企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

アルバイト・パート採用の「実務」【1】募集・採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少子高齢化が進み、アルバイト・パートの採用が一段と厳しくなることが予想される。このような採用環境下では、まず一定の「採用母集団」を確立することが重要だ。数を確保しなければ、その後の募集・採用活動が成り立たなくなるからだ。つまり、募集・採用におけるポイントは、より多くの応募者を確保できるかどうかにかかっている。それと同時に、いかに採用の現場できめ細かな対応が取れるかどうかも、重要なカギを握っている。

(1)募集・採用に当たって心掛けるポイント

●採用計画を立て、きめ細かな対応を行う

Photo

アルバイト・パートの「募集・採用」の流れ(プロセス)は、「1.採用計画・スケジュールの立案」→「2.募集内容(時給・勤務時間・職種・年齢等)の決定」→「3.募集の実施(メディアミックスで使い分ける)」→「4.問い合わせ・対応」→「5.面接の実施(採用当否の決定)」→「6.採用手続き(初出勤日連絡・オリエンテーション・トレーニングなど)、保留(リスト化)・不採用通知」のようになる。採用母集団を確保し、必要な人員を採用するためにも、以下のような点に留意し、募集・採用活動を続けていくことが大切である。


【採用母集団・必要な人員を確保するためのポイント】
年間募集計画を作成する いつどの段階で、どの程度の人数が必要となるのかを予測し、年間の採用計画を策定する。その際に大切なのは、採用の権限を現場の長(店長)に与え、アルバイト・パートの採用現場の責任体制を明確にすることである。
募集内容を制限しない 年齢、勤務時間、職種など、募集告知の段階であまり制限を加えると、必要な数の確保が難しくなる。また、「時給の相場」を維持することも大切であるが、これに関してもなるべく現場に初任時給決定の権限を与え、フレキシブルに対応するのが望ましい。
募集方法を使い分ける 学生アルバイトなどを採用するには、スマホなどWebメディアが効果的である。しかし、地域の主婦などを募集する場合には、フリーペーパーやチラシなど、地域密着型の紙媒体が有効だ。また、「店頭のポスター」は募集の範囲は狭くなるが、実際に自店の雰囲気やサービスを見た上での応募となるので、志望度合いが高くなる。このように各メディアの特性を活かし、メディアミックスで募集方法を使い分けることがポイントである。
問い合わせにキチンと答える 電話(メール)などでの応募者の対応には、誰が出ても正しく対応ができるようにしておく必要がある。「責任者(店長)がいないので分かりません」は禁句である。こうした言動は店舗等に対する不快なイメージを持たれ、採用だけでなく、営業面にも大きく影響する。
好感の持たれる面接を実施する 面接は終了したら、「すぐにでも働きたい」と思われるよう、好感を持たれる対応を心掛ける。第一印象は、人に大きなインパクトを与えることを、面接担当者は忘れてはならない。
手続きを簡素化する あまり多くの書類を提出させることのないよう、なるべく簡素化を心掛ける。できれば、「雇用契約書」1枚で済むのが望ましい。また、採否の連絡は本人だけでなく、家族や友人からも好感を持たれるよう配慮する。

(2)募集・採用のメディア・手段

●メディアや手段の持つ特徴を活かして、使い分ける

勤務期間が短いアルバイト・パートでは、随時、欠員を募集することになる。また、繁忙期や新規出店などの場合には大量採用することもあるので、効率よく迅速な募集活動が求められる。そのためにも、募集・採用に際しては、さまざまなメディアや手段の持つ特徴を活かして、うまく使い分けることがポイントである。

