企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

最近のマネジメント・管理職研修の「事例」

求められる役割が多様化、複雑化している近年の管理職であるが、大切なのは自社の管理職に対して具体的に何を求め、何を目的とした研修を行うのかを明確にし、プログラムを企画することである。以下、目的を絞り込んだ管理職研修のケースを紹介する。

1)A社:意識づけを中心に置いた「新任管理職研修」

「新任管理職研修」は、新しく管理職に就いた社員を対象に行う研修である。管理職になると、「労働基準法」が適用されなくなり、一般社員から管理職へ(プレーヤーからマネジャーへ)と身分・立場が変更となり、求められる役割・能力が大きく異なってくる。そこで、A社(電機メーカー)では、新しく管理職に就いた社員に対して、就任する際に管理職としての心構え、役割を理解させ、管理職としての基本スキルを学んでもらうことを主目的に「新任管理職研修」を実施している。

● 管理職としての心構え、役割を理解させ、必要な基本スキルを学ぶ

管理職の役割は、部下の力を引き出していくことで組織力を高め、組織として高い成果を出すことにある。このような管理職への意識改革を行うと同時に、A社では「部下を育成することが大きな任務」であることを自覚してもらうことを重要視し、新任管理職研修を実施している。

「どのようにすれば部下が育っていくのか、組織をどのようにマネジメントしていけばいいのかなどについて、新任管理職研修では徹底して伝えていくことを目的として、自らが体感できるプログラムを組んでいきました」(人材開発部担当者)

具体的にA社が実施したプログラムは、以下の通りである。一見して分かるのは、「講義」よりも「グループワーク」「ロールプレイング」「実習」など、身体を動かし、皆で議論していくアプローチを採用したことである。

「新任管理職としての心構えや役割を理解し、管理職としての基本スキルを学ぶには、理論も大切ですが、そのことが “腹落ち”できるかどうかが重要です。単に話を聞くだけではなく、自分で考え、他の人と意見を交わし、フィードバックを受け、また自分なりに考える。そうした能動的なワークをできるだけ多く取り入れました」(人材開発部担当者)

【A社における新任管理職研修のプログラム内容】
1日目
午前
  • オリエンテーション(*人事部から)
    ・立場が変わり、求められる役割、能力が変わった
  • 管理職に求められる「役割」とは?(*講義&質疑応答)
    (1)今、求められる管理職像
    (2)組織の連結ピンとしての機能
    (3)経営課題を課の課題とする
  • 各組織における問題点の発見(*グループワーク)
    ・課題は何か、どうしたら課題解決できるのか
午後
  • 管理職に求められる「能力」とは?(*セルフチェック)
    (1)管理職としての要件
    (2)マネジメントの基本
  • 部下の指導・育成(*講義、実習、ロールプレイング)
    (1)部下の行動と心理の理解
    (2)部下の指導・育成方法の基本
    (3)コーチング(積極的傾聴)の重要性と進め方
  • 1日目のまとめ・振り返り(*グループワーク、全体発表)
2日目
午前
  • 動機づけの理論と実際(*社外講師による講義)
  • リーダーシップの実践(*社外講師による講義、実習)
    (1)リーダーシップ理論
    (2)同僚、他部門とのリレーション
    (3)上司との対応
    (4)状況対応リーダーシップ
午後
  • 職場の問題解決(*ケーススタディ)
    (1)問題解決のプロセス
    (2)問題解決策の策定
  • 職場風土の活性化(*実習)
    (1)ソフトなアプローチ
    (2)ハードなアプローチ
  • 自己革新(*実習)
    (1)自己分析
    (2)自己成長と目標設定
    (3)挑戦計画の作成
  • 挑戦計画の発表(*全体発表、ディスカッション
  • 総評

● 研修前後で大きな“腹落ち”感

研修前と後とでは、受講者の“腹落ち”度合いが大きく異なっているようだ。事実、研修終了後のアンケートには、受講者から以下のようなコメントがあった。A社のように、意識づけを中心に置いた「新任管理職研修」では、皆で話し合う機会を持ち、それを受けて自分で考えるための “仕掛け”を用意することが、とても大切である。

【研修終了後の受講者のコメント(一部)】
  • 行動で示すことは大事ですが、だからと言ってプレイングマネジャーになってはダメ。いかにメンバーに結果を出せるようにしていくか。皆で議論していく中で、そのことを日々考え、メンバーと接していくことが大事だと実感しました。
  • 自発的に行動できる部下を育成することができなければ、マネジャーとして失格だと思いました。
  • 一人ひとりのメンバーのやりたいこと、やるべきこと、できることを明確化することが、メンバーのモチベーション向上につながるのだと、納得できました。
  • 管理職はメンバーがどのような営業活動を行っていけばいいか、理解、納得できるよう日頃からの言動で方向性(規範)を示していかなければならないと強く感じました。

2)B社:職場の成果向上を目的とした「管理職研修」

管理職に求められる重要な役割として、職場における成果向上がある。その実現のために必要不可欠なのが、経営課題・方針から導き出された「職場のビジョン作り」と具体的な「目標設定」である。近年、このテーマを管理職研修の中心に置く企業が増えているが、全国に多店舗展開を行っているB社(サービス業)でも管理職を一堂に集め、グループワークやディスカッションを中心とした「職場のビジョン作り」と「目標設定」を行い、成果向上を図っている。

● 「職場のビジョン作り」を行い、経営課題を具現化していく

Photo

全国に数多くの異業態の店舗を有しているB社だが、地域や店舗(業態)間によるマネジメントのレベル(考え方)が統一できないという問題を抱えていた。当然のことながら、シナジー効果などは望むことはできず、グループ全体としての成果向上が図られていないのが実状だった。そこで、全国の店長クラス(課長職相当)を一堂に集め、経営課題・方針から導き出された「職場のビジョン作り」と「目標設定」を行うための「管理職研修」を実施することになった。

研修では、B社のグループ全体として抱える経営課題について、トップマネジメントからの状況説明があった。そのうえで、各地域、各業態でどのような戦略を取っていくべきか、現場の責任者である店長自らが考えて欲しいというミッションが与えられた。地域・業態を織り交ぜてグループ分けを行い、外部のファシリテーターの指導の下、以下のような流れで経営課題・方針から導き出された職場のビジョン策定に取り組んだ。

【職場のビジョン作りの流れ】

1.経営課題・方針の下、店舗・職場を取り巻く内外の状況(問題点)を分析する
    ↓
2.中期的な見通しに立って、達成を目指す重点課題を設定する
    ↓
3.その実現に向けた方策を検討する

最初のテーマである「経営課題・方針の下、店舗・職場を取り巻く内外の状況(問題点)を分析する」では、まず外部状況として、「顧客のニーズの変化」「競合の動向」「トップの経営方針」「関連する他部門からの要請」などに関して、事例または所属する店舗・職場を対象に、さまざまな角度から検討した。一方、内部状況では、店舗・職場における人・モノ・金・情報などの経営資源の強み・弱みの分析を行った。現状を多面的に検討し、どこに経営資源を集中し、高い成果を上げることができるのかを決定することが、現場をマネジメントする管理職にとって非常に重要な課題であるからだ。さらに、内外の状況分析に加えて、職場の使命(役割)を検討していった。

「内外の状況を踏まえた上で重点課題を設定し、その実現に向けた方策として、『全メンバーが順守すべき規範・行動指針・価値基準』『職場における分業と権限の体系』『メンバーが今後開発すべき能力やノウハウ』『重点課題解決のために管理者が行うメンバーへの直接的働きかけ』などを、参加者同士のディスカッションを通じて検討していきました」(人事部責任者)

● 部下の目標管理にも積極的に関与していくことが重要

職場のビジョンを作った後は、それをいかに個人の具体的な目標へと置き換えていくかを考えなければならない。ここでは、成果の向上に直結する「目標による管理」の考え方を理解させ、目標設定方法を習得させることを主目的に置いた。管理者は自らの目標設定も大切だが、より重要なのは部下の目標管理に積極的に関与していくことだからである。

「そのためにも、職場の成果に結び付く目標設定を達成するにはどのようなことが必要か、意欲の向上につながる目標設定はどのようにすればいいのかなど、職場の重点課題を具体化していきました。部下の目標として、できるだけ具体的に展開していくような内容を研修では扱っています」(人事部責任者)

このような取り組みを行うことによって、成果向上に向けたより具体的で、効果的な目標管理が日常的に回せるようになっていくというわけだ。

【目標設定に向けての流れ】

1.職場の重点課題と目標の設定
    ↓
2.部下へのブレークダウン
    ↓
3.部下の意欲を喚起する面談のあり方
    ↓
4.目標達成過程における進捗管理と支援方法

3)近年、注目を集めている研修(例)

その他、目的を明確にしたことで話題になった管理職研修を、以下にまとめる。

● 「職場の活性化」研修

管理職には、現場で日々発生する問題の解決が求められる。職場の活性化とは、そのような職場の集団面へとアプローチし、職場のプロセスや風土の問題を解決していくことである。「職場の活性化研修」では、職場内に存在する目に見えにくい問題を発見し、その解決を図ることによって、活力ある職場を実現し、職場の機能面と共同体的側面の両方を健全にしていくことに狙いを置く。

Photo

実際のプログラムは、「問題の発見と共有化」からスタートする。ここで、職場のあるべき姿を明らかにし、現場の状況を把握し、そのギャップである問題を把握する。その上で、「問題の明確化」を行う。原因を究明するとともに障害を予測し、問題のポイントを明確化する。そして、解決の対象とすべき課題や原因を選定する。その次が、「問題の解決策作り」だ。選定した課題(原因)解決のためのアイデアを考え、それらをもとに解決策を立案する。そして最後が、「問題解決策の準備・実施・評価」。問題解決策をスケジュール化し、実施に移っていく。一定期間後、結果を評価する。このプロセスを繰り返すことによって、活性化した職場を実現していくのである。

管理職にとって、自分の職場の現状は見えにくいので、研修では事前にメンバーからアンケート形式で取った職場診断などを使用することが多い。その職場診断の結果を見て、職場の状況を把握したり、管理職としての自らのマネジメント行動を振り返ったりすることで、問題解決の方法を探っていく。

●「コミュニケーション促進・動機づけ」研修

管理職は、部下を通じて職場の成果を向上させる役割を担う。部下とのコミュニケーションを促進することは、部下の目標達成行動を促すとともに、部下の指導・育成にも必要不可欠な行動である。また、部下を意欲的にするための動機づけにも、コミュニケーションの促進は欠かせない。昨今、部下に対するコミュニケーションの手段・アプローチが少ないと言われている管理職に対して、コミュニケーションの持つ重要性、効果・効用を体感させる内容で行うケースが多くなっている。

コミュニケーション研修の大きな特徴は、部下が自らの意志で自発的に考え、行動を起こす「内発的動機づけ」を大きな狙いとしていることである。コミュニケーションそれ自体は、管理職になる前から行ってきたものだが、研修の中で「内発的動機づけ」の本質と意味、効果・効用を知り、繰り返し学習することにより、日頃、部下に対するコミュニケーションを雑に行ってきたことを反省。あらためて、基本行動を確認することになる。

また、コミュニケーション研修では、「積極的傾聴」を中心に進めることが多く、話を聴くための具体的なスキルを学ぶ。さらに、「状況説明」や「発問」などのコミュニケーションスキルを学び、実際に活用していくことにより、部下の内発的動機づけの状態に近づけていくことを目指す

●「アセスメント受診」研修

管理職となって一定期間が過ぎると、どうしても自分の「強み・弱み」が見えていない管理職が出てくる。周囲や部下の意見を聞かず、独善に陥っているケースが少なくないのだ。こうした事態をなくすために、管理職としての節目節目に「アセスメント受診」を義務付け、行動転換の手掛かりを与えることを目的とした研修を行う企業が増えている。

アセスメントは外部機関を活用するケースがほとんどで、管理職に自らのマネジメント特性や強み・弱みを気付かせ、行動転換を促す。時期としては、就任5年目あたりで行うケースが多い。また、アセスメントに多く使われるのは「360度評価」。対象者の上司、同僚、部下、本人の自己認知により行う。多面的な評価を通じて、客観的に自己を振り返ることで、今後の行動改善や部下育成の一助となる。

