企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

コンプライアンス対策導入の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何のための法令遵守か

Photo

現代社会は企業にコンプライアンスを強く求めている。しかし、それを「行政から押しつけられたもの」と捉えたり、「他社もやっているから、うちだけやらないわけにいかない」と考えたりするのは、スタートから間違っていると言わざるをえない。コンプライアンスは企業経営のリスクを減らすものであり、同時に誠実で信頼される企業風土をつくる取り組みなのだ。それは企業の意思決定を速め、経営をぶれないものにする。つまり、成長のために欠かせない理念なのだ。まずは、経営者がそのことを十分に理解しなければ、コンプライアンス経営を進める意味はないと言えるだろう。

活用したい外部の専門家

ある程度の歴史のある企業、業界の場合、コンプライアンス違反を生みかねないような慣習が当然のことになっていて、なかなか自分たちでは気づかないというケースもある。また、中堅・中小企業などでは、コンプライアンスに関するノウハウを一から学ぶ余裕がない、人材がいないという場合も考えられる。そういった場合に活用したいのが、外部の専門家、専門企業だ。コンプライアンス導入を手助けしてくれるスペシャリストや専門サービスには以下のようなものがある。

  1. 弁護士、公認会計士、社会保険労務士、弁理士など
  2. コンプライアンス関連のコンサルタント会社
  3. コンプライアンス関連の研修会社
  4. 省庁・自治体などの公的窓口

特に、海外での事業展開に当たっては、現地の法令や社会習慣、文化などに対応しなくてはならず、日本国内で事前に調査や準備をすることに限界がある場合もある。そういったケースでは国際的に展開しているコンサルタント会社(監査法人系、弁護士事務所系)などと提携するのがもっとも近道といえる。

継続的な取り組みが不可欠

Photo

何度も繰り返してきたことだが、コンプライアンス体制は一度システムをつくればそれで目的が達成されるというものではない。少しでも気を緩めると、目先の利益のために法令や倫理を軽視する考え方がすぐに芽を出すと考えておかなくてはならない。

従業員へのコンプライアンス研修がより早い時期から継続的に行ってきた企業ほど、その効果を実感する割合が高いというデータもある。コンプライアンスは、まさに不断の取り組みによってのみ成果をあげられるテーマなのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よくわかる「コンプライアンス・企業倫理」講座

コンプライアンスとは

コンプライアンスとは

近年、あらゆる企業にコンプライアンスへの適正な対応が求められている。企業倫理のあり方が注目されるようになった背景とは?


コーポレートガバナンスにおけるコンプライアンス

コーポレートガバナンスにおけるコンプライアンス

コンプライアンス推進に不可欠な「企業の社会的責任」とはどのようなものか。企業価値を高めるための取組みを探る。


コンプライアンス経営とは

コンプライアンス経営とは

2000年以降、コンプライアンスが重視されるようになったのはなぜか。コンプライアンス経営への具体的なアプローチとそのメリットについて探る。


コンプライアンス違反から生じる影響

コンプライアンス違反から生じる影響

コンプライアンス違反はどのような場合に起きるのか。企業が受けるダメージとは?実際に起こり得るリスクをまとめた。


コンプライアンスの実務(1)組織

コンプライアンスの実務(1)組織

コンプライアンスを推進していくために重要となる実務のポイントを詳しく説明する


コンプライアンスの実務(2)制度・施策

コンプライアンスの実務(2)制度・施策

コンプライアンス体制作りの出発点となる基本方針(社内ルール)の策定の手順と実践についてのアドバイス


コンプライアンスの実務(3)運用・ノウハウ

コンプライアンスの実務(3)運用・ノウハウ

社内でコンプライアンス文書作成・管理する際の注意点と外部人材の活用、行政・警察への対応など、具体的なノウハウを紹介する


コンプライアンスの実務(4)法律対応

コンプライアンスの実務(4)法律対応

コンプライアンスに関わる法律にはどんなものがあるのか。ここでは10の法律について、個別に詳しく解説する。


コンプライアンス対策における今後の課題

コンプライアンス対策における今後の課題

コンプライアンスの推進に欠かせない経営トップのリーダーシップとは?グローバル化を見据えた企業倫理の確立を目指して。


テーマ別Index
研修・人材育成
社員研修を検討する際に押さえておきたい基本とノウハウ。研修の目的別に解説します。
社員研修・人材育成
新人研修・新入社員研修
マネジメント・管理職研修
モチベーション・組織活性化
グローバル人材育成
コーチング研修
コミュニケーション研修
営業・販売研修
eラーニング
採用
人事担当者のための採用ノウハウ。採用の目的別に、基本、準備、注意点まで網羅。
中途採用
人材紹介
アルバイト・パート採用
人材派遣
新卒採用
就職サイト
新卒紹介
新卒採用アウトソーシング
新卒採用コンサルティング
内定者フォロー
ソーシャルリクルーティング
適性検査
人事戦略・人事系IT
企業に不可欠な人事システム、人事制度を解説。この分野のトレンドも把握できます。
人事制度
人事システム
給与計算
給与計算代行
人事労務
テーマに特化した労務関係の取組みを解説。導入の際のヒントが見つかります。
ワーク・ライフ・バランス、働き方改革
福利厚生
社宅・社宅代行
コンプライアンス・企業倫理
メンタルヘルス
その他
それぞれ分野ごとに、基本からサービスを検討する際のポイントを詳しく説明します。
貸会議室・研修施設

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」<br />
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

グローバル化やIT化が加速するなか、ビジネスを取り巻く環境が今大きく変...


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019-春-」を5/9・14・15・16・17・23・24に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会