企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

中途採用でお困りですか?
「日本の人事部」のコンシェルジュが最適な業者をご紹介!
完全無料!24時間受付中!
無料相談・見積もり依頼をする

中途採用の「実務」【3】募集手段の選定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(1)各種募集手段の検討と選定

● 採用ターゲットに適合した効率的な利用を

採用活動プロセスが確立している新卒採用と比べ、中途採用の悩みは「どうすれば応募者を集められるか」にある。そのため、ターゲットとなる人材に巡り合える確率の高い「募集手段」の選択と、上手な活用がポイントになる。募集手段には、大きく「公営(無料)」「民間(有料)」があり、職業安定法などにより、「直接募集」「職業紹介」「文書募集」「その他人材サービス」に分類される。

【さまざまな募集手段(例)】
直接募集・委託募集職業紹介文書募集その他人材サービス
公営(無料) ・合同会社説明会 ・ハローワーク
・学校
・公営人材銀行
民間(有料) ・縁故
・合同会社説明会
・人材紹介(登録型人材紹介、ヘッドハンティング・スカウト) ・新聞
・折り込みチラシ
・専門誌・業界紙
・フリーペーパー
・転職サイト
・自社ホームページ
・ソーシャルメディア
・人材派遣
・アウトプレースメント(再就職支援)
【主な募集手段の特徴と活用のポイント】
縁故 社員や社員の出身校の先輩・後輩、出身校の教授・先生、知人・友人、親戚、取引先のつてなどを使って募集する方法。求職者のプロフィールをつかみやすく、コストもかからないのがメリットである。しかし、同質・同族の人材が集まることで組織の硬直化、競争意識の欠如なども考えられ、他の方法との併用が望ましいと言える。
合同会社説明会 合同会社説明会(転職フェア)は、複数の企業がブースを出して、転職希望者に対して会社説明を行うイベントである。中小企業庁、商工会議所、ハローワークなど公的な機関や、民間のさまざまな転職メディアが主催するものがある。求人側として、最初の段階から人材と直接接触できる点が大きな魅力である。また、転職意向のある人材が来場しているので、その場で一次面接を行うことができるなど、スピーディーな対応が可能である。なお、公的機関が主催する場合、出展参画費用は基本的に無料である。民間の転職メディアが主催するものは有料だが、求職者の動員数は公的機関主催のものを上回ることが多い。
ハローワーク(公共職業安定所) 国が運営する職業紹介事業機関。求人・求職ともに無料であり、あらゆる職種の紹介を行う。大都市圏では区ごとに、他の地域でも市単位など一定のエリアごとに設置される。複数の職種に渡っての求人が1ヵ所で行えるため、多職種募集の際には便利である。ただし、1回一人ずつしか紹介を受けられないので、大量募集、急な募集には不向きである。また、複数の応募者を比較検討することはできない。
公営人材銀行 管理職や専門職・技術職の人材を対象に、ハローワークの内部組織として専門職種の紹介を行う機関で、全国26ヵ所にある。管轄区を持たないため、広い斡旋対象地域となる。東京の場合で言えば、関東一円の人材を対象としている。登録しているのは、一定レベル以上の経験・技術・能力を持つ人材である。ハローワークと比べると、扱う人材の年齢層や技術レベルに違いがあり、若年層の採用は期待できない。
人材紹介 中途採用を希望する企業に、条件に合った人材を紹介するサービス。知識・スキルや経験、本人の意向などをもとに、ある程度の絞り込みを行った上で紹介するので、企業側の採用業務を大幅に削減することができる。人材紹介には、「登録型」と「スカウト(ヘッドハンティング)」がある。登録型は、転職意向のある人材に予め登録しておいてもらい、その中から企業に推薦する候補者を探し出す。公募できない内密の募集も可能で、成功報酬型が一般的である。スカウトは、企業の要求に見合った人材を探し出し、転職への動機づけを図った上で紹介するというもの。マネジメントクラスやハイスペックな技術者などを扱うケースが多い。ただ紹介、採用するまでにある程度の時間がかかる。
新聞 新聞広告の特徴は、発行部数の多さと広範囲に配布される一般性にある。日刊紙という形態の持つ情報の鮮度の高さにより、読者からの反応が速く、広告の即効性が期待できる。また、地方での採用では、地元の有力紙が効果的である。新聞広告は即効性はあるものの、保存性が低く、広告生命が短いという弱点があり、掲載後の応募ピークは2~3日後と言われている。応募締め切りは、掲載日から一週間が妥当と思われる。
折り込みチラシ 折り込みチラシには、新聞社は直接関与していない。広告代理店や印刷会社が新聞専売所に持ち込む形だ。地域の選択が細かくでき、配布する日取りが自由に選べることから、地元での人材募集に効果的である。求人広告の中でも掲載制限が少なく、料金が割安であるため、比較的広いスペースを使って、自社の特色・労働条件をアピールできる。中小企業や各店舗・事業所ごとに利用されることの多いメディアである。ただ他の広告にまぎれたり、新聞と一緒に破棄される可能性も高く、広告効果が長続きしない面もある。
専門誌・業界誌 媒体の特性上、保存・反復利用されることが多く、半年後、1年後に問い合わせが来るなど、広告効果はかなり長い。即時採用の目的には向かないが、長期的なスタンスでターゲットとなる求職者を応募に導く手法として、利用することができる。応募者が採用に結び付く可能性は高いものの、他メディアに比べ発行部数が少ないため、多職種募集や大量採用、新卒採用には不向きである。
転職サイト インターネット上の転職サイトは、紙媒体である就職情報誌から発生したメディアが多い。そのような経緯から、中途採用を成功させる各社独自のノウハウを、紙面構成に反映させている。現在の中途採用手段において、最も一般的なスタイルと言える。何より、他のメディアと比べて掲載する情報量が多く、動画なども載せることができるため、さまざまな側面から求職者に自社の特色や魅力をアピールしやすい。また、求職者も条件検索を簡単に行えることから、目的のはっきりした求職者を集めやすいと言える。ただし、掲載期間終了後は閲覧できない。
自社ホームページ 自社サイト内の求人ページ(採用HP)も、有力な募集メディアである。自社ホームページという掲載費がかからないメディアを有効に活用し、自社の価値観を明確に打ち出せば、極めて質の高い人材の採用が可能だ。事実、採用ホームページ経由の応募者は、入社率が高いというデータもある。また、掲載内容を自由に更新できるのも、他のメディアにない特徴である。ただ、タイムリーに情報を更新していくためには、一定の管理コスト(ページ作成費用、サイト運用管理費用)が発生する。
ソーシャルメディア インターネットのSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)を利用した中途採用。採用する側(企業)が一方的に選考するのではなく、企業と人材が対等な立場でお互いの理解を深め合った結果、採用に至るのが一般的である。また、企業と人材の情報のやり取りが第三者にもオープンにすることもでき、良い企業イメージの訴求効果が期待できる。SNSの利用は基本的に無料なので、初期費用は安くすむ。ただし、不用意な発言がきっかけで、ネガティブな情報がネット上に拡散してしまうリスクがあるので、情報管理には十分な配慮が必要だ。また、必然的に情報の受発信が増えるため、人事・採用担当者の負担は少なくない。

