『労政時報』提携

企業におけるキャリア開発支援の実態
階層別キャリア研修の実施率は45.6%で、実施対象は「新任管理職」が78.3%でトップ
労務行政研究所編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX
ページ1
ポイント
ページ2
1.キャリア開発支援に関する諸制度・施策
[1]キャリア研修の導入状況/[2]「異動・配置」関連制度の導入状況/[3]「能力開発・成長促進」関連制度の導入状況
ページ3
[4]キャリア開発を支援する専任の組織/[5]「キャリア面談・相談」に関する諸制度・施策の導入状況
ページ4
2.キャリア開発支援制度と他の人事制度との連携
3.キャリア開発支援で重要と考えている対象層
ページ5
4.階層別キャリア研修の実施対象

厳しい経営環境が続く中で、企業が持続的に成長・発展していくには、中・長期的な経営方針・ビジョンに対応して、人材を育成し、活力ある組織づくりを行うことが求められる。

そのためには、基幹的な人事制度に基づく、日常的なマネジメントを回すことと並行して、従業員の能力・スキルを伸ばし、個人・組織とも成長していけるキャリア開発支援を進めていくことが必要である。

そこで、当研究所では、各社がどのように制度の整備を進めているのかを探り、企業の現状を明らかにすることを目的に、このほど「企業のキャリア開発支援に関するアンケート」を実施した。本調査結果の詳細は、労政時報選書『これからのキャリア開発支援』に掲載しているが、ここではその概要を紹介する。

ポイント

  • [1]キャリア開発支援に関する諸制度・施策
    導入割合は階層別キャリア研修45.6%、女性活躍に向けたキャリア研修20.4%。専門部署もしくは専門人材によるキャリア面談・相談は11.5%にとどまる[図表1、5]
  • [2]キャリア開発支援制度と他の人事制度との連携
    昇進・昇格、幹部選抜、人事評価制度、異動・転勤との連携を図るケースが多い[図表6]
  • [3]キャリア開発支援制度で重要と考えている対象層(五つまでの複数回答)
    「中堅社員」が90.9%で最多、次いで「若手社員」81.8%、「ライン管理職」74.0%、「女性社員」55.8%の順となる[図表7]
  • [4]階層別キャリア研修の実施対象(複数回答)
    実施対象は「新任管理職」が78.3%で最多、次いで「中堅社員」「新入社員」と続く。「課長クラス」「部長クラス」は半数を下回る[図表8]
  • [5]キャリアコンサルタントの配置・委託状況(複数回答)(本文略)
    「社内に他業務と兼任のキャリアコンサルタントがいる」ケースが46.7%
  • [6]キャリア開発支援制度の社内での理解・浸透度(本文略)
    「あまり理解を得られていない」が経営層で18.7%、現場管理職で47.0%に上り、人事部でも「一定度合いにとどまっている」が49.7%
  • [7]キャリア開発支援に関する自社の課題(本文略)
    経営層・管理職層の理解が得られない、全社的な体制やプログラムの未整備、効果測定の困難さ、専門組織・専門人材の不足等
  • [8]キャリア開発支援に関する今後の計画・方向性(本文略)
    全体的な体系の整備と他の人事制度との連携、若年層、女性、ライン管理職、中高齢層への支援を充実


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事・労務実態調査のバックナンバー

人事制度の実施・改定状況調査
48.3%の企業で過去5年以内に人事・等級制度の改定を実施
労務行政研究所
厳しい経営環境の中、持続的に成長していくために、人事制度の見直しを進める企業が増えている。その対象は、人事・等級制度や賃金・賞与制度だけでなく、退職金・年金制度...
2017/08/03掲載
40代・50代社員の課題と役割に関するアンケート
労務行政研究所
グローバル化、IT化で仕事の進め方が大きく変化し、労働人口の減少・高齢化も進む中、いかにミドル・シニア層の40代・50代社員が意欲を持って業務に取り組み、継続的...
2017/06/05掲載
経営理念の策定・浸透に関するアンケート
労務行政研究所
企業が重視する価値観や存在理由を明文化した「経営理念」。企業の強みとなるが、どんなに優れた理念があっても、実践できていなければただの飾り物でしかない。実際の策定...
2017/04/05掲載

関連する記事

従業員の評価の結果を「人材開発・育成」に活用している企業は31.0%、「キャリア開発」に活用している企業は17.0%にとどまる
従業員に対する評価結果を何に活用しているのかを複数選択形式で聞いたところ、最も多かったのが「昇進・昇格」(84.0%)で、2番目は、「基本給」(80.4%)、3...
2017/07/07掲載人事白書 調査レポート
社員の「キャリア」を考えるときに読んでおきたい記事8選
経営環境の変化がますます激しくなる中、従業員の「キャリア開発支援」は企業にとって重要課題となっています。企業が継続的に成長していくには、社員の能力を高めることが...
2017/06/21掲載『日本の人事部』編集部 厳選記事
「働き方改革」推進に向けての実務(6)育児・介護と仕事の両立
「働き方改革」の重要課題である育児・介護と仕事の両立。改正を重ねる法律と支援策について紹介する。
2017/03/31掲載よくわかる講座
コストコ ホールセール ジャパン株式会社:
正社員とパートタイムを同じ「時給制」の下で処遇
「社内公募制度」でキャリアアップを図り、管理職の早期育成を実現(後編)
コストコでは同じ「時給制」で正社員、パートタイム・アルバイトを処遇し、「社内公募制度」を活用して従業員のキャリアアップを図っています。人を頻繁に「異動」させ、さ...
2016/11/28掲載となりの人事部
コストコ ホールセール ジャパン株式会社:
正社員とパートタイムを同じ「時給制」の下で処遇
「社内公募制度」でキャリアアップを図り、管理職の早期育成を実現(前編)
「会員制倉庫店」という独自の戦略の下、会員数を飛躍的に伸ばし、全国に25倉庫店を有するまで急成長したコストコ日本法人。そんなコストコの成功を支えているのが、「時...
2016/11/21掲載となりの人事部
課題解決ノウハウが満載!! 『日本の人事部』注目のセミナー特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


『日本の人事部』注目のセミナー特集

人事担当者必見の注目のセミナーをご紹介。貴社の人事課題の解決や、情報収集にお役立てください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


“守り”の姿勢では人が採用できない時代。<br />
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

“守り”の姿勢では人が採用できない時代。
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

企業の採用意欲が極めて高い水準にある近年、求人サイトや人材紹介会社から...


管理職1年生日記 (第4回)

管理職1年生日記 (第4回)

早いもので、営業の管理職となって1年が過ぎたA氏。Episode1や2...