企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

HR業界TOPインタビュー「人・組織」ビジネスを牽引する希代の経営者

株式会社チームスピリット 代表取締役社長

荻島 浩司さん

思い切った事業の構造改革によって生み出された
働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社チームスピリット 代表取締役社長 荻島 浩司さん

「働き方改革」の必要性が叫ばれ、日本社会では長時間労働の見直しや生産性の向上が重要課題となっています。そんな中、「労働者一人ひとりが仕事の効率を上げることだけが生産性向上ではない」と主張するのが、株式会社チームスピリットを率いる荻島浩司さん。真の生産性向上は「企業の構造改革」そのものだ、と荻島さんは言います。実際、同社は設立から約10年後に、ITシステムの受託開発から自社製品の開発、クラウドによる独自サービスの提供へと大胆な事業形態の転換を行ったことで、以前に比べて数十倍も生産性が高い企業へと変化しました。その成長の原動力となった製品「TeamSpirit」は、それ自体が働き方改革を推進するための強力なツールで、多くの企業から高く評価され、現在も急速に利用企業数を伸ばしています。同社はいかにして、事業改革に成功したのでしょうか。キャリアやバックグラウンド、経営者としての考え方、今後の事業展開、さらには広く日本社会全体の変革も視野に入れた「働き方改革研究所」設立への思いなど、荻島さんにお話をうかがいました。

プロフィール

荻島 浩司(おぎしま・こうじ)/ 1996年、同社設立。株式会社東芝および東芝ソリューション株式会社で金融機関向けパッケージ開発や、オペレーショナル・リスクコンサルティングに従事、2009年よりセールスフォース・ドットコムを利用したクラウド事業に参入、「TeamSpirit」を企画・開発。

IT業界の変遷、発展とともに積み上げてきたキャリア

―― まずはこれまでのキャリアについてうかがいます。IT業界に関わるようになったきっかけをお聞かせください。

もともとは広告やマーケティングに興味があり、学生時代はデザインの専門学校で、主にグラフィックデザインを勉強していました。最初の就職先はデザインスタジオ。いわゆる広告の制作会社ですね。ところが実際に仕事を始めてみると、非常に才能を求められる世界だったので、わずか1年ほどで転職しました。80年代はじめごろです。当時はごく初期のコンピューターグラフィックス(CG)が出はじめたころで、面白そうだと思って、CGの仕事ができる会社を探しました。

しかし、まだ業界が立ち上がったばかりだったので、CGをやりたいと言っても採用してくれる会社はまったくありませんでした。そのため、ごく普通のシステム開発を行っている会社に入社したのですが、それがIT業界との出合いですね。ただ、当時はまだ「IT」という言葉がありませんでした。メインフレーム、ホストコンピューターが主役で、記録媒体は紙のテープやカード。現在はクラウドをはじめネットワークが中心の時代ですが、そういうITの黎明期から関われたのは、ある意味でラッキーでしたね。

―― 転職されたシステム開発の会社では、どのような仕事を経験されたのでしょうか。

最初はプログラマーです。2年くらい携わりましたが、これもあまり向いていなかったので、営業部門に異動になりました。この会社には1996年まで、13年以上勤務しましたが、そのキャリアのほとんどは営業でした。

ただ、営業といっても、ITの場合はルートセールスのようなものではありません。メインフレームからダウンサイジングでPCの時代へ、さらにLANやネットワークの時代になっていく、そういった世の中の変化に対応しながら企画を立て、顧客に提案して受注する、そういう仕事でした。デザインの勉強をしていたので、ビジュアルを生かした企画書や提案書を作るのが得意でしたね。当時は企画書といっても、A4の紙に文字だけが並んでいるようなものが一般的でしたが、私の企画書はネットワークの構成図などをグラフィカルに表現していたので、それが功を奏して仕事を受注できたこともありました。

最終的には、大手取引先のために開発したシステムと連携する、自社の製品を開発して販売することになり、そのための事業部を立ち上げ、取締役事業部長を務めました。常に新しい企画や「顧客にとって本質的な課題は何か」といったことを考えなくてはならないIT営業の経験は、現在の仕事にも直接つながっています。もともとマーケティングに興味がありましたし、私にとって、とてもいいキャリアになったと思います。

―― そして1996年に、いよいよ独立・起業されるわけですね。どういった経緯だったのでしょうか。

自分で事業をやってみたいという思いは、20代のころから持っていたんです。30代になってからは、ビジネススクールに通って勉強していました。会社で取締役になっていたし、「いつかは」という気持ちはありました。

