企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

4. 人材派遣のメリット

人材派遣のメリット

派遣法が施行される以前から、実質的に人材派遣といえるサービスが活発であったことから考えても、派遣の活用は企業にとって大きなメリットがある。人材派遣は一種のアウトソーシングでもあり、組織の肥大化を防ぎながら効率のよい経営をめざしたい企業にとっては、もはや不可欠のサービスだ。本章では、そうした人材派遣のメリットを整理してみよう。

コストダウン

人材派遣料金は、一般的には直接雇用した従業員(正社員、契約社員、パート、アルバイト)に支払う給与よりも高めに設定されていることが多い。しかし、トータルに考えると派遣を利用した方がコストダウンにつながる。

1)採用・育成費用が不要

スーツ女性イメージ

人材派遣の場合、業務に必要な能力や経験を持ったスタッフを派遣してもらうのが基本だ。そのため、企業ごとに異なるローカルルール(細かい業務手順や機器の操作方法など)さえ覚えれば、その日からでも戦力になる。つまり、募集・選考・採用から教育・研修などにかかる諸経費、またそれに関わる社員の時間や業務負担といったコストを大幅に削減できる。

2)業務量の変動に対応

時期によって業務量が変動するという企業は多い。しかし、ピーク時にあわせて人員を整備するのは非常に無駄が大きい。こういった時には、人材派遣を活用することで大幅にコストダウンできる。必要な時に必要なだけのスタッフを派遣してもらえるのが人材派遣だから、繁忙期が終われば派遣契約も終了する。無駄のないオペレーションが可能だ。

3)決して高くない派遣料金

日給や月給に換算して比較すると割高に感じられる派遣料金だが、実はその中には直接雇用の場合にはあまり意識されないさまざまな経費が含まれている。各種社会保険料(会社負担分含む)や福利厚生費、交通費、賞与、退職金などだ。採用・教育費を削減できることも含めて考えれば、必ずしも割高とはいえない。

4)財務上は変動費に計上

人材派遣料はアウトソーシングと同様に外注費として変動費に計上できる。もちろん別途消費税がかかってくるが、それでも固定費を削減できるという財務上のメリットは大きい。

業務効率化

事業戦略を立てて実行する業務から、日々着実にこなすべき定型業務まで、企業にはさまざまなレベルの業務がある。人材派遣を活用すれば、それぞれに最適な人的リソースを投入でき、効率的な経営戦略が可能になる。

1)正社員をコア業務に集中させる

どんな企業にもある定型業務。書類作成や伝票処理など日常的で日々繰り返され、正確性も要求される業務だ。こうした定型業務には派遣スタッフが適している。いずれも類似した業務を過去に経験していることが多く、習熟しているからだ。定型業務を派遣スタッフにまかせることで、社員はより高度な判断や創造力を要求されるコア業務に専念できる。

2)実務ノウハウの導入にもなる

社内でこれまでにやったことがない業務を始めなくてはならない場合、わかる人がいないために意外と手間取ってしまうことがある。派遣スタッフは基本的に実務経験者なので、実務に必要な基本ノウハウを持っている。人材派遣を活用すれば、社員だけで試行錯誤しながら進めるよりも効率的にノウハウを導入できるという利点もある。

3)業務改善のきっかけとなる

派遣スタッフに仕事を引き継ぐ際には、どのような業務なのかを整理して、マニュアル化するといったプロセスが必要だ。この時に、これまで習慣的に行われてきた業務の無駄を発見できたり、改善のヒントが浮かび上がったりする。つまりBPRのきっかけになる。担当者にしかわからないといった属人性の排除にもなり、今後社内で業務を移管したりする場合にも効率化できる。

機動性な経営に貢献

企業間競争が激しさを増す今日、経営には何よりもスピードが要求されている。即戦力人材を短期間で確保できる人材派遣は、現代の機動的な経営にフィットしたサービスだ。

1)募集期間を短縮

新事業部や新拠点の開設、新店舗のオープンなど。立ち上げの準備に追われ、スタッフの募集や選考、教育などにまで手が回らないというケースでも、人材派遣ならば効率よく人員を確保することができる。一般的に募集をかける場合には、広告原稿の作成・確認といった段階から、入社手続きを経て実際の勤務開始までに、最短でも2週間程度は必要だろう。派遣の場合は人材さえいれば数日後からの稼働が可能だ。

2)欠員・休業者対応

病室イメージ

急な退職者や長期病欠などが出た場合、後任を手配するのは容易ではない。社内で異動するにしても他部署に負担をかけることになる。また、出産・育児・介護などの休業・休暇制度では社員の復職までの限定された期間のみ、業務を代行する人材が必要となる。

こうしたケースに人材派遣は最適であり、社員や取引先に負担をかけずに円滑に業務をまわすことができる。

その他のメリット

上記以外にも、人材派遣には以下のようなメリットがある。

1)採用難易度が高い業種・職種

直接雇用したくても、採用の難しい場合がある。不人気な業種や職種などの場合だ。しかし、派遣の場合は永続的に勤務するわけではないこともあって、そのあたりのハードルはやや低くなる。また、勤務時間や勤務日数が少ない業務の場合も正社員で採用するのは難しいが、派遣であれば正社員と同等のスキルを持つ人材を確保することも十分可能だ。

2)自社の改善点を発見できる

仕事イメージ

採用が難しい場合、あるいは離職者が多い場合など、社内の労働環境に何か課題があることも多い。しかし、自社ではなかなかそれに気づけない。

派遣会社の営業担当者は定期的に派遣スタッフをフォローしており、ヒアリングした課題点を派遣先企業へフィードバックしてくれる。それをきっかけに業務や職場環境を改善することで、自社の採用力・離職率の課題を解決することもできる。

人材派遣では対応が難しい業務

人材派遣には多くのメリットがあるが、同時に派遣では対応が難しい業務もある。派遣をベストの形で活用するためには、「どのような業務には向かないか」も知っておきたい。

1)コア業務

派遣スタッフはあくまでも社外のアウトソーサーであり、契約期間が限られた有期就業者である。従って基本的にコア業務を任せることはできない。派遣スタッフは実務経験が豊富なケースが多いので、特定の業務に関しては、自社の社員よりも詳しい場合もあるが、重要な仕事まで任せてしまうと、派遣期間が終わったあとにわかる者がいないといった事態も招きかねない。当然、愛社精神などを求めるべきではなく、担当業務をどれだけ正確にやってくれているかをしっかりと見ていきたい。

2)指示監督が十分でない業務

派遣法では、派遣先企業はスタッフの適正な就業を確保するために、事業所ごとに派遣先責任者、指揮命令者を選任しなくてならない(一人が兼任してもよい)。業務量や仕事の手順などが不明確な職場では、派遣スタッフは本来の役割を果たすことはできない。特に業務量の見積もりは重要で、予定より早めに仕事が終わってしまっても、契約期間を残して一方的に解約することはできない。これは派遣法でも定められているので注意が必要だ。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

よくわかる「人材派遣」講座

人材派遣とは

人材派遣とは

人材派遣の基礎知識から最新の人材派遣事情まで


人材派遣の「現状」

人材派遣の「現状」

進化・拡大の勢いは止まらず――。数字から読み解く人材派遣市場の動向


人材派遣の「歴史」

人材派遣の「歴史」

時代とともに刻々と変化してきた人材派遣業の歴史を振り返る


人材派遣をめぐる「法律」と「対応」

人材派遣をめぐる「法律」と「対応」

人材派遣は「禁止の例外」?労働者派遣法のあゆみと派遣労働者をめぐる環境


人材派遣の「戦略的活用」

人材派遣の「戦略的活用」

雇用の多角化が進む中、人材派遣を戦略的に利用するためのポイントをチェック


派遣開始と就業の実務

派遣開始と就業の実務

実際に派遣労働者を受け入れる際の実務と注意点をまとめた


派遣の終了・更新・解除の実務

派遣の終了・更新・解除の実務

スタッフの雇用安定措置にかかわる法律を把握した上で、講ずべき対応とは


人材派遣会社の選び方

人材派遣会社の選び方

特徴や専門性から見極める、パートナーに最適な人材派遣会社とは


派遣スタッフへの対応

派遣スタッフへの対応

派遣スタッフに気持ちよく働いてもらうために心掛けておくこと


テーマ別Index
研修・人材育成
社員研修を検討する際に押さえておきたい基本とノウハウ。研修の目的別に解説します。
社員研修・人材育成
新人研修・新入社員研修
マネジメント・管理職研修
モチベーション・組織活性化
グローバル人材育成
コーチング研修
コミュニケーション研修
営業・販売研修
eラーニング
採用
人事担当者のための採用ノウハウ。採用の目的別に、基本、準備、注意点まで網羅。
中途採用
人材紹介
アルバイト・パート採用
人材派遣
新卒採用
就職サイト
新卒紹介
新卒採用アウトソーシング
新卒採用コンサルティング
内定者フォロー
ソーシャルリクルーティング
適性検査
人事戦略・人事系IT
企業に不可欠な人事システム、人事制度を解説。この分野のトレンドも把握できます。
人事制度
人事システム
給与計算
給与計算代行
人事労務
テーマに特化した労務関係の取組みを解説。導入の際のヒントが見つかります。
ワーク・ライフ・バランス、働き方改革
福利厚生
社宅・社宅代行
コンプライアンス・企業倫理
メンタルヘルス
その他
それぞれ分野ごとに、基本からサービスを検討する際のポイントを詳しく説明します。
貸会議室・研修施設

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

記事アクセスランキング

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会