企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事制度とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(1)人事制度が担う領域・範囲

●等級、評価、報酬が中核的な役割

人事制度とは

人事制度とは、広義には労務管理を含めた従業員の「処遇」に関するしくみ全般(人事上のさまざまな施策の集合体)を指す。しかし近年では、従業員の処遇を決定する中核的な三つのしくみ「等級制度」「評価制度」「報酬制度」に絞り込んで、「人事制度」という言い方をすることが多い。ここでは、まず狭義の人事制度である「等級制度」「評価制度」「報酬制度」を解説した後、広義の人事制度の中から代表的なものを取りあげて紹介する。

【人事制度の領域・範囲】
広義の人事制度 募集・採用・雇用契約、労働時間・休日・休暇管理、賃金・賞与・退職金(*報酬制度)、人事異動・人事考課・昇進・昇格(*等級制度、*評価制度)、教育・能力開発、退職・解雇、出張・転勤・海外駐在、福利厚生 など
狭義の人事制度 等級制度、評価制度、報酬制度
【狭義の人事制度】
等級制度 等級制度とは、能力レベルや職務内容などを基準とした「等級(資格・職階)」を定め、従業員の社内での位置付けを決めるしくみのこと。人事制度全体の柱となるもので、これにもとづき、評価内容や処遇が決まる
評価制度 評価制度とは、従業員の職務上の成果や能力発揮などを評価するしくみのこと。人事考課、査定などとも呼ばれる。評価結果にもとづき、等級の昇降格や報酬の金額が決まる
報酬制度 報酬制度とは、等級や評価結果にもとづき、従業員の月例給与、賞与、退職金などの報酬を決めるしくみのこと。ここで、従業員に対する最終的な「処遇」が決まる

●人事制度の意義

人事制度は、従業員の社内での位置づけを定め、公正な評価と処遇を実現することを目的としており、人事管理の効率化、人材の育成、モチベーションの向上などを図るものである。従業員の仕事や報酬に関する基準やルールが明確に示されれば、効率よく、かつ公正にそれらを決定することができる。また、評価のプロセスにおいて、上司と部下が能力発揮に関して話し合うことで人材育成が進み、能力や成果に応じた報酬が支払われ、従業員のモチベーションが向上する。このような効果が期待できるからこそ、企業は人事制度を構築するのである。

(2)人事制度の運用

●人事制度の運用する際のポイント

ただし人事制度は、それだけが独立して存在したり、成果を出したりするものではない。企業の経営方針、経営戦略、またそこで働く人材との関係性・影響度を十分に考えて構築し、運用していくものである。このような側面から、実際の運用に関しては、以下の点がポイントとなる。

【運用のポイント】
人事制度と経営理念・戦略との関連性を示す 人事制度には、自社の経営理念や経営戦略が大きく反映される。そのため、「経営理念を社内に浸透させる」「経営戦略を具体的に展開する」という意識を持って、運用することが重要である
透明性・納得性・オープンな運用を行う 公平な処遇を行うことにより、従業員のモチベーション(行動意欲)は向上する。どういうしくみで、どのように評価し、どうやって報酬を決めたかなどを明確に示すオープンな運用が大切である

●人事制度の運用に関する業務

人事制度を運用する際に行う業務には、以下のような事項がある。

【運用に伴う業務】
等級・役職の決定 各部門から提出された昇格申請や評価結果などにもとづき、昇格者を決定する。全従業員の等級と役職が決定したら、辞令を交付する
評価(人事考課)の実施 評価する時期になったら、まず「評価表(人事考課表)」を配布し、評価者(上司)が評価を実施した後、回収する。また必要に応じて、評価者間の調整を行う
賞与考課の実施 従業員に「目標シート」を配布し、業務目標を設定させる。一般的には、6ヵ月後に各部門で達成度評価を行った後、目標シートを回収する
昇給に関する業務 昇給の原資を決定した上で、給与表や計算式などにもとづき、従業員一人ひとりの昇給額を決定し、通知する
賞与支給に関する業務 賞与の原資(支給月数)を決定したうえで、計算式などにもとづき、従業員一人ひとりの賞与支給額を決定し、通知する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よくわかる「人事制度」講座

人事制度とは

人事制度とは

人事制度とは、広義には労務管理を含めた従業員の「処遇」に関するしくみ全般を指す。ここではその意義と運用のポイントについてまとめた。


等級制度の実際

等級制度の実際

社内序列の基盤となる「等級制度」のしくみと種類にはどのようなものがあるか。それぞれのメリット・デメリットとは?


評価制度の実際

評価制度の実際

人事制度の方針を決定する上で重要な役割を持つ「評価制度」。その意義・目的と運用のポイントについて紹介する。


報酬制度の実際

報酬制度の実際

大きく「月例給与」「賞与」「退職金」の三つに分類される報酬制度。人材の流動化とともに進む変化とは?


人事管理制度の実際

人事管理制度の実際

人事管理制度全般にかかわる「人事異動」「出向」「転籍」「退職」「定年制」「解雇」「昇進」「コース別人事管理」について紹介する


人材育成・能力開発制度の実際

人材育成・能力開発制度の実際

人材育成・能力開発の目的・方向性・進め方について、プログラムの考え方と実施のポイントについて解説する。


組織活性化制度の実際

組織活性化制度の実際

人事制度策定の大きな目的の一つである「組織活性化」。その種類や特徴について具体例とともに解説する。


福利厚生施策の実際

福利厚生施策の実際

ここでは広義の人事制度の中から、注目度の高い「福利厚生施策」について、そのポイントを解説していく。


テーマ別Index
研修・人材育成
社員研修を検討する際に押さえておきたい基本とノウハウ。研修の目的別に解説します。
社員研修・人材育成
新人研修・新入社員研修
マネジメント・管理職研修
モチベーション・組織活性化
グローバル人材育成
コーチング研修
コミュニケーション研修
営業・販売研修
eラーニング
採用
人事担当者のための採用ノウハウ。採用の目的別に、基本、準備、注意点まで網羅。
中途採用
人材紹介
アルバイト・パート採用
人材派遣
新卒採用
就職サイト
新卒紹介
新卒採用アウトソーシング
新卒採用コンサルティング
内定者フォロー
ソーシャルリクルーティング
適性検査
人事戦略・人事系IT
企業に不可欠な人事システム、人事制度を解説。この分野のトレンドも把握できます。
人事制度
人事システム
給与計算
給与計算代行
人事労務
テーマに特化した労務関係の取組みを解説。導入の際のヒントが見つかります。
ワーク・ライフ・バランス、働き方改革
福利厚生
社宅・社宅代行
コンプライアンス・企業倫理
メンタルヘルス
その他
それぞれ分野ごとに、基本からサービスを検討する際のポイントを詳しく説明します。
貸会議室・研修施設

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

社宅でもUR賃貸住宅

記事アクセスランキング

<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...


ジェイエイシーリクルートメントが「バークレーヴァウチャーズ食事券サービス」を利用する目的とその費用対効果とは?

ジェイエイシーリクルートメントが「バークレーヴァウチャーズ食事券サービス」を利用する目的とその費用対効果とは?

企業が展開するさまざまな人事施策の中で、最近は「福利厚生」が大きな位置...


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2017-秋-」を11/14(火)~22(水)に開催します。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

早稲田大学戦略研究センター教授の枝川義邦氏を講師に迎え、第11回会合を8/30(水)に開催。