となりの人事部
第74回 コストコ ホールセール ジャパン株式会社

 正社員とパートタイムを同じ「時給制」の下で処遇
「社内公募制度」でキャリアアップを図り、管理職の早期育成を実現(後編)

コストコ ホールセール ジャパン株式会社 人事・総務 マーケティング 部長 中川 裕子さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

二つのパターンによる「学生就職プログラム」で、お互いに見極めを行う

―― 新卒応募者に推奨している「学生就職プログラム」についてお聞かせください。

コストコ ホールセール ジャパン株式会社 山口恭子さん

「学生就職プログラム」には、二つのパターンがあります。一つは、新卒から正社員採用を行う際に、短期アルバイト扱いで有償の「インターンシップ」を採用選考の間に設けたものです。一般的には、「インターンシップ」が先に行われ、その後に採用選考という流れになると思いますが、コストコでは採用選考を先に行い、「インターンシップ」がその後に用意されることが、大きな特徴です。この段階で、「実際に仕事をしてみてどうでしたか」「このまま採用選考を続けていきたいと思いますか」「コストコの仕事に興味がありますか」といったことを本人に見極めてもらうと同時に、我々も見極めさせてもらうのです。このように、あえて採用選考の途中にインターンシップを挟むことによって、お互いをより的確に見極めることができます。そして、両者の間でOKとなれば、「倉庫店面接」「本社最終面接」へと進み、「内定」という流れになります。

そして、新卒には入社後18ヵ月に及ぶ、「 管理職候補養成プログラム」を用意しています。この期間中に、運営のコアとなる四つの部門の仕事を、ローテーションによって身に付けてもらうのです。修了後には、「社内公募制度」を利用して他部署へ異動したり、場合によっては管理職へ応募したりすることも可能になります。

もう一つは、既にコストコでアルバイト経験のある学生を対象とした「学生就職プログラム」です。これには春休みや夏休みなど、学校の長期休暇を利用して短期アルバイトを経験した4年制大学生を対象としたものと、長期アルバイト・パートタイムとして継続して勤務した経験のある学生を対象としたものがあります。要は、学生時代にコストコでアルバイトを経験した人に、改めて就職先として考えてもらおう、ということです。既にコストコでの業務知識や能力を身に付けているわけですから、正社員として入社後は、将来の管理職候補として、早く成長してくれることを期待しています。実際、大学1年から4年にかけてコストコでアルバイトとして働いた経験のある学生が、入社した数ヵ月後に「スーパーバイザー」に昇格したというケースもあります。

―― 人材育成という側面から見ると、非常にスピード感のある仕組みですね。

コストコが正社員に「時給制」を用いることに対して、違和感を覚える学生がいます。しかし、そうした学生に対しては、スピード感を伴ったキャリアアップを実感してもらうため、「他社で3年後、どのポジションにいるかを考えて欲しい」と話しています。そして、「コストコだったら3年後、このポジションにいる可能性がありますよ」「いきなり20人の部下を持つことができますよ」と具体的に明示します。本人の努力と成果次第で、同期社員をポジション・給与面で大きく飛び越えることが可能だと伝えるのです。実際、「学生就職プログラム」を開始して6年が経過しましたが、当初の参加メンバーで、現在管理職となっている人は非常に多い。他の企業ではあまり見ることのできない“ファストトラック”が実現できていると言えるのではないでしょうか。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

となりの人事部のバックナンバー

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社:
P&Gは「スキル」に着目したプログラムを、なぜ他社に無償で提供するのか?――「ダイバーシティ&インクルージョン啓発プロジェクト」発足の背景と活動内容とは(後編)
日本の人事部「HRアワード2016」で企業人事部門 特別賞に輝いた、P&Gジャパン。前編では、「ダイバーシティ&インクルージョン」先進企業である同社が早い時期か...
2017/03/08掲載
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社:
P&Gは「スキル」に着目したプログラムを、なぜ他社に無償で提供するのか?――「ダイバーシティ&インクルージョン啓発プロジェクト」発足の背景と活動内容とは(前編)
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&Gジャパン)株式会社は、25年前という早い段階からダイバーシティを推進してきた、ダイバーシティ先進企業です。「ダイ...
2017/03/01掲載
株式会社アサツー ディ・ケイ:
応募者に「どんな人と、どう働きたいか?」というリアルなイメージを喚起
新卒採用活動の既成概念をリセットし、応募者と社員の相互理解を図る「相棒採用」とは(後編)
「コンシューマー・アクティベーション(消費者に行動を起こさせる)」をビジョンに掲げる、大手広告会社アサツー ディ・ケイ。クライアントの成長に貢献し続ける企業姿勢...
2017/02/13掲載

関連する記事

企業におけるキャリア開発支援の実態
企業の持続的な成長・発展には、中・長期的な経営方針・ビジョンに対応した人材を育成し、活力ある組織づくりを行うことが求められる。そのために必須なのが、従業員のキャ...
2016/12/05掲載人事・労務実態調査
コストコ ホールセール ジャパン株式会社:
正社員とパートタイムを同じ「時給制」の下で処遇
「社内公募制度」でキャリアアップを図り、管理職の早期育成を実現(前編)
「会員制倉庫店」という独自の戦略の下、会員数を飛躍的に伸ばし、全国に25倉庫店を有するまで急成長したコストコ日本法人。そんなコストコの成功を支えているのが、「時...
2016/11/21掲載となりの人事部
人事マネジメント「解体新書」第66回
「社内公募制度」「FA制度」で適材適所の人材管理を実現する(後編)
ビジネスや仕事のあり方が大きく変化・進展している現在、「社内公募制度」「FA(フリーエージェント)制度」が注目を集めている。 『後編』は、大手電機メーカーA社の...
2013/08/26掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第65回
「社内公募制度」「FA制度」で適材適所の人材管理を実現する(前編)
ビジネスや仕事のあり方が大きく変化・進展している現在、「社内公募制度」「FA(フリーエージェント)制度」が注目を集めている。 『前編』では、「社内公募制度」「F...
2013/08/19掲載人事マネジメント解体新書
注目のダウンロード特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
日本証券業協会「無料講師派遣事業」ご案内

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介いたします。



ダイバーシティ&インクルージョン特集

本特集では『日本の人事部』が注目している「シニア・ミドル」、「女性」の活躍推進に取り組む企業様にもおすすめなプログラムを中心にご紹介。ぜひ貴社のダイバーシティ&インクルージョン(D&I)推進にご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。