企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

1. コーチング研修とは

コーチングとは、自分で問題を考え、解決する方法を養う手法

イメージ最初に、コーチングとは何なのかを整理しておく。コーチングとは、コーチとのコミュニケーションを通じて、「個性や特質およびモチベーションを引き出し、本人自身のゴール実現に向けて、自発的行動を促す人間技術」と言うことができる。そこには、「問題解決の答えは本人が持っている」という人間尊重の考え方がベースにある。

組織では、主体的に動くことのできる人材がどれだけいるかが重要である。コーチングの狙いは、部下が目標を達成するための手段を、自ら引き出すことができるように支援すること(目標達成のためのサポート)にある。つまり、コーチング研修とは、部下がその気になり、意欲的に動くように促すためのスキルを習得するための研修なのだ。部下と一緒になって目標を設定し、達成へのステップを見守り、要所に応じて助言を与えていくためにはどうすればいいのか、そのスキルを学んでいくのである。

コーチング研修の目的

コーチング研修には、以下のような目的がある。

  • 部下の能力やスキルを伸ばしながら、指導していくために有効な「コーチング手法・スキル」を習得してもらうため
    • ~従来の指導方法(トレーニング)との違いを知る(*)
    • ~指導するのではなく、相手の話を聴きながら、質問によって相手の気づきを促すこと
  • 管理職として必要な「コミュニケーション・スキル」を向上していくため
  • 組織に求められている「自律型人材」を育成するための、有効な手段を身に付けてもらうため
  • 習得した「コーチング手法・スキル」を、実践で生かしてもらうため

コーチングとトレーニングとの違い

【トレーニング】

トレーニングは、何をするのかをはっきりと示した上で、良い点や改善すべき点を伝えながら、必要なことを確実に身に付けさせるものである。指導する側が、良い・悪い、うまくいっている・うまくいっていないの判断を行い、改善方法を教えていく。

【コーチング】

一方、コーチングは、答えは上司が教えるものではなく、本人が持っているものだと信じ、何をすればいいのか、どのように改善するのかを、質問などを通して、本人が自分自身で考えて自律的に行動していくものである。コーチは良い・悪いの判断は行わず、質問を投げ掛けてコミュニケーションを取ることで、本人自身に気づかせていく。

新入社員研修など、基本動作を早く身に付けることが必要な場合は、トレーニングが有効だろう。しかし、自律型人材が求められている現在では、新入社員の育成でも、トレーニングとコーチングをうまく組み合わせ、効果的に行うことが期待されている。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よくわかる「コーチング研修」講座

1. コーチング研修とは

1. コーチング研修とは

コーチング研修とは、部下がその気になり、意欲的に動くように促すためのスキルを習得するための研修だ。マネジャーが、部下と一緒に目標を設定し、達成へのステップを見守り、要所に応じて助言を与えていくコーチングスキルを身につけることで、人材が主体的に動く強い組織をつくりあげる。


2. コーチングをめぐる近年の傾向

2. コーチングをめぐる近年の傾向

コーチングが日本に紹介され、10年以上が経過した。今では職場の上司・部下との関係構築、コミュニケーションの改善、気づきや能力開発の手法・手段として、多くの企業で導入されている。企業風土にもたらしたメリット・デメリットを整理し、近年のコーチング研修の特徴を見ていく。


3. コーチング研修の種類と内容

3. コーチング研修の種類と内容

コーチング研修とは、部下がその気になり、意欲的に動くように促すためのスキルを習得するための研修だ。マネジャーが、部下と一緒に目標を設定し、達成へのステップを見守り、要所に応じて助言を与えていくコーチングスキルを身につけることで、人材が主体的に動く強い組織をつくりあげる。


4. コーチング研修のプログラム例

4. コーチング研修のプログラム例

コーチング研修の中で、「目標管理面談」「同行営業」「マネジャー層向け」「グループコーチング」など、課題別(目的別)に行われているいくつかのプログラムを紹介していく。


5. コーチング研修の企画・導入のポイント

5. コーチング研修の企画・導入のポイント

効果的なコーチング研修を実施するためには企画・導入でそれぞれ押さえておきたいポイントがある。ここでは5つに絞って解説する。


テーマ別Index
研修・人材育成
社員研修を検討する際に押さえておきたい基本とノウハウ。研修の目的別に解説します。
社員研修・人材育成
新人研修・新入社員研修
マネジメント・管理職研修
モチベーション・組織活性化
グローバル人材育成
コーチング研修
コミュニケーション研修
営業・販売研修
eラーニング
採用
人事担当者のための採用ノウハウ。採用の目的別に、基本、準備、注意点まで網羅。
中途採用
人材紹介
アルバイト・パート採用
人材派遣
新卒採用
就職サイト
新卒紹介
新卒採用アウトソーシング
新卒採用コンサルティング
内定者フォロー
ソーシャルリクルーティング
適性検査
人事戦略・人事系IT
企業に不可欠な人事システム、人事制度を解説。この分野のトレンドも把握できます。
人事制度
人事システム
給与計算
給与計算代行
人事労務
テーマに特化した労務関係の取組みを解説。導入の際のヒントが見つかります。
ワーク・ライフ・バランス、働き方改革
福利厚生
社宅・社宅代行
コンプライアンス・企業倫理
メンタルヘルス
その他
それぞれ分野ごとに、基本からサービスを検討する際のポイントを詳しく説明します。
貸会議室・研修施設

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

就活図書館 Indeedオンラインセミナー

注目コンテンツ


管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。



2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?
new

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2018-春-」を5/9・15・16・17・18・21・22に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

第12回会合として、人事リーダーによる座談会を2/2(金)に開催。