企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

10~300名規模の企業だからこそ効果的 「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

働き方改革の進展や労働人口の減少など、日本の労働環境は大きな変化の時代を迎えています。企業もまた、いっそうの業務効率化や働きがいのある職場づくりなどを求められるようになってきました。そうした企業施策を強力に後押ししてくれるツールの一つがクラウド型業務システムです。一般的にはアプリケーションやサーバーの保守管理の必要がなく、大幅にコストダウンできる点が強調されるクラウドですが、「人事・給与システムのクラウド化」には、それ以上に「人材戦略と企業経営の強化」という大きな効果が期待できるといいます。システムを含む人事コンサルティングの専門家として、数多くの企業をサポートしてきた株式会社レイヤーズ・コンサルティングの出崎弘史さんに、10~300名規模の企業だからこそ取り組むべきクラウド型人事・給与システム導入のメリットと、プロジェクト成功のためのポイントについて詳しくお聞きしました。

出崎 弘史さん
出崎 弘史さん
株式会社レイヤーズ・コンサルティング
事業戦略事業部 マネージングディレクター HRソリューション担当

大手外資系コンサルティングファームを経て、現職。組織・人事コンサルティング部門において、タレントマネジメントなどの人材戦略策定、人事制度設計、人事部門にかかる組織改革ならびに人事給与を中心とした業務改革(BPR)やそれに伴うシェアードサービス化・BPO化におけるコンサルティングサービスを提供。その他に人事・給与システム再構築における構想策定、導入支援も多数手がけている。

システムのクラウド化で「魅力的な職場」をつくる

人事・給与システムをはじめとする業務システムのクラウド化にはさまざまなメリットがあるといわれていますが、日本企業での導入はどの程度進んでいるのでしょうか。

数字でいえば、我々がお付き合いのある中小企業だけでも、現状で約80%の企業がオンプレミス型のシステムを使っています。クラウド型に移行しているのは大企業でも20%程度。今回テーマになっている「10~300名規模の中小企業」のケースでは、10%にも達していないのではないかと思います。とりわけ人事・給与システムに関しては、クラウド化が最も進んでいない分野といえるかもしれません。

人事・給与システムのクラウド化が進んでいない理由は何なのでしょうか。

10~300名規模の企業が取り組むべき
「クラウド型人事・給与システム」導入のメリットについての
インタビュー全文は下記からダウンロード可能です。

協賛企業

株式会社富士通マーケティングでは、中堅企業向け「GLOVIA きらら」を提供しています。「GLOVIA きらら」は、販売・会計・人事給与3つの業務をラインナップしたクラウド型統合基幹業務アプリケーションです。幅広い業種・業務のお客様に業務効率化とコスト削減を提案し、中堅企業の成長ステージに合わせた支援を実現します。

協賛企業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の記事のバックナンバー

パナソニック アプライアンス社が実践!
仕事を「見える化」することで、時間を効率的に再配置する「働き方改革」
2019年4月に働き方改革関連法が施行されてから、1年たらず。『日本の人事部 人事白書 2019』の調査によると、84%の企業が「働き方改革」に関して何らかの対...
2020/02/27掲載
企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる
将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験価値=Employee Experience(EX)」は企業の貴重な財産です。また、今注目...
2020/02/07掲載
Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」
リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グローバル企業を研究する中で見えてきたのは、「Employee Experienceが企業競争力...
2020/01/30掲載