企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人材紹介のメリット

中途採用に人材紹介を利用するメリットを整理してみよう。ここでの人材紹介は、基本的に「登録型」の人材紹介サービスをさすものとする。

コスト面のリスクがない

イメージ人材紹介の料金体系は、採用に成功した場合にのみ料金が発生する「完全成功報酬制」が一般的だ。具体的にいうと、何人の候補者を紹介してもらっても、また面接を行っても、さらには内定を出しても、最終的に入社しなければ紹介料を請求されることはない。また、採用後も人材側の自己都合で早期退職した場合には、紹介料の一部が払い戻される場合もある(人材紹介会社によって契約内容は異なる)。

転職サイトや求人情報誌などを利用して一般公募を行う場合、求人広告の掲載料は採用の成否にかかわりなく支払わなくてはならない。最悪の場合、一人も採用できなくても掲載料だけが発生するケースもありうる。それに比べると人材紹介はコスト面でのリスクがまったくないといえる。そのため、複数の人材紹介会社に依頼して広く候補者を集める場合や、通年で募集を行う場合も費用の心配をすることなく、じっくり選考できる。

【こんな採用に最適】
  • 公募では集まらないハイスペックな人材の採用
  • 採用競合が激しい職種の採用
  • 採用レベルを落とせない厳選採用
  • ある程度の数の候補者から選びたい採用
  • 通年採用

採用実務を軽減できる

人材紹介では、求人条件にあう候補者だけを絞り込んで紹介してもらえる。そのため、いわば「予備選考」が終わった段階から採用をスタートさせることができるのも大きな特色だ。公募であれば人事・採用担当が自分で行わなくてはならない業務のうち、人材紹介会社が代行してくれるプロセスとしては以下のようなものがある。

  • 求人票の作成
  • 1次スクリーニング
  • 候補者との連絡業務(面接日時の設定など)
  • 給与などの条件交渉
  • 内定後のフォロー
  • 不採用通知、応募書類返送
【こんな採用に最適】
  • 若干名だけのピンポイント採用
  • 人事のマンパワーがかけられない状況下での採用

非公開での採用が可能

社内外に知られたくない求人も人材紹介を利用すれば可能になる。

【こんな採用に最適】
  • 新規事業、新拠点、新商品などに関係し外部に情報を知られたくない採用
  • 社内が動揺しそうな退職や異動に伴う採用
  • 大量の応募が殺到し応募者管理だけでも労力がかかる採用
  • 公募では不可能な属性を指定しての採用

選考開始までのスピードが速い

公募の場合、募集原稿の制作、メディアへの掲載、それを見た応募者からの連絡待ちと、選考開始までにどうしても一定の時間がかかってしまう。それに対して人材紹介の場合、条件にあう人材さえいれば即日紹介してもらうことも可能だ。最短の場合、数日で内定まで進むことも珍しくない。

【こんな採用に最適】
  • 急いでいる採用

キャリアコンサルタントが介在

イメージ人材紹介会社で転職希望者の相談にあたる職員がキャリアコンサルタントだ(会社によってキャリアアドバイザー、キャリアカウンセラーなど呼び方は異なる)。キャリアコンサルタントは、求職者一人ひとりの経験やスキル、人物などを正しく把握して企業への推薦を行うほか、応募動機の確認や競合状況のリサーチ、面接後の印象確認、入社に向けての意思決定を助けるアドバイスなどを行う。こうした「コンサルティング機能」によって、公募では採用できない人材を採用できるという大きなメリットがある。


1)人物面も加味しての紹介が可能

採用にあたっては、キャリアやスキルだけでなく人物面(人間性や仕事観など)を重視したい場合もある。人材紹介会社では、キャリアコンサルタントが対面で転職相談を行うことで、単純なスペックによるマッチングでは不可能な人物面まで加味した絞り込みが可能だ。

2)自社に関心のなかった人材とも出会える

たとえば、公募の場合、基本的に自社に関心のない人材が応募してくることはない。しかし、キャリアコンサルタントが企業紹介や応募動機形成を行うことで、知名度の低い企業やリスクが高いと思われがちなベンチャー企業なども、転職先として興味を持ってもらうことが可能になる。

3)キャリアチェンジの可能性を提案できる

「開発経験のあるエンジニアを技術営業として採用する」といったケースでは、キャリアチェンジが必要となるため、求職者自身も自分が適任なのかどうかわからない場合がよくある。また、そもそも関心を持たないこともあり、キャリアコンサルタントのアドバイスによって新たな可能性に気づく求職者は多い。

4)採用競合の状況をリサーチできる

採用競合企業が提示している年収・条件をリサーチしたり、自社の優先度、入社してもらうためには何が必要かといった情報を聞き出したりするなど、採用成功に向けたサポートができるのも、キャリアコンサルタントが介在する人材紹介ならではの機能だ。

5)第三者としてのアドバイスが有効

最終的な入社の意思決定の段階で迷う人材は多い。そんな時に、採用企業自身が候補者を説得するよりも、転職市場を熟知した第三者であるキャリアコンサルタントによるアドバイスの方が素直に受け入れてもらえる場合もある。採用企業と人材紹介会社の二人三脚による採用成功へのストーリーを描くことができる。

【こんな採用に最適】
  • 優良企業だが知名度が低いなどの理由で公募で苦戦している採用
  • 候補者がなかなか集まらない採用
  • 同じような人材を多くの同業他社が奪い合っている採用
  • 職種や業界の境界を超えるキャリアチェンジを伴う採用
  • これまでに入社実績がなく条件面の相場がわからない採用

