企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

「働き方改革」を進め、「ワーク・ライフ・バランス」を実現するための留意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「働き方改革」を進め、「ワーク・ライフ・バランス」を実現するには、すべての従業員が仕事と自分のやりたいことを両立できる環境を実現しなければならない。その際、制度と同様に大きな意味を持つのが、職場でのマネジメントや働き方の改革、職場風土づくりといった日常的な取り組みである。

(1)制度

●人事処遇制度といかに擦り合わせるか

ワーク・ライフ・バランスとは何か?

「働き方改革」そして「ワーク・ライフ・バランス」支援に関する制度は、比較的新しいもののため、そのほかの人事制度とうまく連携できていないケースがある。特に大きな影響があるのが、人事処遇制度との連携。従来の人事処遇制度は、入社から定年退職までキャリアが途切れることなく、なおかつフルタイムで勤務する人材をモデルとしていた。そのため、休業や短時間勤務などを選択した場合、処遇にどのように反映されるのかがきちんと定められていないことがあった。例えば、下記のようなケースの処遇があきらかになっていない場合、制度の利用をためらう従業員や、利用した場合も不安や不満を訴える従業員が出てくる。また、休業取得時にも給与や賞与を変わらず支給する企業では、制度を利用しない従業員が不公平感を感じるという問題も発生するので、注意が必要だ。

人事処遇制度における処遇が不明確なケース(例)

  • 賞与や退職金の算定時の休業期間の扱い
  • 人事考課や昇給、昇格時の休業期間の扱い
  • 休業復帰後における評価のあり方
  • 休業期間中の評価や処遇
  • 短時間勤務時の目標設定や評価方法

(2)マネジメント(管理職の役割)

●「時間制約のある従業員」がいることを前提にした仕事管理を行う

例えば、ワーク・ライフ・バランス支援制度が整備されているのに、「利用できない」「利用しにくい」という場合は、休業取得によって業務に支障が生じるので、管理職や同僚が休業取得を歓迎しないというケースが多い。この問題を解消するには、現場の管理職による日常的なマネジメントの改革が不可欠である。その際にポイントとなるのは、以下に示したような「時間制約のある従業員がいることを前提にした仕事管理」である。

「時間制約のある従業員」がいることを前提にした仕事管理(例)

  • 休業や短時間勤務を選択した従業員の業務を、ほかの人が引き継げる体制を作る
  • 引き継ぎができるよう、業務内容の整理や情報共有、一人ひとりの能力開発を行う
  • 周囲の人への負担が過剰にならないよう配慮する
  • 休業などの場合、代替人材を派遣などによって手配する
  • 休業や短時間勤務が処遇やキャリア形成において、不公平にならないようにする
  • 短時間勤務でも補助的な業務を任せるのではなく、仕事の質は落とさずに量だけを減らすようにする
  • 育児や介護だけでなく、自己啓発や社会貢献、スポーツや趣味など、支援の対象を広げる

ワーク・ライフ・バランス支援制度の運用や働き方改革を職場で実践していくカギは、管理職の意識と姿勢にある。しかし、管理職世代はまだ価値観が多様化した職場に十分対応しきれていないのが実状。その点からも、ワーク・ライフ・バランスを実現する取り組みは、まず管理職の意識を変えるところから始まる。

(3)職場風土

●多様な価値観・ライフスタイルを受容できる職場風土を醸成する

ワーク・ライフ・バランスや働き方改革は、短時間労働だけを推奨し、長時間労働をむやみに否定するものではない。従業員一人ひとりが、自分の価値観やライフスタイルに従った働き方を選択できる環境を理想とする考え方である。そのため、さまざまな価値観やライフスタイルが共存できる職場風土を醸成することが、取り組みを成功させるために不可欠な要件である。

また、休業や時短勤務などでは、業務を引き継いだりサポートしたりする周囲の従業員の協力が必要になる。育児や介護を行っていない従業員も「お互いさま」だと考え、気持ちよく協力できる環境をつくるには、多様な価値観やライフスタイルを認め合う職場風土づくりが欠かせない。

そして、全社的に長時間勤務を前提としない働き方への転換、つまり、「時間が有限のリソースである」という意識を職場の皆が持ち、効率的に仕事に取り組む姿勢が重要である。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

よくわかる「人事制度」講座

人事制度とは

人事制度とは

人事制度とは、広義には労務管理を含めた従業員の「処遇」に関するしくみ全般を指す。ここではその意義と運用のポイントについてまとめた。


等級制度の実際

等級制度の実際

社内序列の基盤となる「等級制度」のしくみと種類にはどのようなものがあるか。それぞれのメリット・デメリットとは?


評価制度の実際

評価制度の実際

人事制度の方針を決定する上で重要な役割を持つ「評価制度」。その意義・目的と運用のポイントについて紹介する。


報酬制度の実際

報酬制度の実際

大きく「月例給与」「賞与」「退職金」の三つに分類される報酬制度。人材の流動化とともに進む変化とは?


人事管理制度の実際

人事管理制度の実際

人事管理制度全般にかかわる「人事異動」「出向」「転籍」「退職」「定年制」「解雇」「昇進」「コース別人事管理」について紹介する


人材育成・能力開発制度の実際

人材育成・能力開発制度の実際

人材育成・能力開発の目的・方向性・進め方について、プログラムの考え方と実施のポイントについて解説する。


組織活性化制度の実際

組織活性化制度の実際

人事制度策定の大きな目的の一つである「組織活性化」。その種類や特徴について具体例とともに解説する。


福利厚生施策の実際

福利厚生施策の実際

ここでは広義の人事制度の中から、注目度の高い「福利厚生施策」について、そのポイントを解説していく。


テーマ別Index
研修・人材育成
社員研修を検討する際に押さえておきたい基本とノウハウ。研修の目的別に解説します。
社員研修・人材育成
新人研修・新入社員研修
マネジメント・管理職研修
モチベーション・組織活性化
グローバル人材育成
コーチング研修
コミュニケーション研修
営業・販売研修
eラーニング
採用
人事担当者のための採用ノウハウ。採用の目的別に、基本、準備、注意点まで網羅。
中途採用
人材紹介
アルバイト・パート採用
人材派遣
新卒採用
就職サイト
新卒紹介
新卒採用アウトソーシング
新卒採用コンサルティング
内定者フォロー
ソーシャルリクルーティング
適性検査
人事戦略・人事系IT
企業に不可欠な人事システム、人事制度を解説。この分野のトレンドも把握できます。
人事制度
人事システム
給与計算
給与計算代行
賃金制度
人事労務
テーマに特化した労務関係の取組みを解説。導入の際のヒントが見つかります。
ワーク・ライフ・バランス、働き方改革
福利厚生
社宅・社宅代行
ハラスメント対策
コンプライアンス・企業倫理
メンタルヘルス
雇用管理・労務管理
その他
それぞれ分野ごとに、基本からサービスを検討する際のポイントを詳しく説明します。
貸会議室・研修施設

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会