企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

統計データ

現在の表示カテゴリ  「雇用・採用」
65件中 1~20件を表示

厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求人倍率などの指標を作成し、一般職業紹介状況として毎月公表している。ここでは、2012年12月28日に発表された、2012年11月分の調査データを掲載する。2012年11月の有効求人倍率は0.80倍で、前月と同水準。新規求人倍率は1.31倍で、前月に比べて0.02ポイント上昇。

[ 雇用・採用 ](2013/02/01)
詳細はこちら

総務省では、我が国の就業・不就業の状況を把握するため、一定の統計上の抽出方法に基づき選定された全国約4万世帯の方々を対象に労働力調査として毎月調査している。ここでは、2012年7月31日に発表された、2012年6月分の調査データ(速報)を掲載する。完全失業率は4.3%で、前月より0.1ポイント低下。

[ 雇用・採用 ](2012/08/10)
詳細はこちら

厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求人倍率などの指標を作成し、一般職業紹介状況として毎月公表している。ここでは、2012年7月31日に発表された、2012年6月分の調査データを掲載する。2012年6月の有効求人倍率は0.82倍で、前月に比べて0.01ポイント上昇、新規求人倍率は1.32倍で、前月に比べて0.03ポイント低下。有効求人倍率は13カ月連続の改善。

[ 雇用・採用 ](2012/08/10)
詳細はこちら

総務省では、我が国の就業・不就業の状況を把握するため、一定の統計上の抽出方法に基づき選定された全国約4万世帯の方々を対象に労働力調査として毎月調査している。ここでは、2012年6月29日に発表された、2012年5月分の調査データ(速報)を掲載する。完全失業率は4.4%で、前月より0.2ポイント低下。

[ 雇用・採用 ](2012/07/31)
詳細はこちら

厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求人倍率などの指標を作成し、一般職業紹介状況として毎月公表している。ここでは、2012年6月29日に発表された、2012年5月分の調査データを掲載する。2012年5月の有効求人倍率は0.81倍で、前月に比べて0.02ポイント上昇、新規求人倍率は1.35倍で、前月に比べて0.07ポイント上昇。有効求人倍率は12カ月連続の改善。

[ 雇用・採用 ](2012/07/31)
詳細はこちら

総務省では、我が国の就業・不就業の状況を把握するため、一定の統計上の抽出方法に基づき選定された全国約4万世帯の方々を対象に労働力調査として毎月調査している。ここでは、2012年5月29日に発表された、2012年4月分の調査データ(速報)を掲載する。完全失業率は4.6%で、前月より0.1ポイント上昇。悪化は3カ月ぶり。

[ 雇用・採用 ](2012/06/13)
詳細はこちら

厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求人倍率などの指標を作成し、一般職業紹介状況として毎月公表している。ここでは、2012年5月29日に発表された、2012年4月分の調査データを掲載する。2012年4月の有効求人倍率は0.79倍で、前月に比べて0.03ポイント上昇、新規求人倍率は1.28倍で、前月に比べて0.09ポイント上昇。有効求人倍率は11カ月連続の改善。

[ 雇用・採用 ](2012/06/13)
詳細はこちら

総務省では、我が国の就業・不就業の状況を把握するため、一定の統計上の抽出方法に基づき選定された全国約4万世帯の方々を対象に労働力調査として毎月調査している。ここでは、2012年4月27日に発表された、2012年3月分の調査データ(速報)を掲載する。完全失業率は4.5%で、前月と同率。

[ 雇用・採用 ](2012/06/01)
詳細はこちら

厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求人倍率などの指標を作成し、一般職業紹介状況として毎月公表している。ここでは、2012年4月27日に発表された、2012年3月分及び2011年度分の調査データを掲載する。2012年3月の有効求人倍率は0.76倍で、前月に比べて0.01ポイント上昇、新規求人倍率は1.19倍で、前月に比べて0.08ポイント低下。2011年度平均の有効求人倍率は0.68倍で、前年度に比べて0.12ポイント上昇。

[ 雇用・採用 ](2012/06/01)
詳細はこちら

総務省では、我が国の就業・不就業の状況を把握するため、一定の統計上の抽出方法に基づき選定された全国約4万世帯の方々を対象に労働力調査として毎月調査している。ここでは、2012年3月30日に発表された、2012年2月分の調査データ(速報)を掲載する。完全失業率は4.5%で、前月に比べ0.1ポイントの低下。改善は2011年8月以来で、景気持ち直しにより、新規求人が増えているようだ。

[ 雇用・採用 ](2012/04/05)
詳細はこちら

厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求人倍率などの指標を作成し、一般職業紹介状況として毎月公表している。ここでは、2012年3月30日に発表された、2012年2月分の調査データを掲載する。2012年2月の有効求人倍率は0.75倍で、前月と比べて0.02ポイント上昇、新規求人倍率は1.27倍で、前月と比べて0.07ポイント上昇。有効求人倍率は9ヵ月連続で改善している。

