講演レポート・動画 イベントレポート

HRカンファレンストップ >  日本の人事部「HRカンファレンス2021-秋-」講演レポート・動画 >  パネルセッション [E] ブリヂストンの事例から考える、 戦略人事を実現するためのデータを…

ブリヂストンの事例から考える、
戦略人事を実現するためのデータを活用した最適配置

<協賛:株式会社HRBrain>
  • 江上 茂樹氏(株式会社ブリヂストン HRX推進・基盤人事統括部門長)
  • 石山 恒貴氏(法政大学大学院 政策創造研究科 教授)
  • 吉田 達揮氏(株式会社HRBrain EX事業部 事業統括部長)
パネルセッション [E]2021.12.15 掲載
株式会社HRBrain講演写真

業界を問わず事業環境が激しく変化を続ける時代にあって、タレントマネジメント施策として「人材の最適配置」を重視する企業が増えている。しかし多くの企業では、人事担当者の経験や感覚、社内ネットワークなどに頼った慣例的な人事異動や抜てきが行われているのも事実。こうした中でブリヂストンは、人事とデータサイエンティストが連携し、データを活用した最適配置の試みを進めている。同社の江上茂樹氏と法政大学教授の石山恒貴氏、そしてHRBrainの吉田達揮氏によるディスカッションを通じて、データを活用した人材の最適配置について考える。

プロフィール
江上 茂樹氏(株式会社ブリヂストン HRX推進・基盤人事統括部門長)
江上 茂樹 プロフィール写真

(えがみ しげき)1995年に東京大学経済学部卒業後、三菱自動車工業株式会社に入社し、川崎工場の人事・労務部門に配属。2003年のトラック・バス部門分社に伴い、三菱ふそうトラック・バス株式会社へ移籍し、人事・採用・教育を担当。CEOアシスタントや開発本部開発管理部長等を経て、2010年人事担当常務人事・総務本部長。独ダイムラー傘下となった同社の人事制度のグローバルスタンダードへの転換を図った。2015年11月サトーホールディングス株式会社に入社、執行役員最高人財責任者(CHRO)兼北上事業所長等を歴任し、海外を含めた人事制度の最適化や北上事業所の新建屋建設を推進した。2020年12月に株式会社ブリヂストンに入社し、人財マッチング企画・推進部門長を経て2021年9月よりHRX推進・基盤人事統括部門長。


石山 恒貴氏(法政大学大学院 政策創造研究科 教授)
石山 恒貴 プロフィール写真

(いしやま のぶたか)一橋大学社会学部卒業、産業能率大学大学院経営情報学研究科修士課程修了、法政大学大学院政策創造研究科博士後期課程修了、博士(政策学)。一橋大学卒業後、NEC、GE、米系ライフサイエンス会社を経て、現職。越境的学習、キャリア形成、人的資源管理等が研究領域。人材育成学会常任理事、日本労務学会理事、人事実践科学会議共同代表、NPO法人二枚目の名刺共同研究パートナー、フリーランス協会アドバイザリーボード。主な著書:『日本企業のタレントマネジメント』(2020年、中央経済社)、『地域とゆるくつながろう』(編著、2019年、静岡新聞社)、『越境的学習のメカニズム』(2018年、福村出版)、『会社人生を後悔しない40代からの仕事術』(パーソル総研と共著、2018年、ダイヤモンド社)、『パラレルキャリアを始めよう!』(2015年、ダイヤモンド社)、主な論文:Role of knowledge brokers in communities of practice in Japan,Journal of Knowledge Management,Vol.20,No.6,2016.


吉田 達揮氏(株式会社HRBrain EX事業部 事業統括部長)
吉田 達揮 プロフィール写真

(よしだ たつき)新卒入社企業では、広告営業・採用コンサルタント・リクルーターを担当。同社に入社後、人事評価コンサルティング・中小〜大手企業向けのクラウド営業に従事。社内向けのタレントマネジメントのユニット立ち上げ、事業企画にて全社戦略の策定・推進も担当。新規事業であるEX事業部の事業戦略・プロダクト開発を推進中。


ブリヂストンは「コア・成長・探索」の3事業の時代へ

本講演では、株式会社HRBrain EX事業部 事業統括部長の吉田達揮氏がモデレーターを務めた。

HRBrainは、タレントマネジメントシステムの提供を通じて企業の最適な人材育成や人材配置を支援している。その鍵を握るのがデータ活用だ。

企業によってはデータが社内に散在していたり、管理方法が部署ごとに異なったりするケースも少なくない。まずはデータ活用の目的を明らかにしたうえで、組織診断のサーベイツールなどを用いて企業の「戦略ポジション」を定義していくことが重要だという。吉田氏は「先進的な取り組みを進めるブリヂストンさまの事例をもとに、データを活用したタレントマネジメントや最適配置のあり方を考えたい」と話した。

講演写真

続いて、ブリヂストンの江上茂樹氏が自社の事例を紹介した。

「タイヤの会社」として高い知名度を誇る同社は、連結売上高は約3兆円。全世界に約14万人の従業員を抱え、海外生産比率が72%に上るグローバル・カンパニーだ。従来の基幹事業であるタイヤ製造・販売に加えて、現在ではタイヤの摩耗や空気圧のデータを活用し、タイヤの交換時期を提案するといったソリューション事業にも注力している。

「当社は『最高の品質で社会に貢献』というミッションを掲げ、ビジョンである『2050年 サステナブルなソリューションカンパニーとして社会価値・顧客価値を持続的に提供している会社へ』の実現を目指しています。そのために、高品質なタイヤを創って売る『コア事業(タイヤ事業)』に加えて、データを活用して新しい価値を提供する『成長事業(ソリューション事業)』、さらに使用済みタイヤをリサイクルするなどの『探索事業』の展開を進めています」