● 募集スケジュールの詳細決定

募集手段が決まったら、中途採用に関わる社内の採用体制を築き、募集スケジュール(ツール準備から採用決定まで)に関する詳細を決定する。

(2)広告表現の考案と決定

● 商品広告との違い

Photo

求人広告(転職サイトや印刷媒体)は「人を求める広告」であり「人を集める広告」である。一般の商品広告と比較すると、「社員の採用を目的とする」という点で、一線を画している。就職・転職という「人生の一大事」について決断を迫るものであり、そこでは企業と人のお互いが選び合う関係となる。商品広告と比較すると、以下のような違いがある。

【求人広告と商品広告の違い】
求人広告商品広告
目的 ・人材の採用(会社説明会、訪問への動員)
・就職先としての企業のイメージアップ など
・商品の販売促進(商品特性の認知)
・ブランドのイメージアップ
・企業の認知度アップ など
特徴 ・データや事実の表記が多い
・人が登場する広告が多い
・イメージ広告が多い
対象者 ・比較的狭い(新卒の場合は卒業予定者、中途の場合は転職希望者に限定)
・受け手のアクションは慎重
・広い(不特定多数。ただし商品の特性により、かなり狭い層をターゲットとしている場合もある)
・受け手のアクションは速い
広告期間 ・概ね短い(期間が限定される) ・短期から長期まで多種多様
宣伝材料 ・仕事に関連した企業情報(仕事内容、待遇、人材育成方針 など) ・商品の特性(性能・デザイン・品質)
・企業活動や経営方針 など
メディア ・比較的少ない(就職・転職を前提としたものが中心となる) ・幅広い(テレビ、ラジオ、新聞などのマスメディアをはじめ、あらゆるメディアが対象となる)

● 中途採用における広告表現

中途採用と新卒採用では、広告における表現手法も異なる。傾向として、新卒採用は“総論的”であり、事業内容、将来の展望など、企業の情報に焦点が当たる。一方、中途採用は“各論的”で、仕事(職種の説明、仕事の流れ、面白さ・やりがいなど)に焦点が置かれる。広告表現を考えるために必要な要素は以下の三点であり、これらの要素をいかに組み合わせるかが求人広告作成では重要だ。

【広告を考えるために必要な要素】
企業側の要素 ・業種(事業内容)
・企業規模(国内外展開)、知名度
・現状と将来性
・待遇、組織風土 など
応募者の要素 ・知識、能力、スキル
・適性
・学歴、経験 など
両者を結び付ける際の外的要素 ・広告期間
・広告媒体
・求人倍率、市況 など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よくわかる「中途採用」講座

中途採用の「意義」

中途採用の「意義」

多様化する採用市場における中途採用の最新事情とそのメリットとは?