[ 雇用・採用 ](2012/04/05)
詳細はこちら

総務省では、我が国の就業・不就業の状況を把握するため、一定の統計上の抽出方法に基づき選定された全国約4万世帯の方々を対象に労働力調査として毎月調査している。ここでは、2012年3月2日に発表された、2012年1月分の調査データ(速報)を掲載する。完全失業率は4.6%で、前月に比べ0.1ポイントの上昇。今回から季節調整値の算出に使う指数が改定されており、2011年12月の完全失業率が4.6%から4.5%に修正された。

[ 雇用・採用 ](2012/03/09)
詳細はこちら

厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求人倍率などの指標を作成し、一般職業紹介状況として毎月公表している。ここでは、2012年3月2日に発表された、2012年1月分の調査データを掲載する。2012年1月の有効求人倍率は0.73倍で、前月と比べて0.02ポイント上昇、新規求人倍率は1.20倍で、前月と比べて0.02ポイント上昇。今回から季節調整値の算出に使う指数が改定されていることに留意したい。

[ 雇用・採用 ](2012/03/09)
詳細はこちら

総務省では、我が国の就業・不就業の状況を把握するため、一定の統計上の抽出方法に基づき選定された全国約4万世帯の方々を対象に労働力調査として毎月調査している。ここでは、2012年1月31日に発表された、2011年12月分の調査データ(速報)を掲載する。完全失業率は4.6%で、前月に比べ0.1ポイントの上昇。2ヵ月ぶりに悪化した。震災の復興需要などで求人は増えたが、職探しを再開する人も増加したためとみられている。

[ 雇用・採用 ](2012/02/03)
詳細はこちら

厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求人倍率などの指標を作成し、一般職業紹介状況として毎月公表している。ここでは、2012年1月31日に発表された、2011年12月分および2011年1年間の調査データを掲載する。2011年12月の有効求人倍率は0.71倍で、前月と比べて0.02ポイント上昇、新規求人倍率は1.22倍で、前月と比べて0.04ポイント上昇。また、2011年平均の有効求人倍率は0.65倍で、前年と比べて0.13ポイント上昇。2年連続の改善だ。

[ 雇用・採用 ](2012/02/03)
詳細はこちら

総務省では、我が国の就業・不就業の状況を把握するため、一定の統計上の抽出方法に基づき選定された全国約4万世帯の方々を対象に労働力調査として毎月調査している。ここでは、2011年12月28日に発表された、2011年11月分の調査データ(速報)を掲載する。失業率は4.5%で前月と同じ。

[ 雇用・採用 ](2012/01/05)
詳細はこちら

厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求人倍率などの指標を作成し、一般職業紹介状況として毎月公表している。ここでは、2011年12月28日に発表された、2011年11月分の調査データを掲載する。有効求人倍率は0.69倍で、前月と比べて0.02ポイント上昇、新規求人倍率は1.18倍で、前月に比べて0.05ポイント上昇。復興需要で建設業などの求人が増えた東北の求人倍率が上昇している。

[ 雇用・採用 ](2012/01/05)
詳細はこちら

総務省では、我が国の就業・不就業の状況を把握するため、一定の統計上の抽出方法に基づき選定された全国約4万世帯の方々を対象に労働力調査として毎月調査している。ここでは、2011年11月29日に発表された、2011年10月分の調査データ(速報)を掲載する。失業率は4.5%で前月比0.4ポイント上昇。職探しを再開する人が増えたためとみられている。

[ 雇用・採用 ](2011/12/08)
詳細はこちら

厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求人倍率などの指標を作成し、一般職業紹介状況として毎月公表している。ここでは、2011年11月29日に発表された、2011年10月分の調査データを掲載する。有効求人倍率は0.67倍で、前月と同じ、新規求人倍率は1.13倍で、前月に比べて0.02ポイント上昇の2ヵ月連続の改善。東日本大震災後の復興需要やサプライチェーンの回復等により、改善が続いている。

[ 雇用・採用 ](2011/12/08)
詳細はこちら

総務省では、我が国の就業・不就業の状況を把握するため、一定の統計上の抽出方法に基づき選定された全国約4万世帯の方々を対象に労働力調査として毎月調査している。ここでは、2011年10月28日に発表された、2011年9月分の調査データ(速報)を掲載する。失業率は4.1%で前月比0.2ポイント低下。なお、今回から東日本大震災の被災地を含む全国の調査結果になっている。

[ 雇用・採用 ](2011/11/18)
詳細はこちら
65件中 1~20件を表示

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

社宅でもUR賃貸住宅

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~

~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~

近年、企業を取り巻くさまざまな環境変化により、組織内における上司と部下...


若手社員の定着率をアップさせるためには

若手社員の定着率をアップさせるためには

求人難が叫ばれる中で、若手社員の早期離職傾向がなかなか止まらない。少子...


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2017-秋-」を11/14(火)~22(水)に開催します。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

早稲田大学戦略研究センター教授の枝川義邦氏を講師に迎え、第11回会合を8/30(水)に開催。