人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019 -春-[東京]」 
2019年5月14日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省 経済産業省(予定)[会場]大手町サンケイプラザ

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2019-春-[東京]」トップ講演者インタビュー> 荒金 泰史氏(株式会社リクルートマネジメントソリューションズ HRアセスメントソリューション統括部 主任研究員)インタビュー

講演者インタビュー一覧

メンバーマネジメントの巧拙が企業経営を左右する時代/現場マネジャー支援の在り方

荒金 泰史氏 photo

株式会社リクルートマネジメントソリューションズ HRアセスメントソリューション統括部 主任研究員

荒金 泰史氏

メンタル不調、若手の早期離職、ハラスメント等、企業の存続を脅かしかねないトラブルの増加。メンバーマネジメントの難度は、かつてないほど高まっています。一方、正解の無いビジネス環境で勝機を見出していくのも、またヒトにしかできないこと。メンバーマネジメント・人材活用の巧拙が、企業の生き残りを左右する時代です。その矢面に立つ現場マネジャーに、人事は何ができるのかを検討します。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

昨今、企業人事とお話していると、メンタル不調、若手の早期離職、ハラスメント等のトラブルが増えているとおうかがいします。これらの根底にあるのは、マネジャーとメンバーの”すれ違い”です。「メンバーの多様化」や、タイムマネジメント等による「職場コミュニケーションの希薄化」が進んでいる中、メンバーマネジメントの難度はこの1年ほどで、飛躍的に高まっています。1on1を導入する企業が増えているのも、そういった危機感がどこかにあるからではないでしょうか。

一方で、人事に目を向けると、メンバーマネジメントの”やり方”は、現場マネジャーの自己流に任せっぱなし、あるいはコーチング研修などをやりっぱなしになっていることが多いように感じます。マネジメントの難しさが増している昨今だからこそ、人事が現場マネジャーに対して行うべき支援とはどのようなものか考えるべきではないでしょうか?

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

今回の講演の主眼は
・より効果的な現場マネジャー支援のあり方
・特にメンバーマネジメントをどうサポートするか
の2点です。

現場マネジャーに向けてメンバーマネジメントに関するインプットを行おうとすると、「ただでさえ忙しいのに、なぜそこまでやらないといけないんだ」という声が挙がってくることが常でした。しかし「支援」を行おうというのに「反発」を食らっている時点で、そのアプローチはうまくいっているとは言えないのではないでしょうか。人事が「メンバーのことを気にかけて」と言えば言うほど、現場が聞き流すようになっていくのでは、望む成果を得ることは到底難しいように感じます。

この難題に向き合うひとつのカギが「対話」です。
昨今、いわゆる”診断型組織開発”への警鐘と同時に、”対話型組織開発”への注目が集まっています。この対話型組織開発は、経営学・組織論の立場からも、イノベーション生成のポイントとして着目されているアプローチでもあります。

今回の講演では、経営学・組織論のアカデミックな理論のトレンドと、それらが現場のマネジメントシーンでどのように実現されていくことが望ましいのか/どこに課題があるのか、それらを促していくために、人事は今までと何を変えればいいのか、どこまで変えればいいのかを整理していきます。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

VUCAという言葉に象徴されるように、経営やビジネスの正解が見えづらく、昨日有効に機能していた戦略や技術・体制が、明日には全く通用しなくなってしまう危機感が企業に溢れています。経営においてこれだけ正解が持てないこの時代に、人事のあり方や、人と組織の生かし方がこれまでと一緒でいいとは考えづらく、皆さまも日々、悩まれていることと存じます。
これまでのやり方、これまでの人事のあり方を見つめ直し、時代に即した組織運営、人材活用をしていきたい。そんな志を持った皆さまと、共に考える機会にできればと考えています。

  • この記事をシェア
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
荒金 泰史氏(あらがね やすし)
株式会社リクルートマネジメントソリューションズ HRアセスメントソリューション統括部 主任研究員
株式会社リクルートマネジメントソリューションズに入社以来、一貫して人事ツールの開発やクライアントへの提供、実証研究に従事。メンタルヘルス予防、早期離職予防の理論と実践ノウハウ、エンゲージメント・対話型組織開発の諸理論、HRテクノロジーのトレンドと効能に詳しい。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop