企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

統計データ

現在の表示カテゴリ  「人材育成」
12件中 1~12件を表示
  • 1

定期刊行誌「企業と人材」を刊行するシンクタンク機関の株式会社産労総合研究所では、1976(昭和51)年以来、今回で35回目を迎える「教育研修費用の実態」調査(2011年実施)を行った。今回はその調査結果を掲載する。一人当たりの教育研修費用は若干回復傾向にあるようだ。

[ 人材育成 ](2013/03/22)
詳細はこちら

定期刊行誌「企業と人材」を刊行するシンクタンク機関の株式会社産労総合研究所では、、「選抜型の経営幹部育成に関する実態」調査を2011年10月~11月に実施した。調査結果が発表されたのは、2012年3月9日。 本調査でいう選抜型の経営幹部育成とは、社員を能力・資質・試験成績などの評価により比較的若い年齢で選抜し、将来の経営幹部(取締役・執行役員・ 事業部長など)の候補者として特別に育成する制度を指す。

[ 人材育成 ](2012/04/05)
詳細はこちら

定期刊行誌「企業と人材」を刊行するシンクタンク機関の株式会社産労総合研究所では、1976(昭和51)年以来、今回で35回目を迎える「教育研修費用の実態」調査(2011年実施)を行った。今回はその調査結果を掲載する。一人当たりの教育研修費用は若干回復傾向にあるようだ。

[ 人材育成 ](2012/03/22)
詳細はこちら

ものづくり産業における、若年技能系労働者の採用、定着、教育訓練・能力開発などの実態を探り、若年技能系労働者の人材育成をめぐる課題を明らかにすることを目的として、労働政策研究・研修機構が実施した調査。2011年7月26日発表。今回は、その調査結果の中から、育成・能力開発の取り組み内容、それがうまくいっているか、今後の方針、について取り上げる。育成・能力開発がうまくいっていない企業は3割ほどであり、その理由で最も多いのは、「育成をになう中堅層の従業員が不足しているから」である。

[ 人材育成 ](2011/08/23)
詳細はこちら

内外の労働に関する事情、労働政策についての総合的な調査・研究等を行う独立行政法人労働政策研究・研修機構(JILPT)による調査。2011年3月31日発表。中小企業の人材育成が不十分なものになりがちであるという問題意識から実施された。さまざまな業種別に調査が行われているが、今回は機械・金属関連の製造業が対象。人材育成の方法としては、OJTが主流であることがうかがえる。

[ 人材育成 ](2011/06/29)
詳細はこちら

企業の人材育成を支援する株式会社リクルートマネジメントソリューションズが実施した2011年度新入社員意識調査。2011年5月16日発表。新入社員が企業に入社するに当たり、どのような期待や不安を抱えているのかを明らかにした。ここではその調査結果の一部を抜粋して掲載。今年の新入社員の特徴として、「まずは足元を固めたい」「人と関わっていたい」「チーム・集団でがんばりたい」という点が浮かび上がった。

[ 人材育成 ](2011/06/28)
詳細はこちら

この調査は、株式会社ソフトバンク・ヒューマンキャピタルが実施し、2011年3月10日に発表した『2011年度 新社会人の意識調査』である。就職活動の結果や社会に対する意識について調査しているが、ここでは、社会に対する意識に絞って調査結果を掲載する。調査結果からは、新社会人が「やりがい」を求めていたり、自分の「責任感」に対して自信を持っている一方、「コミュニケーション能力」や「行動力」は足りないと感じていたりすることがわかる。人事担当の皆様は、こうした調査結果を参考にしながら、新入社員が何にモチベーションを見出し、どの能力を伸ばしたいと思っているのかを見極めることも必要であろう。

[ 人材育成 ](2011/06/21)
詳細はこちら

定期刊行誌「企業と人材」を刊行するシンクタンク機関の株式会社産労総合研究所では、1976(昭和51)年以来、今回で34回目を迎える「教育研修費用の実態」調査(2010年実施)を行った。今回はその調査結果を掲載する。「グローバル人材教育」がにわかに注目されている一方、従業員一人当たりの教育費用は減少しているようだ。

[ 人材育成 ](2011/06/21)
詳細はこちら

『人事実務』などの専門誌を発行する産労総合研究所は、2010年4月入社の大卒・大学院卒(それに準ずるもの)新入社員教育に関する調査を行った。今回は、その結果を取り上げる。

[ 人材育成 ](2011/04/11)
詳細はこちら

「能力開発基本調査」は、企業や事業所で行われている従業員への能力開発方針や取り組み状況などを把握し、今後の職業能力開発行政に活用することを目的として、厚生労働省が毎年行っている調査。今回は、2011年2月23日に発表された、5回目となる平成22年度の調査結果の抜粋を掲載する。

[ 人材育成 ](2011/03/07)
詳細はこちら

労働政策研究・研修機構では、2008~2009年度にかけて、サービス業・8業種( 1.建物サービス業、 2.学習塾、 3.美容業、 4.情報サービス業、 5.葬祭業、 6.自動車整備業、 7.老人福祉サービス業、 8.土木建築サービス業)の企業と従業員を対象として、 (1)人材の育成とキャリア形成に関わる取組みの現状、 (2)勤務する従業員が勤務先の能力開発をどのように認識・評価し、また自身の能力開発に対していかなるニーズをもっているか、を調査した。 ここでは、調査の結果の中から、発見された主な事実を取り上げる。

[ 人材育成 ](2011/01/08)
詳細はこちら

我が国の企業、事業所及び労働者の能力開発の実態を正社員・非正社員別に明らかにし、職業能力開発行政に資することを目的として、厚生労働省が平成21年10~12月にかけて行った調査。 ここでは、主な調査データを取り上げる。

[ 人材育成 ](2011/01/08)
詳細はこちら
12件中 1~12件を表示
  • 1

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


優秀な人材の流出を未然に防ぐ ~リテンション・マネジメントの最新技術とは~

優秀な人材の流出を未然に防ぐ ~リテンション・マネジメントの最新技術とは~

「日本は雇用の流動性が低い」とよく言われます。「流動性が低いことは問題...


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2017-秋-」を11/14(火)~22(水)に開催します。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

早稲田大学戦略研究センター教授の枝川義邦氏を講師に迎え、第11回会合を8/30(水)に開催。