人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019 -春-[東京]」 
2019年5月14日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省 経済産業省(予定)[会場]大手町サンケイプラザ

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2019-春-[東京]」トップ講演者インタビュー> 宮田 昇始氏(株式会社SmartHR 代表取締役)インタビュー

講演者インタビュー一覧

社内に眠る人事データの活用で、組織にイノベーションを起こせるのか

宮田 昇始氏 photo

株式会社SmartHR 代表取締役

宮田 昇始氏

叫ばれる働き方改革の推進。しかし、多くの企業では「長時間労働の是正」に奔走している段階で、本質的な生産性向上に取り組めていないのが現状です。その突破口は“人材”と“組織”の力を最大限に引き出し成果を創出するための「イノベーション」であり、ヒントとなるのが「人事データの活用」です。多様な人事データに精通する有識者をお招きし、多角的にディスカッションします。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

生産性向上のために、働き方改革を推進する必要を感じている方。とりわけ、人材難という課題に直面する企業も多い中で、限られたリソースを最大限に活用した本質的な生産性向上の方法を模索している人事部門の担当者の方にぜひ聞いていただきたい内容となっております。また「人事データ」の有効活用の必要性を感じながらも、活用をしきれていないといった課題をお持ちの方にもおすすめです。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

生産性向上、そのための働き方改革が叫ばれる中、現在の働き方改革は長時間労働是正やコンプライアンスの徹底、業務効率化などのインプット削減が中心となっています。さらに大きな効果を生むためには、今あるリソースを最大限に活用してアウトプットも増やしていかなければなりません。つまり、本質的な働き方改革を行うためにイノベーションを起こすことで組織が大きく飛躍し、生産性が大幅に向上する可能性が生まれます。
では、そのイノベーションを人事部門から起こすにはどうしたら良いのか。その問いに対するヒントが「人材」「組織」「人事データの活用」にあると考えます。
本講演では、人材・組織のイノベーションや、そのイノベーションの鍵となる人事データの活用をテーマに有識者を迎えてディスカッションを行います。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

皆さまの会社で、実際に取り組まれている働き方改革はどのようなものなのか。また、さらなる生産性向上を実現し、人材や組織に改革を起こすために人事データを活用してどのようなことができるのか。一度、現在の状況を振り返った上で、ディスカッションを聞いていただければと思います。あらかじめ決められた正解はありません。それぞれの課題にあった解決のヒントを本講演の中で見つけていただければうれしいです。

  • この記事をシェア
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
宮田 昇始氏(みやた しょうじ)
株式会社SmartHR 代表取締役
株式会社SmartHRの代表取締役CEO。2013年に株式会社KUFU(現SmartHR)を創業。2015年に自身の闘病経験をもとにしたクラウド人事労務ソフト「SmartHR」を公開。利用企業数は公開後3年で20,000社を突破。2019年1月には、保険業界における非合理の解消を目指す「SmartHR Insurance」を設立した。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop