企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

3. アルバイト・パートの募集方法

アルバイト・パートの募集方法

効率よく、迅速な募集がポイント

アルバイト・パートは、正社員と比べると勤続期間が短く、随時、欠員を募集することになる。また、繁忙期にアルバイト・パートを大量に採用することもあり、正社員のように吟味して採用するというより、効率よく、迅速な募集が求められる。

本章ではアルバイト・パート採用における代表的な募集方法とその特色を整理してみたい。

求人広告

イメージ画像

求人広告は、正社員中心とアルバイト・パート中心の媒体にわかれていることが多い。アルバイト・パートに強い媒体ほど、効果的な出稿ついて過去のデータをもとに豊富なノウハウを持っている。営業担当者を介して、採用に関するさまざまなアドバイスを受けられるのも大きなメリットだ。

1)折込求人広告

新聞にチラシとして折り込まれる集合型求人広告は、アルバイト・パート採用に強い媒体だ。出稿地域をかなり細かく指定でき、主婦層をターゲットとした「パート募集」には特に効果的である。また、大手媒体には全国をカバーするものもあり、複数の拠点でアルバイト・パート募集する場合にも便利だ。出稿エリアやサイズによって、掲載料は大きく変わる。

2)フリーペーパー

かつてアルバイト専門求人誌は有料で販売されるケースが多かったが、今は多くの求人誌が無料で配布するフリーペーパーの形をとっている。全国をカバーする大手媒体から、ローカルに強い地域特化型媒体まで各種あるが、いずれも複数の「エリア版」を発行して、募集したい地域で集中的な告知ができる。利用者は学生、フリーターを中心に主婦層、高齢者まで幅広い。また、PCやモバイルの求人サイトとの連動掲載できる媒体も多い。

3)求人サイト

学生やフリーター層は、PCや携帯電話、スマートフォンを通じて、インターネットを日常的に利用している。そのため求人サイトとアルバイト・パート募集の相性は非常によい。求人サイトの利点はタイムリー性と応募管理のしやすさだ。応募者からリアルタイムで送られるエントリーシートはすべてWEBで管理でき、自動返信機能も備えている。インターネットの特性から全国など広範囲での募集にも便利だ。料金システムは広告掲載料が一般的だが、採用成功時のみ費用が発生する成功報酬制も増えている。

学校への求人依頼(大学・専門学校・短大)

ほとんどの大学や専門学校では、学生にアルバイトを紹介する窓口や求人を貼り出せる掲示板、冊子などを用意しており、無料で求人の掲載ができる。学校によっては生協などが代行している場合もある。

また、大学の部活やサークルなどで、先輩から後輩へと引き継がれていくような関係性を築くことができれば、継続的にアルバイトを確保できるだろう。

【特徴】

  • 学生アルバイトを雇用したい時に最適
  • 原則的に無料
  • 学生側にも企業側にも一定の安心感がある
  • 友人関係など複数名での応募も多い
  • 夏冬春休暇中、テスト期間中は反応が比較的鈍い

ハローワーク

アルバイト・パート募集にも利用できる。全国各地にあり費用がかからないのも強みだ。ハローワーク独自の求人サイトもあり、一般公開されているため、失業者だけでなく、広く応募者を集めることができる。長期勤務を前提とするパート採用、フリーター採用などに適している。

貼り紙

店舗など多くの人が集まる事業所でアルバイト・パートを募集する場合には、比較的手軽にできて、費用もかからない方法だ。そのため、他の募集手段と併用される場合も多い。

【特徴】

  • 応募者が職場のイメージをわかった上で応募できる
  • 人通りが少ない場所では効果が期待できない
  • 常に貼っておくと効果が低下する場合がある
  • 急募や大量採用には向かない

自社の事業所ではなく、最寄駅などに募集ポスターを掲示するといった方法もある。費用や掲出期間については、それぞれ鉄道会社などによって異なる。

従業員からの紹介

既存の従業員(アルバイト・パート含む)に知り合いを紹介してもらう方法である。学生が友人を紹介するケースも多く、アルバイト採用では高い効果が期待できる。

【特徴】

  • 応募者が職場のイメージをわかった上で応募できる
  • 人通りが少ない場所では効果が期待できない
  • 常に貼っておくと効果が低下する場合がある
  • 急募や大量採用には向かない

自社サイト・SNS

基本的には費用がかからない募集方法だ。そのため他の採用手段と併用される場合が多い。サイトのページビューやSNSのフォロワー数によって、応募効果が左右されるので、日常的な広報活動で成果をあげている企業や人気企業に適している。

【特徴】

  • 写真や文章を組み合わせて職場の雰囲気や仕事内容を自由にアピールできる
  • 自社に興味や関心のあった人材が応募してくることが多い
  • 企業の知名度などで効果が大きく影響される

人材紹介

イメージ画像

人材紹介会社の中にはアルバイト・パートに力を入れている企業もある。広告出稿や応募管理の負担がなく、事前に人材がスクリーニングされているため、採用活動の手間を大幅に削減できる。料金システムはほとんどの場合、成功報酬制で費用面でのリスクがないのもメリットだ。

ホテルや結婚式場のウェイター、ウェイトレスを紹介する「配ぜん人(サービスクリエイター)紹介所」、デパートや専門店などの販売員を紹介する「マネキン紹介所」など、職種に特化した人材紹介会社もある。

