人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019 -春-[東京]」 
2019年5月14日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省 経済産業省(予定)[会場]大手町サンケイプラザ

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2019-春-[東京]」トップ講演者インタビュー> Kelly Kawaguchi氏(ビジネスコミュニケーショントレーナー)インタビュー

講演者インタビュー一覧

異文化チームをまとめるリーダーが身に付けるべき説得術とは?

Kelly Kawaguchi氏 photo

ビジネスコミュニケーショントレーナー

Kelly Kawaguchi氏

誤解や対立が生まれやすいといわれる、異文化チームのコミュニケーション。実はリーダーの関わり方一つで、スムーズなコミュニケーションが実現します。そのカギはメンバーの文化的背景と認知スタイルを理解することにありました。本講演では異文化チーム内の摩擦を減らす効果的な説得方法と具体的な英語表現方法をお伝えします。
※講演は英語ですが配布資料は日本語ですのでどなたでも参加可能。(協賛/リアリーイングリッシュ株式会社)

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

異なる価値観を持ったメンバーと仕事をする中で、誤解や対立が発生した場合、どう対処すればよいのか。どのような文化背景が起因しているのか。
相手にとって効果的なコミュニケーションアプローチは何なのかを判断する必要があります。

私は今まで、数多くの海外赴任前研修を担当してきました。多くの受講者は異文化についてある程度の知識は持っていましたが、その知識を英語で運用できる人はわずかでした。
例えば「部下があるタスクをやると言ったのにやっていない」、「メンバーに依頼したい仕事の重要性が伝わらない」等といった場面で、リーダーとしてどのようなアプローチと表現を使って相手を説得すれば良いのか悩むところです。

本講演では、「異文化知識を英語で運用できる」研修の一部を皆さまにご体験いただきます。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

本講演の前半は、グローバルチームで仕事する中で、文化の違いが仕事の効率にいかに影響を与えているのかをご紹介します。後半は、異なる価値観を持ったメンバーとスムーズにコミュニケーションが取れる具体的な方法をご紹介します。

私が初めて日本企業に就職した時、まず驚いたのは研修のスタイルでした。仕事の全体の流れについて徹底的にトレーニングを受けたあと、いよいよ営業としての徹底的なトレーニングがあると想定していました。しかし、実際は「見て習え」スタイルでした。具体的な指示があれば、もっと早く仕事が覚えられるのにと思いながら、自分のスタイルを作っていきました。勝手に頭の中に自分のjob descriptionを決め、大きなトラブルが発生しない限り、上司に報告する必要はないと考えていました。

しかし、異なる価値観を持ったメンバーに「見て習え」スタイルは特にわかりにくいものです。人によっては納得するまで行動に移しません。仕事を依頼する際の説得方法は、その人が育った環境と考え方の違いを理解し、相手が納得できる説明を英語で伝えなければなりません。

異文化理解とコミュニケーションスキルをリンクさせた説得術の一部をぜひ、体験してください。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

知識があってもアウトプットができなければ意味がありません。今回は英語でのセミナーなので、ぜひ、英語で相手を説得するシチュエーションを実践してみましょう。

  • この記事をシェア
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
Kelly Kawaguchi氏(けりー かわぐち)
ビジネスコミュニケーショントレーナー
企業専門のビジネスコミュニケーショントレーナー。異文化理解、グローバル会議、プレゼンテーション、海外赴任前研修など、実践的なコミュニケーション指導法で、15年以上多数の企業の異文化コミュニケーション問題を解決。アメリカで育ち、日本でのビジネス経験を活かししたトレーニングを展開している。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop