日本最大のHRネットワーク『日本の人事部』が運営する、HRテクノロジー(HR Tech、HRテック)総合情報サイト

日本の人事部 HRテクノロジー ロゴ

急激に進化するテクノロジーが2019年に人事部門にどのような影響を与えるかについて調査~『2019年ヘイズ トレンド予測』:ヘイズ・ジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:マーク・ブラジ、以下ヘイズ)はこの度、急激に進化するテクノロジーが2019年に人事部門にどのような影響を与えるかについてヘイズコンサルタントに対して調査を行いました。


1.マイクロラーニングによる人材育成
従業員がデ新たなスキルを習得する事は起業の成長にとって不可欠です。多様化する働き方に対応する為、より短い時間にスマートフォンなどで映像教材を視聴する「マイクロラーニング」を人材育成に取り入れる企業が増えるでしょう。

2.人事関連申請や採用におけるショートメッセージの活用
メッセンジャー、Line, WhatsApp, Viberなどのメッセージプラットフォームを使用した人事関連の申請や人材採用がトレンドとなるでしょう。

3.自動化への体制構築
ビジネスおよび人事リーダーは従業員に自動化によるメリットを伝え、自動化がもたらす変化に対応できるように態勢を整える必要があります。

4.個々の従業員を管理する「エンプロイーエクスペリエンス」の定着
「エンプロイーエクスペリエンス」とは、企業での従業員のライフサイクル全体とその感じ方を表す新しい用語で、大きな注目を集めています。このジャーニーは、雇用主へのロイヤリティー、研修、成果管理雇用契約、福利厚生、給付、そしてフィードバックなどが含まれます。

5.人材戦略におけるデータ収集と分析
人材戦略の有効性を把握するためにデータ収集と分析がさらに重要性を増してきています。


ヘイズは、専門性の高いプロフェッショナルを対象に人材紹介サービスを提供しているリクルートメントのグローバル・エキスパートです。

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社 https://www.hays.co.jp/ /1月18日発表・同社プレスリリースより転載)

新着ニュース