等級制度の実際

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(1)等級制度の意義・目的

●社内序列のしくみを作り上げる

等級制度の実際

「等級」とは、社内の序列(ランク)のことで、等級によって処遇が異なる。等級のしくみ(特徴)は、人事評価の「対象」を何にするかによって決まる。例えば、年齢や経験といった「年功」を評価対象にすれば年功の序列、職務の遂行に期待される「能力」を評価対象にすれば能力の序列、そして業績や実勢を重視した「成果」を評価対象にすれば「成果」の序列となる。何を評価対象とするのかは、各社の人事戦略(ポリシー)はもちろんのこと、過去の経緯などによって異なるため、どれが良い、悪いというものではない。

通常、これら序列は「1等級」「2等級」「3等級」といった形で示されることが多い。その際、「等級基準書」や「等級要件書」などに定められた等級ごとの基準や要件を満たしているとの評価を受けたうえで、「1等級」から「2等級」、「2等級」から「3等級」へと序列の階段をステップアップする。このしくみが「等級制度」である。

なお、等級から導き出される報酬のしくみは、以下の二つが一般的である。一つは、等級ごとに一定額の基本給や年俸を決めるもので、「単一給」「シングルレート」などと呼ばれる。もう一つは、等級ごとに定められた成果責任の達成度評価で昇給額を変動させるものであり、「範囲給」「レンジレート」などと呼ばれる。

(2)等級制度の種類

等級制度にはいくつかの種類があるが、近年の日本企業では「職能資格制度」「職務等級制度」「役割等級制度」の三つが代表的なものである。

●職能資格制度:能力評価であるが、実際は年功主義となるケースが多い

1970年代、それまでの年功型賃金から職能資格制度への移行が始まり、多くの企業で「職能給」が採用されることになった。職能資格制度は、「仕事をするために必要な能力(職務遂行能力)」をベースにした制度で、職務遂行能力をレベル化(ランク付け)し、昇進・昇格、賃金、能力開発などを決定・運用する。レベルは参与、参事、主事、主査などと呼ぶことが多く、レベルに応じて賃金を決める。

本来は、それまでの年功序列による管理職の肥大化を回避するために作られた制度であったが、運営していく中で年齢とともに半自動的にレベルが上がり、合わせて給与も上がっていくという、実質的に年功的運用となり、総人件費が高くなってしまった。このような経緯から、現在では職務等級制度や役割等級制度へと移行する企業が増えている。

【職能資格制度のメリット・デメリット】
メリット
  • 職務遂行能力の基準で評価するため、協働促進や長期的な能力開発ができる
  • ゼネラリストの育成に適している
  • 人事異動や職務変更をする際、手間がかからない
デメリット
  • 実際の運用では、年功に陥りがちとなる
  • 実際の業績が評価されにくい
  • 中高年者の多い企業では、組織がいびつとなる

●職務等級制度:職務で評価するので明快な反面、運用が難しい

職能資格制度に替わる等級制度として台頭してきたのが、職務等級制度と役割等級制度だ。職務等級制度は、職務分析の結果をもとに「職務記述書」を作成し、その記述書に書かれた基準に対する結果を点数化し、評価を決定する方法である。職能資格制度は評価基準が全社一律で、昇格基準があいまいだが、職務等級制度は職務ごとに明確に(具体的に)記述・定義していることから、年齢に関係なく明快な評価を行うことができる。このような職務評価に従って賃金を決めるのが「職務給」で、欧米では、多くの企業で導入されている。

しかし、職務給のしくみは、膨大な職種と職位のクロスで細かく策定することになるので、手続きが非常に煩雑となる。さらに、経営環境の変化にともなう事業内容の変化・新設に対して手続きが追いつかず、結局は人事の固定化を招くことになり、当初の期待ほど日本企業での普及は進んでいないのが実情である。

また、職務記述書で与えられた職務をこなせば一定の評価が与えられるため、一部では、従業員が受け身になり、新しいことに取り組むチャレンジ精神が薄れる、といったデメリットも生じている。このような職務等級制度が構造的に抱える問題点を背景に、近年、導入が進んでいるのが役割等級制度である。

【職務等級制度のメリット・デメリット】
メリット
  • 仕事の内容に応じた基準なので、評価しやすい(職務と給与が合理的に対応する)
  • 年功的賃金の増加を抑制できる
  • スペシャリスト育成に効果的である
デメリット
  • ジョブローテーションが困難である(組織や職務が固定化しやすい)
  • 仕事の複雑化に伴って運用が煩雑である(職務記述書の作成が煩雑、見直しが難しい)
  • 職務の範囲を超えた協働が難しくなる

