人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019 -春-[東京]」 
2019年5月14日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省 経済産業省(予定)[会場]大手町サンケイプラザ

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2019-春-[東京]」トップ講演者インタビュー> 矢吹 博和氏(株式会社HackCamp 副社長/株式会社ラーニングプロセス 代表取締役)インタビュー

講演者インタビュー一覧

50分で体験!バックキャスティングを事業で活用するワークショップ

矢吹 博和氏 photo

株式会社HackCamp 副社長/株式会社ラーニングプロセス 代表取締役

矢吹 博和氏

昨今、答えがない課題や問題の解決策を多くの企業が模索しています。新規事業開発、働き方改革など多様なテーマに対し、課題からではなく、ありたい姿から逆算で考える「バックキャスティング思考」が注目されています。弊社では、チームでありたい姿を合意形成・自分ごと化し、プラン構築まで実現するメソッドを開発。チーム全員で納得度の高い合意ができる仕掛けを体感ください。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

現代では、社内でも社外でも、答えがないテーマや課題に対して、自ら新しい価値をつくりだしていくことを求められるようになりました。組織からおりてきた大きな方針やミッションを遂行することに集中していればよかったこれまでから大きく変化する中で、この変化に適応する方法を多くの企業が模索しています。
このような課題に対しては、参加者全員が「これだ!」と言える唯一絶対の正解は存在しません。目指す正解が一つではないからこそ、課題の本質や解決方法にも正解がなく、関係者全員で目線を合わせながら進んでいくしかないと考えています。そこで弊社では、ありたい姿から考えるバックキャスティングを活用してこれらの課題にプローチをするメソッドを提供しています。解決したい問題に対して部門にあったボトムアップでアプローチができる手法 ・研修方法を模索している方、組織や部門を超えて横断的なプロジェクトに携わっている方、必見です。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

当日は、多くの企業が注目している「バックキャスティング」を事業で活かす方法についての講演とワークショップを行います。
ワークショップでは、弊社で独自に開発をしてきた「チームでありたい姿を、短時間で、全員の納得度が高い合意形成につくりあげ、プラン構築まで実現するメソッド”視覚会議”」を実際に体験していただきます。毎回9割以上の体験者が、「なぜ短時間でチーム全員で納得度が高く合意ができるのか、体験をしたからこそ深く理解ができた!」となり、役員から若手まで幅広く満足いただいております。
漠然としたテーマや課題に対してチームで取り組み、個人が自分ごと化できる仕掛け・仕組みがちりばめられている本手法をぜひご自身で体感してみてください。
本手法は、人材開発や育成から、企業戦略立案、組織改革、新規事業開発まで、目的に合った方法で幅広く活用されています。中でも、企業導入の際には研修を受けた翌日から現場で実践が可能であることを強みにしています。社内、チーム、お客様、ビジネスにおけるさまざまな場面で「合意形成」の必要性が高まっている今この機会に、貴社で抱える課題に対して、どうバックキャスティングが活用できるか、を考えてみてください。ご興味を持っていただいた企業には、現場で生かせる研修企画や共創・新規事業のコンサルをこれまで数多く手がけてきた弊社が、効果的な活用方法についてアドバイスもさせていただきます。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

ビジョナリー経営が注目されている今、経営者から若手社員まで自らビジョンをつくりだす力が求められています。その中で、50分で多様なメンバーとの合意形成が可能になったら、みなさんの組織をどう変えていけると思いますか。自分たちの手でビジョン策定が可能になることで、メンバーのモチベーションアップや新メンバーの求心力向上などが期待できます。この機会に、自らビジョンをつくりだす価値をぜひご体験ください。
また、デザイン思考の導入で悩んでいるご担当者にとって、それをより活用するためのヒントが得られる内容にもなっていますのでお見逃しなく。

  • この記事をシェア
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
矢吹 博和氏(やぶき ひろかず)
株式会社HackCamp 副社長/株式会社ラーニングプロセス 代表取締役
視覚会議の開発者。見える化を活用した思考法、発想法、会議ファ シリテーションのスペシャリスト。視覚会議を、日産自動車、富士通、トレンドマイクロ、NTTデータ、LIXIL、大手自動車メーカーのR&D部門など他業界・業種にわたり、バックキャスティングを事業に活用する仕組みとして導入。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop