企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

コンプライアンスの実務(4)法律対応

1)会社法

会社法に定められている手続きの遵守がリスク管理につながる

コンプライアンスの実務(4)法律対応

会社法は、文字通り会社を対象とした、会社経営の基本となる法律である。会社の設立、組織、運営、管理一般について定めており、会社法に基づく内部統制の基礎を固めるために、株主、取締役、監査役は、それぞれの地位に応じた権利、権限、義務を強く認識し、責務を果たすことが求められる。例えば役員は会社に対して善管注意義務を負い、その任務遂行について厳しい責任が問われる。また、経営者は企業価値を高めるため、コンプライアンスの推進によって不祥事に伴う企業価値の毀損(きそん)によるマイナスを防ぎ、信頼性の向上させていくことが期待されている。いずれにしても、会社の基本的な枠組みを理解し、会社法に定められているさまざまな手続きを遵守すること自体が、コンプライアンス経営における会社のリスク管理につながるのである。

2)金融商品取引法

インサイダー取引の規制には、特に注意する必要が

金融商品取引法は、投資しやすい市場機能の確保と金融・資本市場の国際化への対応を図ることなどを目指して、法整備を行ったものである。上場会社にとっては会社法と並んで重要な法律であり、株式・社債などの取引や、コーポレートガバナンスなどに大きな影響を及ぼしている。金融商品取引法に関連するリスクには、以下のようなものがある。

【金融商品取引法におけるリスク】
役員や従業員が、インサイダー取引規制に反して、自社株の売買をしてしまう
役員などが、自社株の売買を勝手に行って、その適切な報告がなされない
公開買付に関する情報が漏えいし、それを先回りした株式売買が行われる
有価証券報告書等に誤った事実を記載してしまう

中でも不公正取引の典型であるインサイダー取引の規制に関しては、注意が必要だ。インサイダー取引規制は、株でもうけたかどうか、利益を得る目的があったかどうか、重要事実の入手と利益の間に因果関係があったかどうかは関係ない。問題となりそうな取引を行う場合は、事前にインサイダー取引違反にならないかどうかを相談できる体制を整備しておくことが望ましい。

インサイダー取引などのリスクを起こさないためにも、金融商品取引法に対するコンプライアンス・プログラムには、次のような内容を盛り込むことである。またこの内容については、他の法律でも同様に行うべきコンテンツと言える。

【金融商品取引法:コンプライアンス・プログラムに盛り込む内容】
金融商品取引法遵守の宣言
従業員のための金融商品取引法遵守マニュアルの作成・配布
従業員に対する金融商品取引法遵守教育・研修
金融商品取引法についての遵守状況のチェック体制
金融商品取引法に関するトラブルなどに関する苦情対応窓口の設置とその対応
将来に渡って金融商品取引法コンプライアンス・プログラムの見直しを図っていく体制

3)消費者保護法

今後も、新手の悪徳商法が現れるたびに規制が強化される

消費者保護法関連では、さまざまな法律が整備されている。消費者を直接相手とする全ての企業に適用される消費者契約法をはじめ、メーカーならPL法、流通業なら特定商取引法、割賦販売法などの法令が重要である。その他にも金融商品販売法、特定商取引法など、販売商品や販売方法に応じた規制もある。これら消費者保護法は、悪徳商法などへの対応を目的に次々に設けられ、多くの改正が繰り返されてきており、今後も規制が強化されていくと思われる。所轄官庁の消費者庁のウェブサイトでは、これらの法律に関する情報を随時発信しているので、適宜、フォローすることだ。なお、消費者保護法に関連するリスクには、以下のような事項が挙げられる。

【消費者保護法におけるリスク】
顧客から説明義務が不十分だとして、説明義務違反で契約の効力を否認されたり、不法行為で訴えられる
必要な文書交付や情報開示をしないために、特定商取引法などの法令に違反する
製品の安全性やその表示に欠陥があって、消費者に損害を与える
事故・問題が起きた時に適切な対応ができず、消費者からのクレームに対して強圧的に対応するなどして、深刻なトラブルに陥ってしまう

4)独占禁止法・不正競争防止法

公正な競争を確保するための法律がなぜ重要なのか、正しく認識させる

独占禁止法や不正競争防止法に関連するリスクとして、以下のような事項が挙げられる。独占禁止法などの公正な競争を確保するための法律については、長年の慣習や企業風土から、軽視されがちな側面もあるため、従業員全員に対して、なぜ重要なのか正しく認識をさせることが必要である。

さらに、日系企業では海外でのリスクが伴う。近年、外国における競争法違反による摘発で、巨額な罰金や制裁金が科されたり、その役員・従業員が刑事罰を受ける事件に巻き込まれるケースが相次いでいる。主要国の競争法と日本の独占禁止法は、談合禁止をはじめとして共通点も多いので、まずは独占禁止法の遵守が海外での競争法違反に問われないための基本となるだろう。

【独占禁止法・不正競争防止法におけるリスク】
業界の慣習などに従い、談合に参加してしまう
優越的な立場を利用して、営業部門などが独占禁止法違反となるような不公正な取引方法を用いる
公正競争規約に違反する不当な表示を広告などに掲載してしまう
不当競争防止法に反する方法で、営業活動を行う
不公正な取引があったと申告され、公正取引委員会の調査を受けた際、適切な対応ができない
独占禁止法違反で課徴金や民事賠償責任を科せられる

5)知的財産法

知的財産の使用に対しては、相当の対価の支払いが必要

知的財産権の侵害は、民事・刑事の両責任を発生させる。また、海外からの知的財産権侵害物品は、関税定率法により、輸入禁制品として税関での取り締まりの対象となる。知的財産権法は改正を重ねて、効力が強化されており、知的財産の使用に対しては、相当の対価の支払いが必要となると同時に、その取扱いには細心の注意が求められることを忘れてはならない。

一方で、自社の権利をしっかりと守ることも大切だ。自らの権利を守るために、特許、実用新案、商標、意匠などの保護されるべき権利は、必要に応じて権利を確保する必要がある。そして、他社の権利侵害に対して権利行使をしなければ自社の権利も弱くなるため、しっかりと管理することが求められる。また、自社の権利であることを明確にすることは、他社からの権利主張に対する対策ともなるのだ。知的財産権法に関するリスクとしては、以下のような事項が挙げられる。

【知的財産権法におけるリスク】
知的財産権を登録していなために他社に登録され、クレームを受けたり、使えなくなったりする
他社の知的財産権を無断で使用してしまう
他社の知的財産権侵害があるとの指摘に対して、適切に対応できない
自社が使うソフトウエアが違法コピーであるとして、摘発される

6)情報管理・個人情報保護法

情報管理体制を整備し、情報セキュリティーを強化する

会社の情報管理は内部統制システムの一環として、重要な課題である。特に近年は、個人情報保護法の改正やマイナンバー制度の施行の影響で、個人情報についての関心も高まり、企業には顧客の個人情報やプライバシーを尊重し、適正に管理する体制が欠かせなくなった。情報の保管場所、保管期間、アクセス方法、アクセス権限、廃棄方法などの管理基準を定めた情報保存管理規程、文書管理規程などを設け、情報管理責任者を設置することが重要である。今後も、内部統制における情報セキュリティーを強化は、継続的に行わねばならない。情報管理に関するリスクとしては、以下のような事項が挙げられる。

【情報管理におけるリスク】
顧客情報や営業秘密などが外部に漏れたり、競争相手に渡ってしまう
自社で管理している顧客情報などの個人情報が、名簿業者等の手に渡ってしまう
他社からの発明、企画等の売り込みに対して、不用意な対応をしてしまう
他社のノウハウや知的財産的情報を違法に侵害したとクレームを受ける

7)労働法

労働者保護の法令遵守は、有能な人材確保のためにも重要

労働法違反は、従業員のモチベーションやモラルを低下させ、ひいては顧客へのサービス低下、場合によっては安全を危機にさらすおそれがある。逆に、企業が雇用責任を自覚し、労働者に対して尊厳をもって待遇を行い、公平で公正な報酬を与えれば、生産性も向上し、使用者に対するロイヤルティーも高まる。このような姿勢は企業イメージの向上に寄与し、有能な人材の確保にも有効だ。

世界的には「労働における基本的原則及び権利に関するILO宣言」が労働者保護の基本的な考え方を示すものとして知られているが、日本でも男女共同参画社内基本法、男女共同参画政策によって、あらゆる組織レベルでジェンダーバランスを図ることが求められるようになった。また、ワークライフバランスや女性の能力開発(ポジティブアクションなど)への取り組み、外国人や幅広い世代の人々を受け入れ、差別を排し、相互の人格を尊重するダイバーシティマネジメントなどはますます重要になるだろう。

一方、セクハラ、パワハラなどさまざまなハラスメントが問題となっている。各種のストレスやメンタルヘルス問題がハラスメントを誘発していることもあり、生産性向上の観点からも、ハラスメント問題を起こさないような体制を整備することが必要だ。ハラスメントの申し立てがされた場合には、しっかりとした事実調査と十分な配慮が求められるのは言うまでもない。

また、企業は労働基準法が定める「最低基準」の遵守はもちろん、従業員の労働環境の安全配慮義務なども負っている。近年、従業員との労使紛争は増加傾向にあり、労働審判も利用しやすいので紛争リスクは高まっている。その意味でも、労働法を遵守する姿勢が、企業には強く求められる。

8)税法

脱税や大きな申告漏れは、社会的なイメージダウンになる

税法に関連するリスクとして、以下のような事項が上げられる。当然のことながら、国税庁も税収確保に力を入れており、最近の税制改革ではコンプライアンスに向けた制度の整備が進んでいる。国税庁レポートで示されているコンプライアンスは、「納税者が高い納税意識を持ち、法律に定められた納税義務を自発的にかつ適正に履行すること」と定義されている。国税庁は、的確な指導や調査を実施して、誤りを確実に是正する活動を通して、コンプライアンスを維持・向上し、内国税に適正かつ公平な賦課・徴収の実現を図っている。また、脱税は摘発のされやすい領域であり、コンプライアンスの基本的な重視事項として位置付ける必要があるだろう。何より、脱税や大きな申告漏れは社会的なイメージダウンになる。

【税法におけるリスク】
経費の水増しに不正が絡む
税務当局との見解に相違が生じる
税務調査において、合理的な説明ができないなど適切な対応ができない
税法違反で加算税や刑罰が科される

9)環境規制

法令などの改正が頻繁に行われるので、担当責任者を定めて的確に対応できる体制を取る

近年、環境問題は地球規模で深刻化している。環境規制対応は不可欠だが、さらに高いレベルでの対策を講じることは、企業イメージを高めるためにも重要である。ただ環境規制に関しては、法令等の改正が頻繁に行われ、法規制もかなり複雑で細かな対応が求められるので、担当責任者を定めて、的確に対応できる体制を取ることが必要だ。それぞれの業界に応じた専門的な対応が行われるのは当然だが、一般的な不動産取引などでも環境規制をチェックする必要がある。

なお、環境規制に関しては、「環境と開発に関するリオ宣言」が世界の基本的な考え方を示している。環境問題は公害防止といったことに限らず、乱開発を抑制し、生物多様性にも配慮する姿勢が重要だ。特にグローバル展開を図っている大企業では、国際的な水準を視野に入れて対応していくことが期待される。加えて先進的な企業では、環境問題に対応するため、省エネや省資源の製品を開発・提供するだけでなく、環境への総負荷の低下を目指すなどの取り組みを強化し、環境報告書を公表していくことも期待されている。

10)外国法

グローバル展開で高まるリスク

グローバル展開が進んでいる昨今では、外国法違反を犯すと、企業に大きなダメージを与えることになる。特に法的リスクの高いアメリカでは、日本とは比較にならない重い罰金を科されるおそれがある。それは、国内でしか製造・販売していない企業においても他人事ではない。例えば、自社の製造する部品が組み込まれた製品が、海外に輸出されれば国内での部品カルテルが海外の競争法の適用を受ける可能性があるからだ。事実、欧米を中心に反贈収賄・反カルテルの要求は極めて厳しくなっており、取り締まりが強化されている。このような点からも、海外と何らかの取引関係を持つ企業は、国内法令だけではなく、海外の法令にも注意を払った対応が求められる。とにかく欧米各国は腐敗防止に対して厳しい姿勢で臨んでいるため、多国籍企業では贈収賄等が起きないようコンプライアンス・内部統制には相当な注意を払っている。今後は日本企業でも、欧米企業並みの対応にレベルを上げていく必要に迫られることが予測される。

