人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019 -春-[東京]」 
2019年5月14日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省 経済産業省(予定)[会場]大手町サンケイプラザ

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2019-春-[東京]」トップ講演者インタビュー> 山田 功生氏(株式会社DMU 取締役)インタビュー

講演者インタビュー一覧

高まるデジタルマーケティング人材の重要性~育成で先行することが企業の競争力になる~

山田 功生氏 photo

株式会社DMU 取締役

山田 功生氏

「デジタルトランスフォーメーション」「マーケティングオートメーション」というワードを耳にする機会は増えていませんか? デジタルマーケティングは企業の収益活動を変貌させており、それを担うデジタルマーケターの必要性が高まっています。本講演では、身近な事例を使いながら、人事部の皆さま向けにデジタルマーケティングの潮流、デジタルマーケターの重要性をお話しします。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

本講演は人事部の皆さまにマーケティング領域におけるデジタルマーケティングの潮流、およびデジタルマーケターの重要性をお伝えする内容です。

多くの企業が、マーケティング、特に広告やテクノロジーを活用したデジタルマーケティングの必要性を感じ始めていると思います。事実、テクノロジーを活用すれば皆さまが考えられる以上にあらゆる施策が可能になり、企業の成長はグッと加速されます。

しかし、デジタルマーケティングの最新情報やデジタルマーケターの必要性は「“マーケティング”関連部署」には届いているものの、ヒトの成長を担う「“人事”関連部署」には届いてないと感じています。
また、現場においても「OJTでデジタルマーケターの育成ができない」「人的リソースが限られているので育てられない」という課題があることを知りました。

デジタルマーケティングに少しでもご興味があれば、ぜひご参加ください。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

「デジタルトランスフォーメーション」「マーケティングオートメーション」というマーケティング関連ワードを、人事領域においても耳にする機会が増えてきたのではないでしょうか。

その背景には、驚異的な速度で進化しているデジタルマーケティング技術が、企業のマーケティング活動を変貌させ、それに合わせてマーケティング部門の強化、デジタルマーケター採用が必要になってきている。ということが挙げられます。

例えば、「アパレルのサイトを見たら、次の日SNSに広告が出てきた」「デパートにいたら、スマホにタイムセールの通知が届いた」「WEBで価格表を見たら、なぜか価格に関するメールが届いた」という経験がある方もいると思います。これらはテクノロジーを活用したマーケティング戦略であり、そこには必ずデジタルマーケターという職種が存在しています。一人のデジタルマーケターが収益を倍増させたり、問い合わせを増やすということが起きています。


本講演では、デジタルマーケティングを実例をまじえながら、「マーケティングテクノロジーとはなにか」「デジタルマーケターがいれば、何が変わるのか」についてご説明します。

「デジタルマーケティング人材の育成により日本企業の競争力を高める」ことを目的としたDMUですが、本講演が、皆さまご自身の業務とテクノロジーの架け橋となることができれば幸いです。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

私は(株)マイナビで研修商材の開発責任者を務めていましたが、昨年退職。デジタルマーケティング業界に足を踏み入れました。想像以上にデジタルマーケティング技術は進化していて、人材業界にどっぷり浸かっていた私にとっては衝撃でした。
日本は人口減少、働き方改革の流れからデジタルマーケティングの需要は伸びることが予想され、デジタルマーケターは人材不足になることが確実視されています。
デジタルマーケター育成は人事戦略で重要テーマになると思っています。

HRカンファレンスでは馴染みのないテーマかと思いますが、少しでもデジタルマーケティングの必要性についてお伝えできればと思っております。

  • この記事をシェア
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
山田 功生氏(やまだ いさお)
株式会社DMU 取締役
2005年株式会社マイナビに入社。企業向け研修サービス事業の立ち上げに参画、事業推進及び商品開発責任者として従事。ムビケーション、UPcomerKitなどを開発。2018年、デジタルマーケター育成をメイン事業とする株式会社DMUを創業。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop