企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

コニカミノルタ株式会社主催セミナー グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続けている。それは海外で人材を活かせない、育てられないということ。その原因として考えられるのは、人材を囲い込むことからビジネスを発想する日本企業の体質。どうすればグローバル人材を活かし、イノベーションを生み出す体質に変われるのか。人事・組織開発に詳しい慶應義塾大学大学院特任教授・小杉俊哉氏による講演と、堀場製作所のグローバル人事部部長 松尾孝治氏、ダイドードリンコの人事総務部マネージャー 石原健一朗氏を交えたパネルセッションにより、グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”について考えた。

慶應義塾大学大学院特任教授・小杉俊哉氏による講演と、
堀場製作所のグローバル人事部部長 松尾孝治氏、
ダイドードリンコの人事総務部マネージャー 石原健一朗氏を交えた
パネルセッションのレポート全文は下記からダウンロード可能です。

講演レポート全文をダウンロード
協賛企業

海外売上比率8割、世界150ヵ国で販売・サービス体制を構築し、グローバルにビジネスを展開するコニカミノルタが、ビジネスの現場で即活用できる実践的な人材育成ツールを開発。 社内での実践・フィードバックを繰り返し培ってきた当社のノウハウで、貴社のグローバル人財育成をサポートいたします。

協賛企業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の記事のバックナンバー

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが「給与前払いサービス」です。アルバイト、パート、派遣ワーカーには、働いた当日や、必要なタイ...
2018/12/10掲載
グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”
日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続けている。それは海外で人材を活かせない、育てられないということ。その原因として考えられるのは...
2018/11/22掲載
「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは
能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげることはできず、メンタルヘルス不調や離職を招く場合もあります。ビジネス環境が厳しさを増すなか...
2018/11/07掲載