【特徴】

  • 成功報酬制なので費用リスクがない
  • 経験者や研修を受けた人材を紹介してもらえる
  • 人材の登録があれば面接・採用までにかかる日数が短い
  • 一般的には採用単価が高い

アルバイト・パート採用代行/コンサルティング

アルバイト・パートの採用実務全般を代行するサービスとして「アルバイト・パート採用代行/コンサルティング」がある。単に実務を代行するだけでなく、効率的な採用ノウハウなどを組み合わせて、付加価値の高いサービスを提供してくれる。

アルバイト・パート採用代行/コンサルティング会社にも、それぞれ得意な業種・職種などがあるので事前に考慮したい。管理の煩雑さをなくすためにはできるだけ窓口を一本化するのが望ましい。

アルバイト採用支援サービスの活用が効果的なのは以下のようなケースだろう。

【特徴】

  • 新店舗準備などでアルバイト・パート採用のマンパワーがない
  • 全国での同時募集のため、大量の広告出稿や応募者管理業務が発生する
  • 広告効果などを正確に測定し今後の採用計画に活かしたい
  • 採用後の定着・教育や人員計画などの課題が多い
  • アルバイト・パート採用の効率化を図りたい

アルバイト・パート採用を支援する各種サービスについては、第5章でもより詳しく解説する。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

よくわかる「アルバイト・パート採用」講座

アルバイト・パートの「現状」

アルバイト・パートの「現状」

全雇用者の4人に1人を占めるアルバイト・パート労働者。
そもそもアルバイトとパートの違いとは?知っているようで知らない
アルバイト・パートの基本情報をチェック!


アルバイト・パート採用の「法的留意点」

アルバイト・パート採用の「法的留意点」

法律上の労使関係でいえば、アルバイト・パートと正社員は全く変わらない。トラブルを事前に防ぐ適正・かつきめ細やかな人事労務管理のポイントとは?


アルバイト・パート採用の「実務」【1】募集・採用

アルバイト・パート採用の「実務」【1】募集・採用

採用難が進む中での人材確保のためのポイントを、採用計画策定から求人広告における表現方法まで実務の流れに沿って詳しく紹介する。


アルバイト・パート採用の「実務」【2】採用基準

アルバイト・パート採用の「実務」【2】採用基準

採用成功のカギは「採用基準」の明確化にあり!自社の求める人材像を徹底的に分析することのメリットとは?


アルバイト・パート採用の「実務」【3】面接

アルバイト・パート採用の「実務」【3】面接

採用に成功する面接はどこが違うのか?アンマッチを防ぎ、応募者に「働いてみたい」と思ってもらえる面接のポイントを解説。


アルバイト・パート採用の「実務」【4】評価と時給

アルバイト・パート採用の「実務」【4】評価と時給

やりがいを持って長く働いてもらうために、適正な評価と報酬への反映は欠かせない。従業員が納得する評価・フィードバックの具体的な方法とは?


アルバイト・パート採用の「実務」【5】今後の課題

アルバイト・パート採用の「実務」【5】今後の課題

正社員転換への仕組みづくりや多様化する人材の活用など、アルバイト・パート採用の今後の展望を整理する。


テーマ別Index
研修・人材育成
社員研修を検討する際に押さえておきたい基本とノウハウ。研修の目的別に解説します。
社員研修・人材育成
新人研修・新入社員研修
マネジメント・管理職研修
モチベーション・組織活性化
グローバル人材育成
コーチング研修
コミュニケーション研修
営業・販売研修
eラーニング
採用
人事担当者のための採用ノウハウ。採用の目的別に、基本、準備、注意点まで網羅。
中途採用
人材紹介
アルバイト・パート採用
人材派遣
新卒採用
就職サイト
新卒紹介
新卒採用アウトソーシング
新卒採用コンサルティング
内定者フォロー
ソーシャルリクルーティング
適性検査
人事戦略・人事系IT
企業に不可欠な人事システム、人事制度を解説。この分野のトレンドも把握できます。
人事制度
人事システム
給与計算
給与計算代行
人事労務
テーマに特化した労務関係の取組みを解説。導入の際のヒントが見つかります。
ワーク・ライフ・バランス、働き方改革
福利厚生
社宅・社宅代行
コンプライアンス・企業倫理
メンタルヘルス
その他
それぞれ分野ごとに、基本からサービスを検討する際のポイントを詳しく説明します。
貸会議室・研修施設

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

さんぽセンターWebひろば 詳しくはこちら クレオ/ジームクラウドHR 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人財マネジメントは「マス」から「個人」へ<br />
非対面で働くデジタル社会において重要性を増す“データ活用”
new

人財マネジメントは「マス」から「個人」へ
非対面で働くデジタル社会において重要性を増す“データ活用”

従業員エンゲージメント、タレントマネジメント、ジョブ型人事へのシフトな...


テレワークなど「働き方の多様化」が進む時代<br />
柔軟で効率的な勤怠管理を実現するポイントとは
new

テレワークなど「働き方の多様化」が進む時代
柔軟で効率的な勤怠管理を実現するポイントとは

社員一人ひとりが違う場所、違う時間帯に働くことがニューノーマルとなりつ...


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会