企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 
[人事労務・管理] 2012/08/10

平成24年6月分毎月勤労統計調査 (厚生労働省)

賃金、労働時間及び雇用の変動を明らかにすることを目的に、厚生労働省が毎月実施している調査。ここでは、2012年7月31日に発表された、2012年6月分の調査データ(速報)を掲載する。現金給与総額は前年同月比0.6%減、所定外労働時間は1.2%増。%増。(編集部)

(1) 賃金

所定内給与は、前年同月比0.2%減の244,629円となった。所定外給与は4.1%増加し、きまって支給する給与は0.1%増の262,961円となった。現金給与総額は、0.6%減の432,756円となった。実質賃金は、0.5%減となった。

(2) 労働時間

総実労働時間は、前年同月比0.5%減の151.5時間となった。このうち、所定外労働時間は、1.2%増の10.1時間となった。製造業の所定外労働時間は、5.3%増となった。なお、季節調整値では、前月比0.5%減となった。

(3) 雇用

常用雇用は、前年同月比0.8%増となった。このうち、一般労働者は0.2%増となり、パートタイム労働者は2.3%増となった。

勤労統計調査
(注) 
  1. ( )内は前年同月比(%)、< >内は前年同月差(ポイント又は日)である。
  2. 速報値は確報で改訂される場合がある。
※毎月勤労統計調査の結果は、厚生労働省のWebページにも掲載されています。 (http://www.mhlw.go.jp/toukei/index.html)

(1) 賃金

現金給与額の推移 ―現金給与総額及びきまって支給する給与の前年増減率―

現金給与額の推移 ―現金給与総額及びきまって支給する給与の前年増減率―

(2) 労働時間

■実労働時間の推移 ―総実労働時間及び所定外労働時間の前年増減率―

実労働時間の推移 ―総実労働時間及び所定外労働時間の前年増減率―

(3) 雇用

■常用雇用の推移 ―就業形態別前年増減率―

常用雇用の推移 ―就業形態別前年増減率―

※出典:厚生労働省/2012年7月31日発表・「平成24年6月分毎月勤労統計調査」
(本ページは、『日本の人事部』編集部が、上記調査結果の一部を抜粋して作成しました)

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

管理者が成長するために必要なこと リクナビHRTech

注目コンテンツ


定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。



新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2018-春-」を5/9・15・16・17・18・21・22に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

第12回会合として、人事リーダーによる座談会を2/2(金)に開催。