こうした事業戦略の変化を踏まえ、「ブリヂストンではB-HRX(ブリヂストン流のHuman Resource Transformation)を昨年からスタートしている」と江上氏は説明する。コア・成長・探索の三つの事業領域に対応していくためには、これまでのコア事業のみを念頭に置いた人事戦略では立ちいかず、人事も変わっていかなければならない。そこで進められているのがブリヂストン流の人事トランスフォーメーション、つまりB-HRXなのだ。

記事全文は下記からダウンロード可能です

記事コンテンツのダウンロードはこちら
本講演企業

HRBrainは効果的な人事評価・目標管理をカンタン・シンプルに実現するクラウドサービスです。HRBrainは人事評価管理から人事制度構築やタレントマネジメントまで組織の成長に欠かせないクラウドサービスとして様々な課題に対応しています。

  • この記事をシェア
本講演企業

HRBrainは効果的な人事評価・目標管理をカンタン・シンプルに実現するクラウドサービスです。HRBrainは人事評価管理から人事制度構築やタレントマネジメントまで組織の成長に欠かせないクラウドサービスとして様々な課題に対応しています。

日本の人事部「HRカンファレンス2021-秋-」レポート
講演写真

[A-3]若手・中堅層の自律的キャリア開発 〜360度FBを活用した気づきと行動化、習慣化

講演写真

[A-5]自律的組織をつくるための人材育成 ~自ら考え行動する人材になるための「探究力」~

講演写真

[A]「当たり前の採用」から「新しい採用」へ 対話とテクノロジーで変わる新時代の採用活動

講演写真

[B-4]徹底予防!パワハラ行為者の適性検査傾向と社内の全管理職を対象とする予防施策の実例

講演写真

[B]DX時代の新・人材育成戦略「リスキリング」とは

講演写真

[C-1]今求められる、組織活性化のために人事部門に必要な「マーケティング視点」とは

講演写真

[C-2]企業価値を高めるウェルビーイング施策~最新研究と丸井グループの戦略から考える~

講演写真

[C]個人と組織のエンゲージメントを高める「人事のためのジョブ・クラフティング」講座

講演写真

[D-2]EVP発想による活き活きとした組織の作り方 ~従業員サーベイの効果的な活用法~

講演写真

[D]「HRアワード」第10回開催 特別企画 これまで10年の人事を振り返り、これからの人事について考える

講演写真

[E-3]ジョブ型新時代における報酬/給与戦略とは - 成長に必要な人材の確保に向けて

講演写真

[E]ブリヂストンの事例から考える、 戦略人事を実現するためのデータを活用した最適配置

講演写真

[F]一人ひとりが主体的に動くことで組織は成長する いま必要な“メンバー全員が発揮する”リーダーシップとは

講演写真

[G]イノベーションを起こすための組織をどうつくるか~組織文化、評価、人材育成の観点から~

講演写真

[H]SUBARUの人財育成改革に学ぶ 自律型人財・自律型組織のつくり方

講演写真

[I]「独学」のススメ~組織人にとっての主体的学びの意味と組織による支援のあり方~

講演写真

[J-5]アフターコロナを生き抜く「しなやかな心」をつくる~レジリエンスの高め方~

講演写真

[K-5]数年後を見据えた新卒採用戦略のポイント ~おさえるべき大学・大学生の3つの変化~

講演写真

[K]停滞する組織から能動的に変化する組織へ。企業を成長させる「組織文化改革」とは

講演写真

[L]「人的資本経営」とは何か~理論と事例から考える、これからの人材マネジメント~

講演写真

[M-3]「ミドルシニアのキャリア自律」の実効性を高める施策のポイント

講演写真

[M]「ウェルビーイング」は企業に何をもたらすのか 積水ハウスと楽天グループに学ぶ幸せ起点の組織づくり

講演写真

[O]「働き方改革」を振り返り、これからの「働き方」を考える

講演写真

[P]企業の次代を担う「経営人材」をいかに見出し、育成していくのか

講演写真

[Q]新しい時代の「職場のコミュニケーション」のあり方とは~デジタルネイティブ世代の増加、リモートワークの浸透による変化をふまえて~

講演写真

[R-3]東京海上日動という大組織で、30代人事担当者が挑戦する成長の仕組み・風土づくり

講演写真

[R]人事はどのようにデータを活用すればいいのか~採用、配置、アセスメントの観点から~

講演写真

[S-3]実施率97%の1on1が、いかに1万人超のリモートコミュニケーションを繋いだか

講演写真

[S]ベストセラー『未来の年表』著者と考える、2030年に向けた人事の課題とあり方

講演写真

[T-7]「働きやすさ」から「働きがい」へ  ~当社が進めるEX向上の取り組み~

講演写真

[T-8]自律的キャリア形成と企業変革の推進

講演写真

[T]極めて高い成果を上げ続ける「スター社員」をどのように見出し、育成していくのか~人材の「優秀さ」を科学的に考える~

講演写真

[U]「働くみんなの転職学」離職のメカニズムをさぐり、中途採用支援を考える

講演写真

[V]新時代の若手社員をどうフォローし、戦力化すればいいのか ~パナソニックの事例から~

講演写真

[W]VUCA時代に強い「働きがいのある企業」の採用・組織戦略

講演写真

[X-5]これからの時代のロイヤリティ向上施策 組織との一体感を高める「VR活用術」とは


このページの先頭へ