【外国法におけるリスク】
外国法違反によって掲示訴追を受け、業務停止を命じられるなど、当該外国市場から追放される
取引先とのトラブルで外国法違反を指摘され、的確に対応できない
国内の問題しか想定していなかったが、外国で訴訟が起こされる
外国での法的手続きに対応するために、日本では考えられないほどの法外なリーガルコストが生じる
日本での行為について、外国法を適用される

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

よくわかる「コンプライアンス・企業倫理」講座

コンプライアンスとは

コンプライアンスとは

近年、あらゆる企業にコンプライアンスへの適正な対応が求められている。企業倫理のあり方が注目されるようになった背景とは?


コーポレートガバナンスにおけるコンプライアンス

コーポレートガバナンスにおけるコンプライアンス

コンプライアンス推進に不可欠な「企業の社会的責任」とはどのようなものか。企業価値を高めるための取組みを探る。


コンプライアンス経営とは

コンプライアンス経営とは

2000年以降、コンプライアンスが重視されるようになったのはなぜか。コンプライアンス経営への具体的なアプローチとそのメリットについて探る。


コンプライアンス違反から生じる影響

コンプライアンス違反から生じる影響

コンプライアンス違反はどのような場合に起きるのか。企業が受けるダメージとは?実際に起こり得るリスクをまとめた。


コンプライアンスの実務(1)組織

コンプライアンスの実務(1)組織

コンプライアンスを推進していくために重要となる実務のポイントを詳しく説明する


コンプライアンスの実務(2)制度・施策

コンプライアンスの実務(2)制度・施策

コンプライアンス体制作りの出発点となる基本方針(社内ルール)の策定の手順と実践についてのアドバイス


コンプライアンスの実務(3)運用・ノウハウ

コンプライアンスの実務(3)運用・ノウハウ

社内でコンプライアンス文書作成・管理する際の注意点と外部人材の活用、行政・警察への対応など、具体的なノウハウを紹介する


コンプライアンスの実務(4)法律対応

コンプライアンスの実務(4)法律対応

コンプライアンスに関わる法律にはどんなものがあるのか。ここでは10の法律について、個別に詳しく解説する。


コンプライアンス対策における今後の課題

コンプライアンス対策における今後の課題

コンプライアンスの推進に欠かせない経営トップのリーダーシップとは?グローバル化を見据えた企業倫理の確立を目指して。


テーマ別Index
研修・人材育成
社員研修を検討する際に押さえておきたい基本とノウハウ。研修の目的別に解説します。
社員研修・人材育成
新人研修・新入社員研修
マネジメント・管理職研修
モチベーション・組織活性化
グローバル人材育成
コーチング研修
コミュニケーション研修
営業・販売研修
eラーニング
採用
人事担当者のための採用ノウハウ。採用の目的別に、基本、準備、注意点まで網羅。
中途採用
人材紹介
アルバイト・パート採用
人材派遣
新卒採用
就職サイト
新卒紹介
新卒採用アウトソーシング
新卒採用コンサルティング
内定者フォロー
ソーシャルリクルーティング
適性検査
人事戦略・人事系IT
企業に不可欠な人事システム、人事制度を解説。この分野のトレンドも把握できます。
人事制度
人事システム
給与計算
給与計算代行
人事労務
テーマに特化した労務関係の取組みを解説。導入の際のヒントが見つかります。
ワーク・ライフ・バランス、働き方改革
福利厚生
社宅・社宅代行
コンプライアンス・企業倫理
メンタルヘルス
その他
それぞれ分野ごとに、基本からサービスを検討する際のポイントを詳しく説明します。
貸会議室・研修施設

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

事務職派遣を検討中の担当者様へ

記事アクセスランキング

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて<br />
~企業は何に取り組むべきなのか?

「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて
~企業は何に取り組むべきなのか?

近年、長時間労働の是正や育児支援制度の導入など、企業の「ワーク・ライフ...


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。<全講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会