療法人を対象とした大規模法人部門の認定法人を指す愛称です。同制度は、特に優良な健康経営を実践している企業や団体を、大規模法人部門と中小規模法人部門の2部門に区分して顕彰する制度。大規模法人...
健康経営優良法人
健康経営優良法人認定制度とは、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実行する「健康経営」について、特に優良な企業などを顕彰する制度です。2015年から始まった「健康経営銘柄」に続き、2017年から始まりました。規模の大きい企業を対象とする「大規模法人部門」と、中小規模の企業を対象とする「中小...

関連する記事

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。 2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて
日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマネジメントには、まだ多くの課題が残されている。いま人事はどのような投資を行い、どのような方策を打つべきなのか。ここで参考にしたいのは、先行してグローバル投資を行い、成功させている企業の動向だ...
2017/06/08掲載注目の記事
9割近くの企業が「戦略人事」の重要性を認識しているが、実際に「戦略人事」として機能できている企業は約3割
9割近くが「戦略人事」の重要性を認識。市況よりも良い企業では、「当てはまる」が68.9%に。「戦略人事」を実践できている企業は31.6%にとどまる。戦略人事が機能していない理由は「人事部門のリソースの問題」が54.6%と過半数。
2018/07/12掲載人事白書 調査レポート
江上剛さん 「企業不祥事」が繰り返されるのはなぜか
なぜ企業は不祥事を繰り返すのか。組織の内部にどんな問題があるからなのか。1997年に起きた第一勧銀総会屋事件で広報部次長として混乱収拾に尽力し、映画『金融腐蝕列島呪縛』のモデルにもなった江上剛さんに聞きます。
2005/06/13掲載キーパーソンが語る“人と組織”
待ったなしの「ハラスメント対策」。防止と早期解決に役立つサービスと選び方をご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

最短1営業日で従業員代表を選出しませんか QUICK REPLY

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「ハラスメント対策」に役立つソリューション特集

「ハラスメント対策」の早期解決とおすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!
new

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...