企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修
語学・資格・学校

英語&スキルトレーニング株式会社ビズコム

カブシキカイシャビズコム

http://bizcom.training/

〒100-0014 東京都千代田区永田町2-14-2山王グランドビル3F
対応エリア:全国、代表者名:鹿野晴夫、従業員数:15名、資本金:3,500万円

社員の自発性を引き出す「英語トレーニング」研修で、社内英語教育の改革を支援します!

成果の出る英語教育の決め手は、社員がやる気になり、英語学習を始め、成果が出るまで学習を継続することです。グローバル企業200社が採用の「始められる・続けられる・成果が出る」英語研修をご提供いたします。

グローバル企業200社が採用の解決策

始められる・続けられる・成果が出る学習方法と研修方法のノウハウを提供します

BizComは創立以来、「英語はスキル。勉強ではなく、トレーニングを!」というコンセプトのもと、英語トレーニング研修とスキルトレーニング研修を提供してきました。数多くの企業様から、「社員がやる気になった」「英語学習が続く」と評価をいただき、事業拡大を続けています。


弊社は、グローバル人材育成の教育サービスを展開しています。企業様での研修を通じて、社員のみなさんに英語トレーニングの効果と楽しさを実感していただく。そして、やる気になったみなさんに、スクールや通信講座をご受講いただくという、「教育サービスのB to B to C」で実績を築いてきた会社です。企業のグローバル化の加速とともに、企業教育の対象者は、日常的に英語を使用する一部の社員から、全社員へ。教育ニーズは、「社員に英語を教える」から、「英語を自分で学ぶ社員を育てる」に変化しています。こうした中で、社員のモチベーションアップ、英語学習の習慣化を特長とする弊社教育サービスへの期待はますます高まっています。

2016年5月の公開テストから、TOEICに新形式問題が導入されました。長文の問題が増え、「より実力が試されるようになった」という声が聞かれます。企業内で実施のIPテストも、2017年4月から新形式問題が導入されます。新形式問題にも、「英語トレーニング」が有効です。TOEICが測る力を効果的に高めることで、英語を使う実力とスコアを両得できます。

詳細情報

社名 株式会社ビズコム
所在地 〒100-0014  東京都千代田区永田町2-14-2山王グランドビル3F
事業内容 ○教室事業(スクールの運営)
○教材事業(テキスト・教材の開発)
○研修事業(研修企画の立案と運営)
事業区分 人材育成・研修、語学・資格・学校
代表者名 鹿野晴夫
従業員数 15名
資本金 3,500万円
設立 2000年4月
お問合せ先 0335931363
URL http://bizcom.training/