しかし、単にアセスメント受診だけでは「気づき」にとどまることが少なくない。強く行動転換を促すためには、さらなる仕掛けを用意する必要がある。具体的には、アセスメントを行っての「強み・弱みの自己評価」に加えて、「グループメンバーとの気づき合いの場」→「強みを伸ばし、弱みを克服するための行動計画の立案」→「それらを受けてのマネジメント活動の見直し」といったレベルまで落とし込むことが必要である。さらに、研修後には「計画書を基にした上司との対話」を行うことによって、行動転換がより促されることになる。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よくわかる「マネジメント・管理職研修」講座

管理職が置かれた「現状」

管理職が置かれた「現状」

経営課題を現場レベルで状況判断し、対応できる管理職が求められている。しかし、実際の管理職の現状はどうだろうか。アンケートをもとに考察し、管理職・マネージャのおかれている課題を整理する。


管理職に求められる「役割」と「育成の方向」

管理職に求められる「役割」と「育成の方向」

経営課題を現場レベルで状況判断し、対応できる管理職が求められている。しかし、実際の管理職の現状はどうだろうか。アンケートをもとに考察し、管理職・マネージャのおかれている課題を整理する。


今、求められるマネジメント・管理職研修とは

今、求められるマネジメント・管理職研修とは

管理職に対する研修ニーズが高まっている一方で、管理職の多くがプレイングマネジャーであり、研修・育成の時間が持てないという矛盾した問題を抱えている。ここでは「あるべき姿」と「現状」のギャップを埋める管理職育成の取り組みを紹介する。


管理職研修に盛り込む「プログラム要件」

管理職研修に盛り込む「プログラム要件」

管理職研修に盛り込む「プログラム要件」を「管理職昇格時」と「既存の管理職研修」の2つの段階で整理する。


マネジメント・管理職研修をどう企画・実施するか

マネジメント・管理職研修をどう企画・実施するか

現在、変革期を迎えているマネジメント・管理職研修だが、研修を企画・実施する場合、どのような点を重視し、自社に合った内容を作成していけばいいのか。以下では、そのステップと留意点を整理していく。


最近のマネジメント・管理職研修の「事例」

最近のマネジメント・管理職研修の「事例」

求められる役割が多様化、複雑化している近年の管理職であるが、大切なのは自社の管理職に対して具体的に何を求め、何を目的とした研修を行うのかを明確にし、プログラムを企画することである。以下、目的を絞り込んだ管理職研修のケースを紹介する。


マネジメント・管理職研修の今後の課題

マネジメント・管理職研修の今後の課題

求められる「組織変革力」「次世代リーダー育成」への取り組みをまとめ、企業としてどのような支援体制が必要なのかを解説する。


テーマ別Index
研修・人材育成
社員研修を検討する際に押さえておきたい基本とノウハウ。研修の目的別に解説します。
社員研修・人材育成
新人研修・新入社員研修
マネジメント・管理職研修
モチベーション・組織活性化
グローバル人材育成
コーチング研修
コミュニケーション研修
営業・販売研修
eラーニング
採用
人事担当者のための採用ノウハウ。採用の目的別に、基本、準備、注意点まで網羅。
中途採用
人材紹介
アルバイト・パート採用
人材派遣
新卒採用
就職サイト
新卒紹介
新卒採用アウトソーシング
新卒採用コンサルティング
内定者フォロー
ソーシャルリクルーティング
適性検査
人事戦略・人事系IT
企業に不可欠な人事システム、人事制度を解説。この分野のトレンドも把握できます。
人事制度
人事システム
給与計算
給与計算代行
人事労務
テーマに特化した労務関係の取組みを解説。導入の際のヒントが見つかります。
ワーク・ライフ・バランス、働き方改革
福利厚生
社宅・社宅代行
コンプライアンス・企業倫理
メンタルヘルス
その他
それぞれ分野ごとに、基本からサービスを検討する際のポイントを詳しく説明します。
貸会議室・研修施設

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて<br />
~企業は何に取り組むべきなのか?

「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて
~企業は何に取り組むべきなのか?

近年、長時間労働の是正や育児支援制度の導入など、企業の「ワーク・ライフ...


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2017-秋-」を11/14(火)~22(水)に開催します。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

早稲田大学戦略研究センター教授の枝川義邦氏を講師に迎え、第11回会合を8/30(水)に開催。