人・組織の課題解決策を体系的に学ぶ、日本最大のHRイベント 日本の人事部「HRカンファレンス」ロゴ

イベントレポート イベントレポート

HRカンファレンストップ > イベントレポート一覧 > 日本の人事部「HRカンファレンス2019-秋-」  > パネルセッション [B] AI活用で変わるこれからの人材組織開発 ~感情への科学的アプロー…

AI活用で変わるこれからの人材組織開発
~感情への科学的アプローチで解った幸福度と生産性向上の関係~

<協賛:リ・カレント株式会社>
  • 矢野 和男氏(株式会社日立製作所 フェロー 博士(工学))
  • 源田 泰之氏(ソフトバンク株式会社 人事本部 副本部長 兼 採用・人材開発統括部 統括部長 兼 未来人材推進室 室長)
  • 石橋 真氏(リ・カレント株式会社 代表取締役社長)
東京パネルセッション [B]2020.01.07 掲載
リ・カレント株式会社講演写真

AI活用、データ活用が人材・組織開発にさまざまな変化をもたらしている。キーワードとなるのは「幸福度と対話、そして当事者意識」だ。日立製作所フェローの矢野氏はAIを活用し、幸福な組織や個人の行動パターンを分析。ソフトバンクの源田氏はデータを活用し、自主的な行動を主体としたリーダー育成に力を入れている。二人が実践から学んだ知見を紹介した。

プロフィール
矢野 和男氏( 株式会社日立製作所 フェロー 博士(工学))
矢野 和男 プロフィール写真

(やの かずお)IEEE Fellow 東京工業大学大学院 情報理工学院 特定教授。
1984年日立製作所入社。2003年頃からビッグデータの収集・活用技術で世界を牽引。論文被引用2,500件、特許出願350件を超える。ハピネスの定量化や多目的人工知能の開発、企業経営、心理学、人工知能からナノテクまでの専門性の広さと深さで知られる。著書『データの見えざる手』は、BookVinegar社の2014年ビジネス書ベスト10に選出。


源田 泰之氏( ソフトバンク株式会社 人事本部 副本部長 兼 採用・人材開発統括部 統括部長 兼 未来人材推進室 室長)
源田 泰之 プロフィール写真

(げんだ やすゆき)1998年入社。営業を経験後、2008年より現職。グループ社員向けの研修機関であるソフトバンクユニバーシティおよび後継者育成機関のソフトバンクアカデミア、新規事業提案制度(ソフトバンクイノベンチャー)の責任者。SBイノベンチャー・取締役を務める。孫正義が私財を投じ設立した、公益財団法人孫正義育英財団の事務局長。育英財団では、高い志と異能を持つ若者が才能を開花できる環境を提供、未来を創る人材を支援。教育機関でのキャリア講義や人材育成の講演実績など多数。


石橋 真氏( リ・カレント株式会社 代表取締役社長)
石橋 真 プロフィール写真

(いしばし まこと)株式会社リクルート時代、そして二度の起業経験の中で様々などん底経験とそこからの這い上がり経験を持つ。「人は一人では弱い。だからこそ組織としての共育と協働が必要」というポリシーのもと、「リーダーシップ×フォロワーシップ=チームワーク」をコーポレートメッセージとして発信し、日々人材開発プロデュースに挑む。


矢野氏によるプレゼンテーション:人がつくる壁がAIの障害となる

リ・カレントは、「リーダーシップ×フォロワーシップ=チームワーク」をコンセプトに、個人能力開発と組織開発支援を行っている。まず、同社代表の石橋氏が本セッションを企画した理由について語った。

「人材開発を行う最終目的は組織成果です。成功循環がうまく回るには関係の質が非常に重要だということは、皆さまもご存じかと思います。当社も提供するサービスによって、クローズドなピラミッド型組織から、ミッションやビジョン、バリューをもとにしたオープンネットワーク型の組織に転換するお手伝いをしています。本日は、こうした人事施策で、AIやデータを活用している2社の事例をご紹介いたします」

