企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事制度構築フロー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時代背景とともに変化する人事制度

人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。

1)STEP1/経営理念の再確認

イメージ人事制度は、企業の経営理念に基づかなくてはならない。そのため、人事制度をつくる際には、まず自社の経営理念・基本理念を再確認した上で、「会社は従業員のことをどう考えているのか」という「人事ポリシー(人事理念)」を明文化すること不可欠だ。人事ポリシーは人事制度を構築する上での大方針となり、各仕組みとの整合性、社員へのメッセージを伝える場合にも重要な役割を担う。

2)STEP2/現状分析と制度設計のグランドデザイン

現在の人事制度の課題を分析した上で、大まかな人事制度のグランドデザインに入る。現状分析では必要に応じて、従業員満足度(ES)調査や各部門へのヒアリング、他社との給与水準の比較などを実施する。経営理念や人材ポリシーに沿う形で、等級制度や評価制度、給与制度の改定の方向性を決定する。

3)STEP3/等級制度の設計

人事制度の骨格になる等級制度を、まずは構築する。STEP2で決めた方向性(例:属人ベース「職能資格制度」、職務ベース「職務等級制度」、役割ベース「役割等級制度」)に基づき、ここでは等級の段階数や、等級一つひとつの「資格要件」を定義する(例:職能資格制度は「資格要件書」「職能要件書」、職務等級制度は「職務定義書(ジョブ・ディスクリプション)」、役割等級制度は「役割定義書」、など)。こうして、等級制度の細部を設計していく。

4)STEP4/評価制度(人事考課)の設計

等級制度で定義した資格要件に対応する形で評価の基準を定める。評価制度の核心は、何を評価するのか(評価項目)、どう評価するのか(評価基準)だ。評価制度によって従業員のモチベーションは変わる。経営理念や人材ポリシーをベースに、企業が望む方向へと従業員を意識づけ、モチベーション向上につながるような評価制度を心がけたい。

5)STEP5/報酬制度の設計

STEP4の評価基準を給与・報酬に適正に反映するため報酬制度を作成する。等級ごとの給与額の上限と下限、ならびに給与額間の差(ピッチ)を定めるが、従業員が「その給与で無理なく生活していけるのか」を十分シミュレーションすることも重要だ。さらに、改訂した報酬制度をもとに、人件費の総額を試算し、検討を重ねていく。

6)STEP6/新制度への移行シミュレーション

新しくできた制度はただちに実施するのではなく、移行した場合のシミュレーションを行わなければならない。総額人件費の変化、移行後の労働生産性の変化などを確認し、改善していく。また、従業員(労働組合)に対して十分な説明を行い、理解と協力を求める。処遇が大きく変動する従業員に対しては、数年程度の猶予期間を設けるなどの措置も必要となる。

7)STEP7/制度の定着化

人事制度を狙いどおりに機能させるには、制度自体の浸透(従業員への周知、管理職や考課者の研修)と実際の運用(新制度に基づく人員配置・組織運営、人材開発など)が重要である。新人事制度の運用を通じて、さまざまな課題を発見し、改善していくことが欠かせない。

次章からは、上記の等級制度、評価制度、報酬制度を詳しくみていく。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よくわかる「人事制度」講座

人事制度とは

人事制度とは

人事制度とは、広義には労務管理を含めた従業員の「処遇」に関するしくみ全般を指す。ここではその意義と運用のポイントについてまとめた。


等級制度の実際

等級制度の実際

社内序列の基盤となる「等級制度」のしくみと種類にはどのようなものがあるか。それぞれのメリット・デメリットとは?


評価制度の実際

評価制度の実際

人事制度の方針を決定する上で重要な役割を持つ「評価制度」。その意義・目的と運用のポイントについて紹介する。


報酬制度の実際

報酬制度の実際

大きく「月例給与」「賞与」「退職金」の三つに分類される報酬制度。人材の流動化とともに進む変化とは?


人事管理制度の実際

人事管理制度の実際

人事管理制度全般にかかわる「人事異動」「出向」「転籍」「退職」「定年制」「解雇」「昇進」「コース別人事管理」について紹介する


人材育成・能力開発制度の実際

人材育成・能力開発制度の実際

人材育成・能力開発の目的・方向性・進め方について、プログラムの考え方と実施のポイントについて解説する。


組織活性化制度の実際

組織活性化制度の実際

人事制度策定の大きな目的の一つである「組織活性化」。その種類や特徴について具体例とともに解説する。


福利厚生施策の実際

福利厚生施策の実際

ここでは広義の人事制度の中から、注目度の高い「福利厚生施策」について、そのポイントを解説していく。


テーマ別Index
研修・人材育成
社員研修を検討する際に押さえておきたい基本とノウハウ。研修の目的別に解説します。
社員研修・人材育成
新人研修・新入社員研修
マネジメント・管理職研修
モチベーション・組織活性化
グローバル人材育成
コーチング研修
コミュニケーション研修
営業・販売研修
eラーニング
採用
人事担当者のための採用ノウハウ。採用の目的別に、基本、準備、注意点まで網羅。
中途採用
人材紹介
アルバイト・パート採用
人材派遣
新卒採用
就職サイト
新卒紹介
新卒採用アウトソーシング
新卒採用コンサルティング
内定者フォロー
ソーシャルリクルーティング
適性検査
人事戦略・人事系IT
企業に不可欠な人事システム、人事制度を解説。この分野のトレンドも把握できます。
人事制度
人事システム
給与計算
給与計算代行
人事労務
テーマに特化した労務関係の取組みを解説。導入の際のヒントが見つかります。
ワーク・ライフ・バランス、働き方改革
福利厚生
社宅・社宅代行
コンプライアンス・企業倫理
メンタルヘルス
その他
それぞれ分野ごとに、基本からサービスを検討する際のポイントを詳しく説明します。
貸会議室・研修施設

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVE最新版にAI搭載 3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

「働き方改革」の旗印のもと、企業では残業削減や休暇の充実、リモートワー...


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019-秋-」を11/7・12・13・14・15・21・22に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会