【募集・採用におけるメディア・手段の特徴】
求人サイト 学生やフリーターは、スマホなどを通してインターネットを日常的に利用している。そのため、求人サイトによるアルバイト・パート募集はタイムリー性と応募管理の面で、非常に効率がよい。応募者からリアルタイムで送られるエントリーシートはWeb上で管理できる上、自動返信機能も備わっているため、迅速な対応が可能だ。
フリーペーパー 現在、アルバイト専門求人誌の多くは、無料で配布されるフリーペーパーの形を取っている。全国をカバーする大手媒体から、ローカルに強く地域に特化した媒体まで、各種存在している。利用者は学生・フリーターを中心に、主婦・高齢者まで非常に幅広い。
折り込みチラシ 新聞にチラシとして折り込まれる集合型求人広告のこと。出稿地域を細かく指定できるため、特に主婦層をターゲットとしたパート募集には効果的である。
学校への求人依頼 大学や短大、専門学校では、学生にアルバイトを紹介する窓口や求人を貼り出す掲示板・冊子などを用意しており、無料の求人募集ができる。また、部活動やサークルなどで先輩から後輩へと引き継がれていく関係性を築くことによって、継続的にアルバイトを確保することも可能だ。
貼り紙 多くの人が集まる店舗や事業所で、貼り紙(募集広告)を出す。手軽にできて、費用もあまりかからない。何より、応募者が職場のイメージを分かった上で応募できるのが利点だ。
従業員からの紹介 既存の従業員から、知り合いを紹介してもらう方法。学生が友人を紹介するケースも多く、アルバイト採用では高い効果が期待できる。また、応募者は事前に職場の様子を聞いているので、稼働した後のギャップが少ない。
ハローワーク 全国各地にある上に、費用がかからない。長期勤務を前提とするパート採用やフリーター採用に適している。
人材紹介 人材紹介会社を利用する方法。広告出稿や応募管理の負担がなく、事前に人材がスクリーニングされているため、採用活動の手間を大幅に削減できる。成功報酬型なので費用リスクはないものの、一般的に採用単価は高い。
採用代行 アルバイト・パートの採用代行会社を利用する方法。実務の代行だけでなく、効率的な採用ノウハウなどを組み合わせ、付加価値の高いサービスを提供してくれる。
自社サイト・SNS 自社サイトやSNSで募集を行う方法。サイトのページビューやSNSのフォロワー数の高い企業などで、適した方法といえる。

(3)求人広告における工夫

●「何を求めているか一目で分かる」「応募を喚起する」表現を

パート・アルバイト募集では、求人広告の表現が非常に大切である。「何を求めているか一目で分かる」と同時に、「応募を喚起する」表現の工夫が求められる。その上で、「相手が不安に思わない」記述が重要となる。そのためにも、誤解を招かないための配慮、嘘につながらない記述は必要不可欠である。以下に、求人広告を作成する上でのポイントを紹介する。

【求人広告でのポイント】
時給設定・表現に工夫を凝らす 基本は、「相場の最低時給を確保」すること。その際、「曜日・時間帯別」や「職種・仕事内容別」など、表にして分かりやすく伝えるのが効果的である。また、オープン時などは相場より数十円~100円程度高い時給で募集すると応募者も増え、その後の自社が求める良いアルバイト・パートの選別も可能となる。
勤務時間を柔軟にする 応募者の都合に合わせた勤務が可能である、という表現をなるべく心掛ける。そのため、各曜日や時間帯別に売上高や来客数を予測し(調査・分析し)、必要人員のワークスケジュールを作成、不足する時間帯と人員数を的確に把握する必要がある。
仕事内容(職種)をイメージ良くする なるべくイメージの良い言葉で、仕事内容(職種)を表現することである。例えば、「洗い場」→「キッチンヘルパー」、「店員」→「サービススタッフ」「○○アドバイザー」といった言葉を用いることによって、仕事が楽しく感じられ、好感を持ってもらうことができる。
働く仲間が分かるようにする 応募者が最も気にするポイントは、職場での人間関係であることが多い。そこで、仲間や職場の雰囲気を写真などを使って、分かりやすく表現することが大切だ。
トレー二ング完備を謳う 採用する側では簡単な仕事だと思っていても、初めての場合、応募者は大きな不安や心配、危惧を持つものである。そのためにも、仕事を親切・丁寧に教えるということや、教育トレーニングのシステムが完備していることが求人広告に記載されていれば、応募者の不安は解決する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よくわかる「アルバイト・パート採用」講座