人材紹介のデメリット

メリットと同時にデメリット(注意点)についても理解しておきたい。

1)採用1人あたり料金は安くはない

登録型人材紹介の紹介料は、採用した人材の年収の30%前後が相場とされる。年収1000万円の管理職クラスなら300万円、年収350万円の若手でも105万円かかる計算になる。完全成功報酬制で、採用できなかった場合のリスクが一切ないことを考えれば、決して高いとはいえないが、採用人数が増えるに従って紹介料の負担も大きくなっていくことには留意しておきたい。

2)登録している人の範囲内からしか探せない

転職希望者が利用する情報収集手段としては、今も転職サイトや転職情報誌が主流だ。また、人材紹介会社が大都市に多いことから、地方での利用者はまだ少ないのが現状だ。そのため、より多くの求職者に対して呼びかける手段としては、一般公募の方が力が強い。

3)ホワイトカラー、エンジニアが中心

営業系・事務職系のホワイトカラー、エンジニアなどの技術系全般の求人に利用する企業が多いため、求職者についてもこれらの職種が大部分を占めているのが現状だ。従って、現場系・製造系・サービス系などの職種の人材を採用できるのは、一部の専門型紹介会社に限られてくる。

【こんな採用の時は注意】
  • 予算が少ない採用
  • 大量採用
  • 地方での採用
  • 現場系・製造系・サービス系の採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

よくわかる「人材紹介」講座

人材紹介とは

人材紹介とは

中途採用に欠かせない「人材紹介」だが、現在のように広く利用されるサービスになったのは
比較的最近のこと。その成り立ちと業務内容をおさらいしてみよう。


人材紹介の「ビジネスモデル」

人材紹介の「ビジネスモデル」

「登録型」「サーチ型」それぞれの特徴や料金体系など、人材紹介の基本的なビジネスモデルと仕事スタイルを紹介する。


人材紹介利用の「メリット」

人材紹介利用の「メリット」

求人企業・求職者それぞれの視点から見えてくる、人材紹介サービス利用のメリットとデメリットとは?


人材紹介ビジネスを「取り巻く環境」

人材紹介ビジネスを「取り巻く環境」

当面追い風が見込まれる人材業界だが、人材紹介会社には、個々の特徴を生かしつつ市場に合わせた柔軟な対応が求められている。業界の課題と今後の展望について分析した。


人材紹介会社における「コンサルタント」

人材紹介会社における「コンサルタント」

求職者の頼れるパートナー「コンサルタント」に求められる能力とは?人材紹介プロセスに沿って、コンサルタントの仕事内容をまとめた。


人材紹介における「契約実務」

人材紹介における「契約実務」

人材紹介という無形のサービスを明文化した契約書。トラブル回避のために、どのような点に留意して作成すればよいのか。具体的なポイントを紹介する。


人材紹介会利用に当たり「留意する事項」

人材紹介会利用に当たり「留意する事項」

求人企業と求職者のアンマッチや優秀人材の取り合いなど、人材紹介の過程では様々な問題が発生しがちである。大切な転職・採用を成功させるための留意点とは?


『日本の人事部』が提供する中途採用サービス

自社サイトへの誘導を増やしたい

採用への最短ルート。世界最大の求人情報検索エンジンに求人広告を掲載。

indeed 取り扱いサービス

自社にピッタリな人材紹介会社を紹介してほしい

人材紹介会社に精通したコンシェルジュが、全国の人材紹介会社データベースから貴社の採用課題を解決できる人材紹介会社をご紹介。

採用エージェントナビ

人材紹介会社との契約・取引をひとまとめ

多様な人材エージェントの管理を代行して、貴社の取引コストを大幅削減します。

人材紹介会社おまとめサービス

人事・労務・管理部門の中途採用

豊富な人材データベースから専任キャリアコンサルタントが最適な人材をサーチしてご紹介します。

HR人材紹介

テーマ別Index
研修・人材育成
社員研修を検討する際に押さえておきたい基本とノウハウ。研修の目的別に解説します。
社員研修・人材育成
新人研修・新入社員研修
マネジメント・管理職研修
モチベーション・組織活性化
グローバル人材育成
コーチング研修
コミュニケーション研修
営業・販売研修
eラーニング
採用
人事担当者のための採用ノウハウ。採用の目的別に、基本、準備、注意点まで網羅。
中途採用
人材紹介
アルバイト・パート採用
人材派遣
新卒採用
就職サイト
新卒紹介
新卒採用アウトソーシング
新卒採用コンサルティング
内定者フォロー
ソーシャルリクルーティング
適性検査
人事戦略・人事系IT
企業に不可欠な人事システム、人事制度を解説。この分野のトレンドも把握できます。
人事制度
人事システム
給与計算
給与計算代行
人事労務
テーマに特化した労務関係の取組みを解説。導入の際のヒントが見つかります。
ワーク・ライフ・バランス、働き方改革
福利厚生
社宅・社宅代行
コンプライアンス・企業倫理
メンタルヘルス
その他
それぞれ分野ごとに、基本からサービスを検討する際のポイントを詳しく説明します。
貸会議室・研修施設

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

イクメン企業アワード2019エントリー募集中

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019-春-」を5/9・14・15・16・17・23・24に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会