企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

アルバイト・パート採用の「実務」【3】面接

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルバイト・パートの場合、とにかく人数を揃えることに神経が行ってしまい、形式的な面接しか行わない、あるいは労働条件を一方的に伝え、応募者がそれを了承すればそれで即採用というケースをよく見かける。しかし、面接をおろそかにすると、結果的にアルバイト・パートの質が低下し、仕事のミスや不良品を増加させたり、職場の人間関係にも悪い影響を与えることになる。質の良いアルバイト・パートを採用するためにも、面接を適切に行うことが大切である。

(1)面接チェックリストの作成

●誰であっても、一定水準の面接が行えるようにする

Photo

アルバイト・パートとして採用する人の採用基準を明確にすることの重要性は先に述べた。もちろん、職種や担当する仕事内容によって要件は異なるが、大切なのは「面接チェックリスト」として、面接で使える形にしておくことである。以下に、その例を示したが、これら採用基準と確認事項に関して、面接者が誰であっても一定水準の面接が行えるよう、評価する基準を事前に決め、共有化しておくこと。面接者の好き嫌いで決めてしまうと、アルバイト・パートの質の面でのバラつきが出てしまい、安定的な人数を確保することが難しくなる。


【面接チェックリスト(例)】
面接評価事項(着眼点)良い普通悪い
【評価基準】
1.服装・身だしなみ(清潔で端正だったか、キチンとしていたか) A B C
2.態度(礼儀を心得ているか、落ち着きがあるか) A B C
3.話し方(言葉遣いは丁寧か、自分の意見を分かりやすく言えたか) A B C
4.協調性(態度や話し方が独善的でなかったか、他の人と仲良くやっていけそうか) A B C
5.誠実さ(真面目さが感じられたか、人の説明を真剣に聞いていたか) A B C
6.理解力(質問の意味を正しく理解できていたか) A B C
7.表現力(自分の言いたいことをはっきりと言えたか) A B C
8.高感度・雰囲気(第一印象は良かったか、人柄に好感は持てたか) A B C
9.健康状況(健康状態はどうか、健康に気を使っているか) A B C
10.その他 A B C
【確認事項】 【確認の有無】
1.働く目的
2.応募動機
3.アルバイト経験
4.通勤時間
5.勤務時間
6.曜日
7.休日・休暇
8.時給
9.生活状況
10.学校の状況など
【総合コメント】
 
【判定】
A:ぜひ採用したい B:まあ採用したい C:どちらとも言えない D:採用したくない

(2)面接のポイント

●応募者が「働いてみたい」と感じさせる面接を工夫する

アルバイト・パートを採用する企業は、「選ばれる側」である。問題となるのは、応募者が企業や店舗を選ぶ基準が「感じが良い」「近いから」といった類のものが多いため、正社員とは異なっていることだ。面接にあたる者は、そうした点を意識して応募者に対応しなくてはならない。とにかく、相手の立場に立って話を聞き、彼ら・彼女たちが「やれそうだ」という気持ちを持ってもらうことがポイントである。

そのためには、「リラックスさせる(話題を身近なテーマから話してもらう)」「雇ってやるといった態度を見せない」「話をよく聞く(態度や言葉遣いが良くなくても、ある程度は黙認する)」「時間をかける(期待感を与え、好感を印象付ける)」「PRする(職場の仕事の面白さ、店舗の方針などを伝える)」「別室で集中的に行う(立ったまま通路などでは行わない)」といったことが必要である。また、初めて面接を担当する者に対しては、経験者が面接のロールプレイングを実施することを忘れてはならない。いずれにしても、応募者が「働いてみたい」と感じさせる面接を、自社(店舗)なりに工夫をしてみることが大切だ。

(3)面接の手順

●「面接チェックリスト」に基づいて説明し、確認を行う

面接の手順としては、「面接者の自己紹介」→「面接する内容と面接所要時間を話す」→「学校や親の承諾の確認(高校生の場合)」→「会社概要・店舗などの説明」→「働ける曜日・時間帯を聞く」などについて、「面接チェックリスト」に基づいて行うことからスタートする。その後、「時給(昇給)、支払方法の説明」→「休日・休暇、休憩の説明」→「職場の雰囲気(同僚)の説明」→「採用と決まった場合、用意するものの説明」→「採用通知を何日後、どのような方法(電話、メール)で行うかを説明する」などが続く。

そして、近隣に住んでいる応募者はお客さまでもある。面接の結果「不採用」となった場合でも、悪い印象を持たれることのないよう、丁寧な対応を心掛けることは言うまでもない。

(4)面接時の質問の注意点

●面接で聞いてはいけないこと

面接では、就職差別につながる質問をしてはならない。日本国憲法は、全て国民は個人として尊重され、法の下に平等で、人種、信条、性別、社会的身分または門地により差別されないと定めている。また、職業選択の自由を保障している。さらに、労働基準法で労働条件に関する差別的取り扱いを禁止している。具体的な「してはいけない質問」を、以下に例示しておく。