中途採用の「現状」

中途採用の「現状」

人材不足が叫ばれる中、中途採用の応募は「集めにくかった」が「集めやすかった」を大きく上回るーー。最近の中途採用の実績と見通しについて、実態調査をもとに分析する。


中途採用の「実務」【1】全体の流れ

中途採用の「実務」【1】全体の流れ

採用目標の設定から入社後の対応まで、中途採用における採用活動のプロセスをまとめた。各プロセスで実施・確認すべき内容とは?


中途採用の「実務」【2】採用目標の設定

中途採用の「実務」【2】採用目標の設定

中途採用を実施するには、まず「採用目標」を決める必要がある。募集の背景と目的を整理し、求める人材像を明確化することが重要だ。選考基準と判断の方法などを、具体例を踏まえて解説する。


中途採用の「実務」【3】募集手段の選定

中途採用の「実務」【3】募集手段の選定

採用ターゲットに適合した効率的な募集手段とは?主な募集手段の特徴と活用について、最新の情報をもとに解説。効果的な人材募集広告表現のポイントも紹介する。


中途採用の「実務」【4】事前準備

中途採用の「実務」【4】事前準備

中途採用を行うにあたり必要な事前準備(ツール準備、担当者設置・社内広報、応募対応・連絡)を、項目別に詳しく解説する。


中途採用の「実務」【5】選考

中途採用の「実務」【5】選考

書類選考・筆記試験実施のポイントから、面接実施の際の留意点までを時系列に沿って詳しく解説する。


中途採用の「実務」【6】内定後の対応

中途採用の「実務」【6】内定後の対応

優秀人材は逃がさない!内定は出しても油断は禁物。スムーズな入社につなげるために必要な内定後対応とは?


中途採用の「実務」【7】入社時の教育研修

中途採用の「実務」【7】入社時の教育研修

即戦力となることを期待される中途採用者の導入教育とはどうあるべきか。職場にうまく溶け込むための入社時研修から、入社後のフォロー策までをまとめた。


中途採用の「実務」【8】賃金・処遇の決定方法

中途採用の「実務」【8】賃金・処遇の決定方法

中途採用の賃金・処遇の決定方法や、賞与・退職金・有給休暇付与にあたっての実務などをわかりやすく紹介。


『日本の人事部』が提供する中途採用サービス

自社サイトへの誘導を増やしたい

採用への最短ルート。世界最大の求人情報検索エンジンに求人広告を掲載。

indeed 取り扱いサービス

自社にピッタリな人材紹介会社を紹介してほしい

人材紹介会社に精通したコンシェルジュが、全国の人材紹介会社データベースから貴社の採用課題を解決できる人材紹介会社をご紹介。

採用エージェントナビ

人材紹介会社との契約・取引をひとまとめ

多様な人材エージェントの管理を代行して、貴社の取引コストを大幅削減します。

人材紹介会社おまとめサービス

人事・労務・管理部門の中途採用

豊富な人材データベースから専任キャリアコンサルタントが最適な人材をサーチしてご紹介します。

HR人材紹介

テーマ別Index
研修・人材育成
社員研修を検討する際に押さえておきたい基本とノウハウ。研修の目的別に解説します。
社員研修・人材育成
新人研修・新入社員研修
マネジメント・管理職研修
モチベーション・組織活性化
グローバル人材育成
コーチング研修
コミュニケーション研修
営業・販売研修
eラーニング
採用
人事担当者のための採用ノウハウ。採用の目的別に、基本、準備、注意点まで網羅。
中途採用
人材紹介
アルバイト・パート採用
人材派遣
新卒採用
就職サイト
新卒紹介
新卒採用アウトソーシング
新卒採用コンサルティング
内定者フォロー
ソーシャルリクルーティング
適性検査
人事戦略・人事系IT
企業に不可欠な人事システム、人事制度を解説。この分野のトレンドも把握できます。
人事制度
人事システム
給与計算
給与計算代行
人事労務
テーマに特化した労務関係の取組みを解説。導入の際のヒントが見つかります。
ワーク・ライフ・バランス、働き方改革
福利厚生
社宅・社宅代行
コンプライアンス・企業倫理
メンタルヘルス
その他
それぞれ分野ごとに、基本からサービスを検討する際のポイントを詳しく説明します。
貸会議室・研修施設

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


若手社員の定着率をアップさせるためには

若手社員の定着率をアップさせるためには

求人難が叫ばれる中で、若手社員の早期離職傾向がなかなか止まらない。少子...


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2017-秋-」を11/14(火)~22(水)に開催します。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

早稲田大学戦略研究センター教授の枝川義邦氏を講師に迎え、第11回会合を8/30(水)に開催。