アルバイト・パートの「現状」

アルバイト・パートの「現状」

全雇用者の4人に1人を占めるアルバイト・パート労働者。
そもそもアルバイトとパートの違いとは?知っているようで知らない
アルバイト・パートの基本情報をチェック!


アルバイト・パート採用の「法的留意点」

アルバイト・パート採用の「法的留意点」

法律上の労使関係でいえば、アルバイト・パートと正社員は全く変わらない。トラブルを事前に防ぐ適正・かつきめ細やかな人事労務管理のポイントとは?


アルバイト・パート採用の「実務」【1】募集・採用

アルバイト・パート採用の「実務」【1】募集・採用

採用難が進む中での人材確保のためのポイントを、採用計画策定から求人広告における表現方法まで実務の流れに沿って詳しく紹介する。


アルバイト・パート採用の「実務」【2】採用基準

アルバイト・パート採用の「実務」【2】採用基準

採用成功のカギは「採用基準」の明確化にあり!自社の求める人材像を徹底的に分析することのメリットとは?


アルバイト・パート採用の「実務」【3】面接

アルバイト・パート採用の「実務」【3】面接

採用に成功する面接はどこが違うのか?アンマッチを防ぎ、応募者に「働いてみたい」と思ってもらえる面接のポイントを解説。


アルバイト・パート採用の「実務」【4】評価と時給

アルバイト・パート採用の「実務」【4】評価と時給

やりがいを持って長く働いてもらうために、適正な評価と報酬への反映は欠かせない。従業員が納得する評価・フィードバックの具体的な方法とは?


アルバイト・パート採用の「実務」【5】今後の課題

アルバイト・パート採用の「実務」【5】今後の課題

正社員転換への仕組みづくりや多様化する人材の活用など、アルバイト・パート採用の今後の展望を整理する。


テーマ別Index
研修・人材育成
社員研修を検討する際に押さえておきたい基本とノウハウ。研修の目的別に解説します。
社員研修・人材育成
新人研修・新入社員研修
マネジメント・管理職研修
モチベーション・組織活性化
グローバル人材育成
コーチング研修
コミュニケーション研修
営業・販売研修
eラーニング
採用
人事担当者のための採用ノウハウ。採用の目的別に、基本、準備、注意点まで網羅。
中途採用
人材紹介
アルバイト・パート採用
人材派遣
新卒採用
就職サイト
新卒紹介
新卒採用アウトソーシング
新卒採用コンサルティング
内定者フォロー
ソーシャルリクルーティング
適性検査
人事戦略・人事系IT
企業に不可欠な人事システム、人事制度を解説。この分野のトレンドも把握できます。
人事制度
人事システム
給与計算
給与計算代行
人事労務
テーマに特化した労務関係の取組みを解説。導入の際のヒントが見つかります。
ワーク・ライフ・バランス、働き方改革
福利厚生
社宅・社宅代行
コンプライアンス・企業倫理
メンタルヘルス
その他
それぞれ分野ごとに、基本からサービスを検討する際のポイントを詳しく説明します。
貸会議室・研修施設

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

社宅でもUR賃貸住宅

記事アクセスランキング

<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...


~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~<br />
新人がイキイキと働くために、人事ができること

~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~
新人がイキイキと働くために、人事ができること

「3年3割」と言われる若年層の早期離職問題。手間もお金もかけて採用した...


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2017-秋-」を11/14(火)~22(水)に開催します。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

早稲田大学戦略研究センター教授の枝川義邦氏を講師に迎え、第11回会合を8/30(水)に開催。