【してはいけない質問(例)】
本籍などに関する質問
  • あなたの本籍地(出身地)はどこですか。
  • 生まれてからずっと、現住所に住んでいるのですか。
  • あなたの住所の略図を書いてください。
家族の状況・家庭環境に関する質問
  • あなたのお父さんの職業は何ですか。勤務先、役職を教えてください。
  • あなたの兄弟姉妹は何をしていますか。
  • ご実家の家業は何ですか。
  • お父さん(お母さん)の死因は何ですか。
  • あなたの家は持ち家ですか、借家ですか。
思想、信教などに関する質問
  • あなたには、支持する政党がありますか。
  • 労働組合運動をどう思いますか。
  • あなたの家の宗教は何ですか。
  • あなたの愛読書(誌)は何ですか。
  • あなたの尊敬する人物は誰ですか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よくわかる「アルバイト・パート採用」講座

アルバイト・パートの「現状」

アルバイト・パートの「現状」

全雇用者の4人に1人を占めるアルバイト・パート労働者。
そもそもアルバイトとパートの違いとは?知っているようで知らない
アルバイト・パートの基本情報をチェック!


アルバイト・パート採用の「法的留意点」

アルバイト・パート採用の「法的留意点」

法律上の労使関係でいえば、アルバイト・パートと正社員は全く変わらない。トラブルを事前に防ぐ適正・かつきめ細やかな人事労務管理のポイントとは?


アルバイト・パート採用の「実務」【1】募集・採用

アルバイト・パート採用の「実務」【1】募集・採用

採用難が進む中での人材確保のためのポイントを、採用計画策定から求人広告における表現方法まで実務の流れに沿って詳しく紹介する。


アルバイト・パート採用の「実務」【2】採用基準

アルバイト・パート採用の「実務」【2】採用基準

採用成功のカギは「採用基準」の明確化にあり!自社の求める人材像を徹底的に分析することのメリットとは?


アルバイト・パート採用の「実務」【3】面接

アルバイト・パート採用の「実務」【3】面接

採用に成功する面接はどこが違うのか?アンマッチを防ぎ、応募者に「働いてみたい」と思ってもらえる面接のポイントを解説。


アルバイト・パート採用の「実務」【4】評価と時給

アルバイト・パート採用の「実務」【4】評価と時給

やりがいを持って長く働いてもらうために、適正な評価と報酬への反映は欠かせない。従業員が納得する評価・フィードバックの具体的な方法とは?


アルバイト・パート採用の「実務」【5】今後の課題

アルバイト・パート採用の「実務」【5】今後の課題

正社員転換への仕組みづくりや多様化する人材の活用など、アルバイト・パート採用の今後の展望を整理する。


テーマ別Index
研修・人材育成
社員研修を検討する際に押さえておきたい基本とノウハウ。研修の目的別に解説します。
社員研修・人材育成
新人研修・新入社員研修
マネジメント・管理職研修
モチベーション・組織活性化
グローバル人材育成
コーチング研修
コミュニケーション研修
営業・販売研修
eラーニング
採用
人事担当者のための採用ノウハウ。採用の目的別に、基本、準備、注意点まで網羅。
中途採用
人材紹介
アルバイト・パート採用
人材派遣
新卒採用
就職サイト
新卒紹介
新卒採用アウトソーシング
新卒採用コンサルティング
内定者フォロー
ソーシャルリクルーティング
適性検査
人事戦略・人事系IT
企業に不可欠な人事システム、人事制度を解説。この分野のトレンドも把握できます。
人事制度
人事システム
給与計算
給与計算代行
人事労務
テーマに特化した労務関係の取組みを解説。導入の際のヒントが見つかります。
ワーク・ライフ・バランス、働き方改革
福利厚生
社宅・社宅代行
コンプライアンス・企業倫理
メンタルヘルス
その他
それぞれ分野ごとに、基本からサービスを検討する際のポイントを詳しく説明します。
貸会議室・研修施設

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?<br />
~「型」を覚えることが人を成長させる

いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?
~「型」を覚えることが人を成長させる

近年、若い人の言葉遣いや立ち振る舞いに対して、「違和感」を覚えることが...


ビジネス界の重鎮が提言!<br />
 語学力偏重にモノ申す~日本人のグローバルリーダーはまず日本語から育てよ~

ビジネス界の重鎮が提言!
語学力偏重にモノ申す~日本人のグローバルリーダーはまず日本語から育てよ~

日本のビジネスパーソンが海外で活躍するためには、何が必要なのでしょうか...


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2017-秋-」を11/14(火)~22(水)に開催します。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

早稲田大学戦略研究センター教授の枝川義邦氏を講師に迎え、第11回会合を8/30(水)に開催。