講演写真

矢野氏はまず、最近話題になっているAIの本来の使い方について解説した。

「技術というのは変化をもたらすだけではなく、徐々に進歩のスピードを上げていきます。そこでは予測を超えた進化が起きる。だからこそ実際に実験を行い、現実に学ぶ姿勢が必要です。しかし、今までの頭のままでは発想は広がらない。そして、少ない機会の中から多くを学ぶ必要がある。そのためにデータが必要であり、関係性をみるためにAIが必要となるのです。こうした発想をしっかり持っていないと、AIはただの自動化ツールになってしまいます」

ここで矢野氏は、AIによる学習をビジュアライズさせた実験を紹介した。AIロボットにブランコのこぎ方を学習させる実験の動画だ。ロボットには「振れ幅が大きいほど良い」というアウトカム(成果指標)が与えられている。実験から学習するプログラムであり、ロボットは常にブランコをこいでいる。1分ほどすると、あるときの膝の曲げ方で少し振れ幅が大きくなることに気づく。3分も経つとだんだんコツをつかみ始め、膝を曲げ伸ばしするこぎ方を見つけ出す。

「大事なのは、そこで実験と学習をやめないことです。さらに続けると振幅がさらに大きくなり、最終的に1周期の中で2回膝を曲げ伸ばしする、人間でも行かない境地にたどり着きます。実験と学習により、極めてロジカルな方法を見つけたわけです。次は変化を与えようと鉄棒に挑戦させましたが、3分もすると別のコツをつかんでいきます。足のジョイントが広がるように改造すると、新たな自由度が生まれ、最終的には大車輪ができるようになりました。

実はこれは、とにかく続けろという、たった1000行しかないシンプルなプログラムです。AIのデモと思われるかもしれませんが、内容は違います。これは実験と学習でいかに結果を出し続け、その変化を味方に付けることが大事かという証明です。こうした変化を止めているのは誰なのか。実はすべて人間です。人間が勝手につくっている壁がある。だからAIがあって、いくらデータがあったとしても、人が壁を持ち続けている限り何も起きません。これはAIやデータの活用をここ10年以上行ってきた私たちの結論です」

記事全文は下記からダウンロード可能です

記事コンテンツのダウンロードはこちら
本講演企業

リ・カレントは「リーダーシップ×フォロワーシップ=チームワーク」を人材組織開発の軸として、企業研修・組織開発コンサル・人事制度構築を行っております。組織成果を最大化するための、組織から期待される役割と自身のありたい姿に基づいた「個人の強化」。メンバーの発意を引き出すLS、FSの発揮によってメンバーが自ら提言提案する組織を形成する「組織力の強化」の2軸で貴社カスタマイズの施策をお届けします。

  • この記事をシェア
本講演企業

リ・カレントは「リーダーシップ×フォロワーシップ=チームワーク」を人材組織開発の軸として、企業研修・組織開発コンサル・人事制度構築を行っております。組織成果を最大化するための、組織から期待される役割と自身のありたい姿に基づいた「個人の強化」。メンバーの発意を引き出すLS、FSの発揮によってメンバーが自ら提言提案する組織を形成する「組織力の強化」の2軸で貴社カスタマイズの施策をお届けします。

