企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

「働き方改革」推進に向けての実務(2)長時間労働の是正

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(1)目的と課題

●働き方改革における「長時間労働是正」の位置づけ

2016年6月、「ニッポン一億総活躍プラン」が閣議決定された。その中で、働き方改革における「長時間労働是正」について、以下のような記載がある。

【働き方改革における長時間労働是正の位置づけ】

長時間労働は、仕事と子育てなど家庭生活の両立を困難にし、少子化の原因や、女性のキャリア形成を阻む原因、男性の家庭参画を阻む原因となっている。戦後の高度経済成長期以来浸透してきた「睡眠時間が少ないことを自慢し、超多忙なことが生産的だ」といった価値観が、この3年間で変わり始めている。長時間労働の是正は、労働の質を高めることにより、多様なライフスタイルを可能にし、ひいては生産性の向上につながる。今こそ、長時間労働の是正に向けて背中を押していくことが重要である。

さらに「ニッポン一億総活躍プラン」では、「36協定の見直し」「勤務間インターバル制度の導入」など、今後、関係法令の改正や監督強化によって、長時間労働是正を推進していくことが明確に示されている。

事実、海外と比較しても日本の長時間労働者が依然として多く、週49時間以上働いている労働者の割合は、欧米諸国が軒並み10%台、あるいは一桁であるのに対し、日本は21.3%と突出している(労働政策研究・研修機構「データブック国際労働比較2016」)。長時間労働是正は、「働き方改革」の中でも、最重要テーマの一つなのだ。

(2)具体的な実務の考え方

●「長時間労働是正」のための「取り組み例」

「働き方改革」推進に向けての実務(2)長時間労働の是正

長時間労働是正のためには、どのような取り組みを行えばいいのか。まず必要なのは、「労働時間制度の見直し」だ。各社員の勤務の実態に合わせた労働時間制度を適用することによって、生産性の低い働き方を排除し、長時間労働を是正していくのである。例えば、1ヵ月を通じて仕事に「繁閑の波」がある場合は「1ヵ月単位の変形労働時間制」を取り入れ、1年を通じて「繁閑の波」がある場合には「1年単位の変形労働時間制」を導入することだ。また、1日の営業時間を超えるような場合には、「シフト勤務」の導入を講じることである。

労働時間制度の見直しのほかにも、長時間労働是正には以下のような取り組み方がある。各企業の実態に合わせて、効果の期待できるものを検討し、導入することが望まれる。

【長時間労働是正のしくみ(例)】

ノー残業デーの実施 1週間(1ヵ月)の中で、残業をしない日を設ける方法。しかし、業務量が減らないまま導入すると、「サービス残業」の温床となるリスクがある。ノー残業デーを実現するためには、残業をしなくても業務に支障が出ないよう、生産性を上げる工夫をしたり、各社員の業務量や役割分担を見直したりするなど、「業務の棚卸し」とセットで行うことが肝心である。
勤務間インターバル制度の導入 勤務間インターバル制度とは、終業から次の始業まで一定の休息時間を設けるもので、労働者の健康安全を確保することを目的としている。EUの加盟国が遵守すべきEU労働時間指令では、24時間につき最低連続11時間の休憩時間を義務づけている。
多能工化の推進 社内業務における多能工化を進める。仕事が特定の社員に張り付いている状態では、ほかの社員の代替ができないため、休暇が取りづらく、結果として長時間労働を招くことになる。そこで、一つの業務について、複数の社員が担当できるようにし、不在時でもカバーできる体制を整えておく。その結果、担当者不在による業務の停滞が解消され、休暇も取りやすくなり、長時間労働の是正につながる。
評価指標に、残業が少ない人に賞与が多く支払われるしくみを設ける 「労働基準法」では、会社は残業が発生すれば割増賃金の支払いを免れることはできない。そこで、評価の指標残業時間を組み入れ、残業が多い社員には賞与を少なく、残業が少ない社員には賞与を多くする制度を導入する。その結果、残業時間が短い生産性の高い社員は残業代が少なくても、賞与査定では高い評価が得られる。トータルで見れば、無駄な残業をしない方が所得も増え、長時間労働を是正する行動につながる。
管理職の部下育成に対する意識改革(部下の裁量増加) 管理職が長時間労働に陥りやすい原因の一つに、プレイングマネジャーとなって現場の仕事を抱えることで、本来の業務である部下育成、マネジメントに手が回らないことがある。部下の育成が進まないため、ますます自分で抱える業務が多くなるという“悪循環”にはまっているのだ。これを正すためには、「忙しいからこそ、部下を育成しなければならない。部下の裁量を増やすことが重要」と管理職側の意識を変える必要がある。部下育成を管理職の評価項目に取り入れる、などといった対応が考えられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

よくわかる「人事制度」講座

人事制度とは

人事制度とは

人事制度とは、広義には労務管理を含めた従業員の「処遇」に関するしくみ全般を指す。ここではその意義と運用のポイントについてまとめた。


等級制度の実際

等級制度の実際

社内序列の基盤となる「等級制度」のしくみと種類にはどのようなものがあるか。それぞれのメリット・デメリットとは?


評価制度の実際

評価制度の実際

人事制度の方針を決定する上で重要な役割を持つ「評価制度」。その意義・目的と運用のポイントについて紹介する。


報酬制度の実際

報酬制度の実際

大きく「月例給与」「賞与」「退職金」の三つに分類される報酬制度。人材の流動化とともに進む変化とは?


人事管理制度の実際

人事管理制度の実際

人事管理制度全般にかかわる「人事異動」「出向」「転籍」「退職」「定年制」「解雇」「昇進」「コース別人事管理」について紹介する


人材育成・能力開発制度の実際

人材育成・能力開発制度の実際

人材育成・能力開発の目的・方向性・進め方について、プログラムの考え方と実施のポイントについて解説する。


組織活性化制度の実際

組織活性化制度の実際

人事制度策定の大きな目的の一つである「組織活性化」。その種類や特徴について具体例とともに解説する。


福利厚生施策の実際

福利厚生施策の実際

ここでは広義の人事制度の中から、注目度の高い「福利厚生施策」について、そのポイントを解説していく。


テーマ別Index
研修・人材育成
社員研修を検討する際に押さえておきたい基本とノウハウ。研修の目的別に解説します。
社員研修・人材育成
新人研修・新入社員研修
マネジメント・管理職研修
モチベーション・組織活性化
グローバル人材育成
コーチング研修
コミュニケーション研修
営業・販売研修
eラーニング
採用
人事担当者のための採用ノウハウ。採用の目的別に、基本、準備、注意点まで網羅。
中途採用
人材紹介
アルバイト・パート採用
人材派遣
新卒採用
就職サイト
新卒紹介
新卒採用アウトソーシング
新卒採用コンサルティング
内定者フォロー
ソーシャルリクルーティング
適性検査
人事戦略・人事系IT
企業に不可欠な人事システム、人事制度を解説。この分野のトレンドも把握できます。
人事制度
人事システム
給与計算
給与計算代行
賃金制度
人事労務
テーマに特化した労務関係の取組みを解説。導入の際のヒントが見つかります。
ワーク・ライフ・バランス、働き方改革
福利厚生
社宅・社宅代行
ハラスメント対策
コンプライアンス・企業倫理
メンタルヘルス
雇用管理・労務管理
その他
それぞれ分野ごとに、基本からサービスを検討する際のポイントを詳しく説明します。
貸会議室・研修施設

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY 最短1営業日で従業員代表を選出しませんか

注目コンテンツ


「ハラスメント対策」に役立つソリューション特集

「ハラスメント対策」の早期解決とおすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
new

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会