●役割等級制度:経営ビジョン・経営戦略から導かれる役割を等級化。ただし処遇面で激変するケースも

役割等級制度では、経営ビジョンや経営戦略などと連動した「仕事の基本的役割」を調査し、「役割価値」を明確にする。それをもとに、従業員はみずから目標とする「役割」を決め、さらに個人の「チャレンジ目標」(成果責任)を付加し、評価基準とする。その評価によって賃金を決めるのが「役割給」である。

実際の運用の仕方としては、「管理職層」と「一般職層」という大きな職群に分け、その中の職位ごとに役割を決定するのが一般的だ。硬直的な評価に陥りがちな職務等級制度と異なり、役割等級制度では役割というある程度大きなくくりとしたこと、さらにみずからの目標を評価基準として付加することによって、弾力的な評価を行うことができる。なお、ここでの役割とは、各社の企業戦略から事業部、さらに事業部内の各組織単位への戦略へブレークダウンし、最終的に個人の役割を引き出したものである。

ただ、役割等級制度を導入すると、処遇面が激変するケースも多い。従業員への影響を考え、従来の制度との併用を行い、処遇に関してソフト・ランディングを図るなど、激変に対する配慮や運用面での工夫が求められる。また、実際の導入に際しては従業員や組合と話し合いの機会を持ち、しっかりと説明して社内での理解と納得を得たうえで、実施することが大切である。

【役割等級制度のメリット・デメリット】
メリット
  • 経営ビジョン、経営戦略に連動した価値基準により、協働が促進される
  • 組織や職務の変化に対応できる
  • 年功的賃金の増加を抑制できる
デメリット
  • 役割の設定根拠を従業員に理解してもらうことが難しい
  • 役割の範囲を超えた協働が困難である

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よくわかる「人事制度」講座

人事制度とは

人事制度とは

人事制度とは、広義には労務管理を含めた従業員の「処遇」に関するしくみ全般を指す。ここではその意義と運用のポイントについてまとめた。


等級制度の実際

等級制度の実際

社内序列の基盤となる「等級制度」のしくみと種類にはどのようなものがあるか。それぞれのメリット・デメリットとは?


評価制度の実際

評価制度の実際

人事制度の方針を決定する上で重要な役割を持つ「評価制度」。その意義・目的と運用のポイントについて紹介する。


報酬制度の実際

報酬制度の実際

大きく「月例給与」「賞与」「退職金」の三つに分類される報酬制度。人材の流動化とともに進む変化とは?


人事管理制度の実際

人事管理制度の実際

人事管理制度全般にかかわる「人事異動」「出向」「転籍」「退職」「定年制」「解雇」「昇進」「コース別人事管理」について紹介する


人材育成・能力開発制度の実際

人材育成・能力開発制度の実際

人材育成・能力開発の目的・方向性・進め方について、プログラムの考え方と実施のポイントについて解説する。


組織活性化制度の実際

組織活性化制度の実際

人事制度策定の大きな目的の一つである「組織活性化」。その種類や特徴について具体例とともに解説する。


福利厚生施策の実際

福利厚生施策の実際

ここでは広義の人事制度の中から、注目度の高い「福利厚生施策」について、そのポイントを解説していく。


テーマ別Index
研修・人材育成
社員研修を検討する際に押さえておきたい基本とノウハウ。研修の目的別に解説します。
社員研修・人材育成
新人研修・新入社員研修
マネジメント・管理職研修
モチベーション・組織活性化
グローバル人材育成
コーチング研修
コミュニケーション研修
営業・販売研修
eラーニング
採用
人事担当者のための採用ノウハウ。採用の目的別に、基本、準備、注意点まで網羅。
中途採用
人材紹介
アルバイト・パート採用
人材派遣
新卒採用
就職サイト
新卒紹介
新卒採用アウトソーシング
新卒採用コンサルティング
内定者フォロー
ソーシャルリクルーティング
適性検査
人事戦略・人事系IT
企業に不可欠な人事システム、人事制度を解説。この分野のトレンドも把握できます。
人事制度
人事システム
給与計算
給与計算代行
人事労務
テーマに特化した労務関係の取組みを解説。導入の際のヒントが見つかります。
ワーク・ライフ・バランス、働き方改革
福利厚生
社宅・社宅代行
コンプライアンス・企業倫理
メンタルヘルス
その他
それぞれ分野ごとに、基本からサービスを検討する際のポイントを詳しく説明します。
貸会議室・研修施設
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること

注目コンテンツ


2019年度 新卒採用特集

激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

いわゆる団塊世代が75歳以上の後期高齢者になると、日本は「大介護時代」...


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント開催!

日本の人事部「HRカンファレンス2017-春-」を5/16(火)~19(金)に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

一橋大学名誉教授の石倉洋子氏を講師に迎え、第10回会合を2/2(木)に開催。


人・組織ビジネス業界関係者の会

人・組織ビジネス業界関係者の会

日本の人事部『プロフェッショナル・ネットワーク』新年会~講演&交流会~を2016年2月2日(火)に開催。