日本の人事部「HRカンファレンス2019-秋-」レポート
講演写真

[A-5]なぜ英語学習が続かない社員が多いのか? 自主学習意欲維持のコツからAIの活用まで

講演写真

[A]「幸せな職場」のつくり方 ~従業員が幸せになれば会社が伸びる~

講演写真

[B]AI活用で変わるこれからの人材組織開発 ~感情への科学的アプローチで解った幸福度と生産性向上の関係~

講演写真

[C-1]世界114ヵ国、130万人の「英語能力ビッグデータ」から見えた、次世代リーダーを育成するヒントとは

講演写真

[C-5]いまから、人事が準備すべき「仕事と介護の両立支援」とは~2025年問題に向けて~

講演写真

[C]自律組織・自律人材をどう実現するか

講演写真

[D-5]クライアント事例から学ぶ 事業戦略から落とし込む教育体系構築の具体策

講演写真

[D]今なぜ「エンゲージメント」なのか ~人事リーダーと共に考える、その意義と可能性~

講演写真

[LM-1]多様性の実現がゴールではない ~ダイバーシティを「イノベーション」と「企業価値向上」につなげる~

講演写真

[E-5]リーダーシップOSを組み換える~経営リーダーの土台をつくる6つの“C”~

講演写真

[E]1on1×HRテクノロジーで、社内風土改善と離職防止を実現 ―全業界で役立つ東京ベイ有明ワシントンホテル1年の取り組み

講演写真

[F-5]本質から知る社員エンゲージメント~カギは診断後のデータ活用にあり~

講演写真

[F]人事の「未来像」――激変の時代における人事の存在意義とは

講演写真

[G]戦略人事の先にある「これからの人事」

講演写真

[LM-2]『日本の人事部 人事白書2019』から読み解く「育成」「組織活性化」の現状と課題

講演写真

[H-5]組織を元気にする健康経営 ~社員のメンタルヘルス対策の鉄板手法からはじめよう~

講演写真

[H]人生100年時代に求められるキャリアデザインとは 「組織内キャリア」から「生涯キャリア」へ

講演写真

[I-5]世界14万人を率いたブリヂストン元CEOと考える ~日本企業に必要なリーダーシップ~

講演写真

[I]真の変革を生むダイバーシティ経営─意思決定と無意識バイアス

講演写真

[J-4]人事が考えるべき「仕事と介護の両立支援」~育児との違いにみる介護のリスクを解説~

講演写真

[J-5]変革の時代における人材マネジメントの目指すべき方向性

講演写真

[J]環境の変化に応じて柔軟にキャリアを変えていく時代 社員がイキイキと働き続けるための「プロティアン・マネジメント」

講演写真

[K-2]変革の時代を勝ち抜く「しなやかな組織」をめざして ~成長し続ける組織をつくるポイントとは~

講演写真

[K-5]これからのマネジャーのあり方と見極め方 ~10個のキーコンピテンシーからの考察~

講演写真

[K]人生100年時代の働き方にどう向き合うべきか?

講演写真

[L-1]5000人以上の管理職の適性検査傾向から見るパワハラ予防の本質とアプローチ事例

講演写真

[L-5]2020卒内定者の特徴から、内定者・新入社員育成をアップデートする

講演写真

[SS-1]「やらされ感」が「やりがい」に変わる ――従業員がイキイキと働くためのジョブ・クラフティング

講演写真

[L]一人ひとりのリーダーシップが組織を変える 主体的に動き、変化に強いチームをつくるには

講演写真

[OA]サイバーエージェント、ソフトバンクの先進事例に学ぶ「新卒採用戦略」

講演写真

[OSB-3]企業にとって新しい価値を創り出す人材とその育成ポイントとは

講演写真

[OB]従業員の「やる気」を引き出し「働きがい」を高める組織とは

講演写真

[OC]世界で戦える「次世代リーダー」を育成する

講演写真

[OD]人手不足時代を乗り切り組織活性化を実現! ミドル・シニアを「戦略的」に活用するため、人事がなすべきこととは

講演写真

[OE]人の心を考慮しなければ「戦略人事」は機能しない

講演写真

[TA-2]IT人材のスキル管理による組織力最適化 ~2025年の崖と次世代型組織編成~

講演写真

[TB]データ活用により人財育成のあり方を変革する 実践にフォーカスした育成へ

講演写真

[TC-1]「気づき」から始まる人材育成と組織変革 ~HRテクノロジーによる成長する会社への仕掛け~

講演写真

[TD]従業員のパフォーマンス最大化に向けたHRテクノロジー活用事例

講演写真

[TE-2]IoTテクノロジーを活用して分析する1on1ミーティングの実態と今後の展望

講演写真

[TF]テクノロジーの進化で「働き方」と「人事」の未来はどう変わるか


このページの先頭へ