企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

6. 社宅代行サービス導入のポイント

社宅代行サービス導入のポイント

得意分野と得意エリアで選ぶ

社宅代行サービス営業イメージ

社宅代行サービスを導入する際は、まずどのようなサービスを期待しているのかを明確にしておく必要がある。大きく違うのは、社有社宅か借り上げ社宅か、あるいはその両方かということだろう。

その上で、社宅代行サービス事業者の得意分野と得意エリアを十分に考慮しながら見積もりをとっていく。全国展開している企業ならば、当然全国に事業所を持ち対応している事業者を利用する方がよいだろう。地域ごとに違う社宅代行サービスを利用するという選択肢もあるが、窓口を一本化できることもアウトソーシングのメリットの一つなので、できるだけ広いエリアをカバーできる事業者に任せた方が、業務の効率化につながる。

社宅代行サービスを利用が有効な規模

社内の人事・総務系のマンパワーが不足している場合、または不動産契約に関わるノウハウがまったくない場合などには、社宅の戸数が少なくても社宅代行サービスを利用する意味がある。一般的には、借り上げ社宅の場合で戸数100戸以上になると、明らかにアウトソーシングの方が効率的になるといわれている。

重視したい手数料と業務精度のバランス

社宅代行サービスの業務には不動産の専門知識を持つ人材が欠かせないことから、このサービスを行う事業者は、もともと不動産関係の実績のある企業が多い。不動産賃貸業、不動産仲介業などの企業が社宅代行サービス専門の部門や別会社をつくって営業しているケースが中心となる。インターネット上でもさまざまなサービスを簡単に見つけることが出来るので、候補になる事業者と接触するのはそう難しくはない。

書類ファイリングイメージ

任せたい業務分野で実績があるかどうか、必要なエリアをカバーしているかどうかに加えて、重視したいのは手数料と業務精度のバランスだろう。手数料はもちろん安い方がよいが、費用面だけでなく営業担当の対応の速さ、必要な業務を期日までに確実にこなしてくれるかどうかがポイントになる。

特に転勤対応の社宅の場合、異動が決まって新しい職場で働き始めるまでの限られた日数に引越しなども終えなくてはならない。繁忙期にスピーディーに業務をこなせる事務処理能力やマンパワーがあるかどうかが大きなカギになる。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

よくわかる「社宅・社宅代行」講座

1. 社宅とは

1. 社宅とは

企業にとっての社宅の種類を、導入する目的と保有形態により分類する。また、企業が社宅家賃を負担する場合、給与として課税対象になる閾値についても触れる。


2. 社宅の歴史とニーズの移り変わり

2. 社宅の歴史とニーズの移り変わり

本章では、主に福利厚生という漠然とした枠組みで考えられてきた社宅が、人材確保などの企業戦略を支える制度になりつつある歴史を概観する。


3. 社宅の効果・メリット

3. 社宅の効果・メリット

社宅の移り変わりから、社宅制度が否定されているのではなく、従来型の「福利厚生としての社宅」というスタイルが、実情に合わないだけだと分かる。今も企業の住環境を補助を期待する従業員は多い。本章では、社宅のさまざまなメリットを見ていこう。


4. 社宅代行サービスとは

4. 社宅代行サービスとは

社宅代行サービスとは、社宅の契約・解約、入退去管理などを中心に、企業が行う社宅関連業務を代行するアウトソーシングサービスである。個別の賃貸借契約、入退出管理、支払管理、さらには物件の斡旋までワンストップでサービスを提供する社宅代行サービスを解説する。


5. 社宅代行サービスの一般的な業務内容

5. 社宅代行サービスの一般的な業務内容

整理しておきたい社宅代行サービスの業務範囲をまとめる。また、事業者による代行サービス内容の違いも解説する。


6. 社宅代行サービス導入のポイント

6. 社宅代行サービス導入のポイント

社宅代行サービスを導入する際は、まずどのようなサービスを期待しているのかを明確にしておく必要がある。ここでは社宅代行サービスを選ぶポイントを解説。


テーマ別Index
研修・人材育成
社員研修を検討する際に押さえておきたい基本とノウハウ。研修の目的別に解説します。
社員研修・人材育成
新人研修・新入社員研修
マネジメント・管理職研修
モチベーション・組織活性化
グローバル人材育成
コーチング研修
コミュニケーション研修
営業・販売研修
eラーニング
採用
人事担当者のための採用ノウハウ。採用の目的別に、基本、準備、注意点まで網羅。
中途採用
人材紹介
アルバイト・パート採用
人材派遣
新卒採用
就職サイト
新卒紹介
新卒採用アウトソーシング
新卒採用コンサルティング
内定者フォロー
ソーシャルリクルーティング
適性検査
人事戦略・人事系IT
企業に不可欠な人事システム、人事制度を解説。この分野のトレンドも把握できます。
人事制度
人事システム
給与計算
給与計算代行
人事労務
テーマに特化した労務関係の取組みを解説。導入の際のヒントが見つかります。
ワーク・ライフ・バランス、働き方改革
福利厚生
社宅・社宅代行
コンプライアンス・企業倫理
メンタルヘルス
その他
それぞれ分野ごとに、基本からサービスを検討する際のポイントを詳しく説明します。
貸会議室・研修施設

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

感染症対策の実施記録に手間なく体調管理 Withコロナ時代は社内研修をオンライン化!

記事アクセスランキング

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大和証券キャピタル・マーケッツのグローバル人材戦略

大和証券キャピタル・マーケッツのグローバル人材戦略

大和証券キャピタル・マーケッツのグローバル人材戦略。アジアビジネスに打...


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会