企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

コーポレートガバナンスにおけるコンプライアンス

1)求められるガバナンスの強化

CSR(企業の社会的責任)が奨励される

コーポレートガバナンスにおけるコンプライアンス

コーポレートガバナンス(企業統治)では、経済的な効率性や業績の向上と、健全かつ適正な業務の運営(コンプライアンス)の双方が求められる。両者の機能は補完関係にあり、一方でも十分に機能しなければ、企業の持続的成長は望めない。つまり、コンプライアンスは、ガバナンスの目的なのである。そして、コンプライアンスを推進していくために、経済界も企業の社会的責任(CSR)への取り組みを奨励している。企業は、その組織活動が社会に与える影響に対して責任を持ち、あらゆる「ステークホルダー(利害関係者)」からの要求に対して、適切な意思決定を行う必要がある。短期的、近視眼的な経営姿勢では、持続的な企業の成長・発展は期待できないからだ。

このような背景から、ガバナンスの向上を目指すために、2015年3月に「コーポレートガバナンス・コードの策定に関する有識者会議」が「コーポレートガバナンス・コード原案」(CGコード)を公表、同年6月より上場企業に適用されることになった。CGコードの求める規範には、説明や開示が求められており、経営戦略の観点からも、企業に対する社会的な要請、CSRや業界の健全な慣行、企業倫理などを十分に踏まえたガバナンスの強化が不可欠となっている。

また、CGコードには副題として「企業の持続的成長と中長期的な企業価値の向上のために」と記してある。この副題は、前提として「ステークホルダー理論」を踏まえている以上、株主に対する受託者責任だけではなく、企業倫理やCSRを求めているのは明らかだ。「ステークホルダー理論」とは、消費者、顧客、従業員、取引先、地域社会など、幅広い関係者に配慮した経営を求めるもの。事業目的を実現するためには、さまざまなステークホルダーに対する配慮を欠かすことができないのである。

2)コンプライアンスのレベル

「ソフトロー」にも目を向ける

法令やルールは必ずしも万全なものではなく、解釈によってはグレーゾーンが存在する。企業倫理の問題と法律問題の境界線も曖昧であり、不祥事が起きた際に「法令違反はしていない」「ルール通りに行っている」といくら弁明しても、倫理に反する行為が法律問題に発展するリスクは高い。そこで大切なのが、法令の行間や「ソフトロー(非拘束的合意)」に目を向けることだ。ソフトローとは、法的強制力はないが現実の経済社会において、国や企業が何らかの拘束感を持って従っている規範で、業界の自主規制や官公庁のガイドラインなどが当てはまる。その規範は多様な価値観から導かれることを踏まえて、検討する必要があるだろう。

その際に求められるのは、企業社会における倫理である。法例に定めがないとの理由による企業倫理にもとる行動は、法律の不備による抜け穴を突く脱法行為。「訴えられなければ構わない」「見つからなければ構わない」といった違法行動では、広く社会からの信用を失い、マーケットから排除されることになってしまう。

もちろん企業社会のルールは多岐にわたり、複雑な側面があるが、社会的な要請に合致したものであるかどうかを配慮するのは当然のことだ。

3)コンプライアンスのもたらす効果

企業価値を高める取り組み

コンプライアンス体制を社内に構築し、適正に運用できている企業は、コーポレートガバナンスの観点から見て優れた企業だと評価される。そのため、コンプライアンスを「企業価値を高める取り組み」と捉える企業が増えてきた。その結果、消費者や取引先から信頼を得ることになり、業績や企業のブランド価値、従業員のモラル、採用競争力などが高まり、株価も安定する。また、法律違反が起きにくい組織風土が形成されることによって、違反の有無をチェックする業務プロセス(管理コスト)も削減できる。経営の原理原則が明確化されることで、意思決定のスピードアップも期待できる。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

よくわかる「コンプライアンス・企業倫理」講座

コンプライアンスとは

コンプライアンスとは

近年、あらゆる企業にコンプライアンスへの適正な対応が求められている。企業倫理のあり方が注目されるようになった背景とは?


コーポレートガバナンスにおけるコンプライアンス

コーポレートガバナンスにおけるコンプライアンス

コンプライアンス推進に不可欠な「企業の社会的責任」とはどのようなものか。企業価値を高めるための取組みを探る。


コンプライアンス経営とは

コンプライアンス経営とは

2000年以降、コンプライアンスが重視されるようになったのはなぜか。コンプライアンス経営への具体的なアプローチとそのメリットについて探る。


コンプライアンス違反から生じる影響

コンプライアンス違反から生じる影響

コンプライアンス違反はどのような場合に起きるのか。企業が受けるダメージとは?実際に起こり得るリスクをまとめた。


コンプライアンスの実務(1)組織

コンプライアンスの実務(1)組織

コンプライアンスを推進していくために重要となる実務のポイントを詳しく説明する


コンプライアンスの実務(2)制度・施策

コンプライアンスの実務(2)制度・施策

コンプライアンス体制作りの出発点となる基本方針(社内ルール)の策定の手順と実践についてのアドバイス


コンプライアンスの実務(3)運用・ノウハウ

コンプライアンスの実務(3)運用・ノウハウ

社内でコンプライアンス文書作成・管理する際の注意点と外部人材の活用、行政・警察への対応など、具体的なノウハウを紹介する


コンプライアンスの実務(4)法律対応

コンプライアンスの実務(4)法律対応

コンプライアンスに関わる法律にはどんなものがあるのか。ここでは10の法律について、個別に詳しく解説する。


コンプライアンス対策における今後の課題

コンプライアンス対策における今後の課題

コンプライアンスの推進に欠かせない経営トップのリーダーシップとは?グローバル化を見据えた企業倫理の確立を目指して。


テーマ別Index
研修・人材育成
社員研修を検討する際に押さえておきたい基本とノウハウ。研修の目的別に解説します。
社員研修・人材育成
新人研修・新入社員研修
マネジメント・管理職研修
モチベーション・組織活性化
グローバル人材育成
コーチング研修
コミュニケーション研修
営業・販売研修
eラーニング
採用
人事担当者のための採用ノウハウ。採用の目的別に、基本、準備、注意点まで網羅。
中途採用
人材紹介
アルバイト・パート採用
人材派遣
新卒採用
就職サイト
新卒紹介
新卒採用アウトソーシング
新卒採用コンサルティング
内定者フォロー
ソーシャルリクルーティング
適性検査
人事戦略・人事系IT
企業に不可欠な人事システム、人事制度を解説。この分野のトレンドも把握できます。
人事制度
人事システム
給与計算
給与計算代行
人事労務
テーマに特化した労務関係の取組みを解説。導入の際のヒントが見つかります。
ワーク・ライフ・バランス、働き方改革
福利厚生
社宅・社宅代行
コンプライアンス・企業倫理
メンタルヘルス
その他
それぞれ分野ごとに、基本からサービスを検討する際のポイントを詳しく説明します。
貸会議室・研修施設

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

記事アクセスランキング

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート<br />
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

昨今の激変する経済環境に企業が対応していくためには、人事業務の「効率化...


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。<全講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会