日本最大のHRネットワーク『日本の人事部』が運営する、HRテクノロジー(HR Tech、HRテック)総合情報サイト

日本の人事部 HRテクノロジー ロゴ

60万件以上のデータをもとにマッチングノウハウをAI化~独自開発AIによるエンジニアと企業のマッチングを3月より開始:パーソルテクノロジースタッフ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

総合人材サービスのパーソルグループでIT・ものづくりエンジニアの人材派遣を手掛けるパーソルテクノロジースタッフ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:礒田 英嗣、以下パーソルテクノロジースタッフ)は、独自開発AIによるエンジニアと企業のマッチングを3月より開始いたします。これにより、より多くのエンジニアへそれぞれの志向性に合った仕事を紹介することが可能になります。

パーソルテクノロジースタッフは、「エンジニアでありたい人とエンジニアと共にあゆむ組織の成長創造」を通じて「エンジニアが誇りを持てる世の中を実現」することをミッションステートメントにて宣言し、エンジニアのキャリアアップや自己実現を中長期的に支援する取り組みを行っています。


背景:新技術領域拡大やエンジニアの多様化により、人の経験・記憶ベースのキャリアマッチングでは、増加するエンジニアニーズに対応できない可能性。
これまで当社へ登録したエンジニアに求人案件をご紹介する際、専任のキャリアコーディネーター(以下、コーディネーター)が社内基幹システムへアクセスし、経験や希望などのマッチング必要項目をデータベースにて照合。その後、コーディネーター自身の過去の知識・経験に基づき、スタッフ情報と募集中の企業・求人情報のマッチングを行っていました。

照合する項目は1,000以上にも及び、全体情報の把握には平均2時間ほど要するため、企業の求人が増加する昨今の状況からも、1人のコーディネーターが求職者それぞれに合った求人を探す工数が増加。結果として、接点を持てるエンジニアには限りがありました。

また、AIやRPAなど新技術領域のニーズ拡大や多様化などにより、経験者が少ない新領域においては、求められる技術を有していなくても、求められる技術と親和性の高い技術を保有するエンジニアへ仕事を紹介するケースも増えるなど、過去の知識・経験ベースのマッチングだけでは、エンジニアのキャリアアップ観点ですべての選択肢をご紹介できていないケースが増加することも考えられます。


概要:AIにより支援率の高いコーディネーターの提案品質を安定供給。より志向性に沿ったキャリア提案をより多くのエンジニアに実現。キャリア提案数が平均約1.2倍に増加する見込み。
過去10年分の求人情報、エンジニア志向性、就業に至った成約事例など、60万件以上のデータを使い、ニューラルネットワークで学習。新技術領域の知識と経験が豊富なコーディネーターのマッチングノウハウを再現したAI搭載のマッチングアプリケーションを、独自開発いたしました。なお、このマッチングアプリケーションは、企業課題に最適なAI・人工知能ソリューションのオーダーメイド・カスタマイズ開発を専門に事業展開する、株式会社Laboro.AI(本社:東京都中央区 代表取締役CEO:椎橋 徹夫、代表取締役CTO:藤原 弘将)の協力により実現いたしました。

独自開発により当社コーディネーターが行っているマッチング業務を詳細に再現でき、また今後のマッチング情報などもインストールしながらリアルタイムでのAI学習を継続することで、キャリア提案数が平均約1.2倍に向上する見込みです。
これまで、コーディネーターの多くはマッチする仕事を探すプロセスに時間をかけていましたが、3月より、全コーディネーターがキャリア提案の際に同システムを使用開始いたします。マッチする仕事探しはAIがサポートし、短縮できた時間でエンジニアの今後の展望やキャリアプランを詳細にヒアリングすることで、これまで以上に志向性に合っている仕事を提案することが可能となり、就業機会の拡大に寄与します。

なお、導入前に行われたテストでは、AI搭載アプリケーションが抽出した求人情報を、支援率の高いコーディネーターが確認したところ、ご提案不可能と判断される求人情報は抽出されず、高いマッチング精度といえます。

人が対応することでどうしても発生してしまう、経験差による抽出スキルのバラつきや記憶漏れなどによる機会損失が解消されるだけでなく、データ分析に基づき、より多様な選択肢の提案が可能になることで、一人でも多くのエンジニアにとって、自己実現につながる仕事選びができるよう、パーソルテクノロジースタッフでは今後もさまざまな取り組みを行ってまいります。

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(パーソルテクノロジースタッフ株式会社 https://persol-tech-s.co.jp/corporate/index.php /2月6日発表・同社プレスリリースより転載)

新着ニュース