直接のきっかけは、1995年にWindows95が発売され、インターネットの民間利用が一気に広がったことです。当時、IT業界に関わっていた人たちは誰もが、新しい時代が来ると思ったはず。私も新しいビジネスにチャレンジしたいと考えて、36歳のときにシステム開発の会社を退職し、ビジネススクールで知り合った仲間と4人で会社を立ち上げました。

ただ、この起業は結果的には失敗でした。インターネットを使ったビジネスを手がけたい、という思いは一致していたのですが、そこから先がまとまらず、わずか1ヵ月ほどで空中分解してしまったのです。4人の出資が均等で、誰がリーダーシップをとるのかが曖昧だったことも原因の一つでした。一から何かを作り上げるときには軸がしっかりしていなければならない、と痛感させられた経験でした。

次に自分で立ち上げた会社「デジタルコースト」は、当分は一人で運営していくことにしました。そのうち、システム開発会社で働いていたときに取引先だった東芝の方に声をかけてもらい、インディペンデント・コントラクター(IC)として東芝の仕事を手伝うようになり、約10年間、東芝でさまざまなシステムの企画開発に携わりました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

HR業界TOPインタビューのバックナンバー

矢澤 潤子さん(ANAビジネスソリューション株式会社 代表取締役社長):
ポジティブな言葉をたくさんかけて、精一杯生きる姿を見せる
それが組織のモチベーションを高めるリーダーの役割
ANAを中心としたエアライングループとして、グループ全体で長年にわたり培ってきたハイクオリティーなサービスや人財育成ノウハウを生かして、付加価値の高い人材派遣、...
2018/09/21掲載
細川 馨さん(ビジネスコーチ株式会社 代表取締役):
クライアントの課題解決はパートナーシップから
人の強みを引き出すAI時代のコーチング
今や人材開発の世界では、一般化しつつあるコーチング。双方向のコミュニケーションにより自発的な行動を促すその手法は、現在のビジネスシーンにおいて、ますます注目を集...
2018/08/23掲載
飯島 淳一さん(コーナーストーンオンデマンドジャパン株式会社 代表取締役):
「ラーニングをベースとするタレントマネジメント」を企業に提案
時代の変化に対応し、顧客をナビゲートする
コーナーストーンは、世界192ヵ国で約36万人のユーザーに利用されているタレントマネジメントソリューションです。コーナーストーン日本法人を2016年から率いてい...
2018/07/27掲載

関連する記事

【解説】働き方改革で導入が進む?「テレワーク」ガイドラインの変更点と実務対応
2017年度、厚生労働省が開催した「柔軟な働き方に関する検討会」で取り上げられた「テレワークガイドライン」(正式には「情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な...
2018/07/11掲載人事・労務関連コラム
「残業ゼロ」と「売上アップ」を同時に実現
社員7人の町工場が本気で取り組んだ「働き方改革」とは
ここ数年、企業にとって働き方改革が大きな課題になっていますが、残業ゼロと売上アップを同時に果たし、全社員に年収600万円以上の高待遇を実現していることで注目を集...
2018/05/24掲載編集部注目レポート
<特別企画>人事オピニオンリーダー座談会:
人事が変われば、会社も変わる。
人生100年時代に求められる「チェンジドライバー」としての人事とは
「人生100年時代」の到来により、人々の働き方やライフスタイルが、大きく変化しようとしています。企業においては、AIやビッグデータの活用がさらに進んでいくでしょ...
2018/03/05掲載となりの人事部
ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく
急速なデジタル技術革新、グローバルな競争環境の一層の多極化、働く人々の意識の多様化などから、ビジネスの構造そのものが大きく変化しようとしています。加えて、これま...
2018/03/01掲載注目の記事
社員53人で100億円を売上げる驚異の生産率
女性活躍を推進し、チームの力を最大に高める秘訣とは
オリジナル化粧品「マナラ」を展開する、株式会社ランクアップ。従業員は53人と少数精鋭ながら、100億円近くの売上を計上する同社では、増収増益を続けているにもかか...
2017/12/06掲載編集部注目レポート
従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

紀尾井カンファレンス 学びを可視化する ビジログ

注目コンテンツ


従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

従業員のエンゲージメントを高めるヒントとなるセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...


「働きがい」が業績向上を実現する<br />
~成長する組織をつくる働き方改革~

「働きがい」が業績向上を実現する
~成長する組織をつくる働き方改革~

すでに関連法令も成立し、「働き方改革」への対応は待ったなしの状況といえ...