企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

3. 社宅の効果・メリット

社宅の効果・メリット

実はメリットが多い社宅制度

社宅の歴史とニーズの移り変わりを見ると、社宅制度そのものが否定されているわけではなく、従来型の「社有社宅を単純に福利厚生として提供する」というやり方が、現状にあわなくなってきているだけだとわかる。今も何らかの形で、企業が住環境を補助してくれることを期待する従業員は多いからだ。本章では、社宅のさまざまなメリットを見ていこう。

従業員へのメリット

社宅イメージ

最大のものは、やはり「住宅費が安くすむ」ということだ。従業員にとっては可処分所得が増えるので、実質的に給与が増えるのと同じ効果がある。企業に対する満足度向上、ロイヤルティーやモチベーションの向上につながるメリットである。

また、社宅には税制上の有利さもある。社宅と同様に従業員の住宅を補助する制度である「住宅手当」と比較してみよう。住宅手当は、給与の一部と見なされるので、所得税の課税対象になってしまう。課税されると従業員が受け取る手取り額は少なくなってしまう。さらに年収が増えることによって、社会保険料の負担も増すことになる。

それに対して、社宅の場合は、従業員が企業から受けている恩恵分への課税はなく、当然社会保険料への反映もない。住宅手当の方が転居の自由度は高いが、それ以外の経済的なメリットでは、いずれも社宅の方が優れているといえるだろう。

■社宅と住宅手当のメリット比較
  社宅 住宅手当
課税 なし あり(手取り額減少)
社会保険料 影響なし 負担増
転居の自由 制限あり 制限なし

企業の経済的メリット

福利厚生による社員の満足度向上、ロイヤルティー向上以外にも、社宅制度は企業側に財務上のメリットをもたらす。第一には、社宅費用は「経費(福利厚生費)」にできるということだ。ただし、家賃を無償、または著しく安い金額に設定してしまうと、社宅の提供ではなく給与とみなされてしまう。必ず一定額以上の家賃を徴収することが条件になるので注意が必要だ。

第二は、住宅手当支給との違いで、従業員への恩恵分が社会保険料の負担増につながらないことだ。従業員側にも、社会保険料への影響なしというメリットがあったが、社会保険料は企業側も折半で負担するので、このことは企業にとってもメリットとなる。

企業の採用力アップ

社宅の制度があると、それが福利厚生面での魅力となるので、企業の採用力はアップする。また、現状では業種的に転勤の多い企業の場合は、ほとんどが転勤対応の社宅制度を用意している。そのため、逆に社宅がないと採用で競合した際に、不利になる場合がある。

転勤・異動が多くなくても、採用時に転居が必要な場合(たとえば遠隔地に住む人材を採用するケースなど)には、当初社宅を用意する方が、入社の決断を促しやすい効果がある。 また、遠距離通勤者や勤務時間が不規則な工場勤務者などに社宅を用意することで、採用競争力が増すと考えられる。

資産としての社宅

社宅資産

社有社宅には「資産」としての効果もある。工場や自社物件の店舗などが必要ない企業の場合、高稼働率の不動産資産として社宅を持つことには、財務上のメリットがあるとも言える。

ただし、現在では減損会計が導入されているため、社宅としての稼働率が低い場合には、資産価値が大きく目減りする可能性もある。特に、築年数が古い社宅は、老朽化とともに維持・管理費の負担が大きくなるため、従業員の満足度は低く、稼働率が落ちていく傾向がある。こういった場合には、「資産=メリット」とは言えないだろう。

社有社宅と借り上げ社宅のメリット比較

近年では、社有社宅から借り上げ社宅へとトレンドが変化している。そこで、それぞれのメリットとデメリットを整理しておこう。

■社有社宅と借り上げ社宅の比較
  社有社宅 借り上げ社宅
メリット
  • 企業の資産になる
  • 社外に貸し出すこともできる
  • 毎月の賃料、敷金、礼金が不要
  • 初期投資が不要
  • 機動的な運用が可能
  • 維持・管理費が不要
  • 立地や間取りを選べる
デメリット
  • 初期投資が必要
  • 固定資産税がかかる
  • 維持・管理費が発生
  • 老朽化や建て替えの問題
  • 稼働率が落ちると資産価値も減少
  • 契約管理業務が煩雑
  • 毎月の賃料、敷金、礼金が発生
  • 契約期間内に退去すると解約違約金が 発生する場合も

さまざまなメリット・デメリットがあるが、入居する従業員の満足度に関しては、借り上げ社宅の方が上回るようだ。これは、立地や間取り、築年数などを見て物件を選べること、周囲が同じ会社の人ばかりといった状態になることが少ないことなどがあげられる。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

よくわかる「社宅・社宅代行」講座

1. 社宅とは

1. 社宅とは

企業にとっての社宅の種類を、導入する目的と保有形態により分類する。また、企業が社宅家賃を負担する場合、給与として課税対象になる閾値についても触れる。


2. 社宅の歴史とニーズの移り変わり

2. 社宅の歴史とニーズの移り変わり

本章では、主に福利厚生という漠然とした枠組みで考えられてきた社宅が、人材確保などの企業戦略を支える制度になりつつある歴史を概観する。


3. 社宅の効果・メリット

3. 社宅の効果・メリット

社宅の移り変わりから、社宅制度が否定されているのではなく、従来型の「福利厚生としての社宅」というスタイルが、実情に合わないだけだと分かる。今も企業の住環境を補助を期待する従業員は多い。本章では、社宅のさまざまなメリットを見ていこう。


4. 社宅代行サービスとは

4. 社宅代行サービスとは

社宅代行サービスとは、社宅の契約・解約、入退去管理などを中心に、企業が行う社宅関連業務を代行するアウトソーシングサービスである。個別の賃貸借契約、入退出管理、支払管理、さらには物件の斡旋までワンストップでサービスを提供する社宅代行サービスを解説する。


5. 社宅代行サービスの一般的な業務内容

5. 社宅代行サービスの一般的な業務内容

整理しておきたい社宅代行サービスの業務範囲をまとめる。また、事業者による代行サービス内容の違いも解説する。


6. 社宅代行サービス導入のポイント

6. 社宅代行サービス導入のポイント

社宅代行サービスを導入する際は、まずどのようなサービスを期待しているのかを明確にしておく必要がある。ここでは社宅代行サービスを選ぶポイントを解説。


テーマ別Index
研修・人材育成
社員研修を検討する際に押さえておきたい基本とノウハウ。研修の目的別に解説します。
社員研修・人材育成
新人研修・新入社員研修
マネジメント・管理職研修
モチベーション・組織活性化
グローバル人材育成
コーチング研修
コミュニケーション研修
営業・販売研修
eラーニング
採用
人事担当者のための採用ノウハウ。採用の目的別に、基本、準備、注意点まで網羅。
中途採用
人材紹介
アルバイト・パート採用
人材派遣
新卒採用
就職サイト
新卒紹介
新卒採用アウトソーシング
新卒採用コンサルティング
内定者フォロー
ソーシャルリクルーティング
適性検査
人事戦略・人事系IT
企業に不可欠な人事システム、人事制度を解説。この分野のトレンドも把握できます。
人事制度
人事システム
給与計算
給与計算代行
人事労務
テーマに特化した労務関係の取組みを解説。導入の際のヒントが見つかります。
ワーク・ライフ・バランス、働き方改革
福利厚生
社宅・社宅代行
コンプライアンス・企業倫理
メンタルヘルス
その他
それぞれ分野ごとに、基本からサービスを検討する際のポイントを詳しく説明します。
貸会議室・研修施設

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 会社の法律Q&A

記事アクセスランキング

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会