企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『労政時報』提携

2013年役員報酬・賞与等の最新実態 (1/3ページ)

2014/6/16
労政時報 photo

一般財団法人 労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、調査資料が少ない役員の年間報酬(報酬月額・年間賞与)その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っています。本記事では、その最新調査結果の中から「常勤役員の報酬・賞与の水準」「業績連動型報酬の導入状況」を中心に、取り上げます。

※『労政時報』は1930年に創刊。80年の歴史を重ねた人事・労務全般を網羅した専門情報誌です。ここでは、同誌記事の一部抜粋を掲載しています。


【 調査概要 】
調査名:「役員の報酬等に関する実態調査」
調査時期:2013年7月16日~10月17日
集計対象:前記調査対象のうち、回答のあった128社。

常勤役員の報酬と賞与

利用上の留意点
当調査では、報酬は「2013年7月現在」、賞与は「2013年7月時点から直近1年間における支給実績」を回答いただいた。賞与については、役員にもともと支給がないケースや、業績不振などにより全額不支給としているケースは“0”として集計に含めた。また、報酬・賞与カットを実施している場合は、減額後の金額を回答いただいた。
なお、年度途中での昇格者や退任者は、報酬・賞与とも集計から除外している。

役位別平均額
社長の年間報酬は4381万円、25歳従業員の年収の約12倍

役位別に年間報酬(規模計平均)を見ると、会長が4674万円、社長が4381万円と4000万円台、副社長は3200万円、専務は3152万円と3000万円台、常務が2273万円と2000万円台。以下は、取締役(兼務は除く)1701万円、従業員兼務取締役1605万円、常勤監査役1390万円となっています。

調査対象や集計(回答)企業は異なりますが、労務行政研究所が実施した「2013年度モデル賃金・年収調査」(第3856号-13.11. 8)による従業員の年収と、今回調査による社長の年間報酬を参考までに比較してみます。大学卒・総合職25歳の従業員のモデル年収(2013年度の年間定期給与+12年年末賞与+13年夏季賞与)は約364万円であり、社長の年間報酬(4381万円)はこの年収の約12倍に当たります。さらに、同調査の役職別年収の水準と比較すると、社長の水準は課長(46.5歳・766万円)の約5.7倍、部長(51.4歳・986万円)の約4.4倍に上ります。

役員報酬は、各社の役員の構成や業績、経営としての考え方によって、同じ役位でも企業による水準差がしばしば大きく表れます。また、本調査の集計(回答)企業も年によって変動があるため、前年集計との水準比較はあまり意味をなさないといえますが、試みに2012年調査の役位別平均年間報酬を見ると、会長4603万円、社長4516万円、副社長3266万円、専務2831万円、常務2333万円、取締役(兼務は除く)1720万円、従業員兼務取締役1668万円、常勤監査役1354万円となっていました。専務と常勤監査役以外の役位では、いずれも今回調査のほうが低くなっています。

年間報酬に占める賞与の割合
従業員は賞与が年収の約4分の1を占めるが、役員は10%台にとどまる

前出の「2013年度モデル賃金・年収調査」によると、大学卒・総合職の従業員の場合、入社1年目を除き、年収に占める賞与の割合は約25~27%とおおむね4分の1を占めています。一方、今回の集計結果から役員の年間報酬に占める賞与の割合を役位別に見ると[図表1]、会長18.6%、社長12.9%、副社長16.8%、専務14.3%、常務11.8%、取締役(兼務は除く)9.0%となっており、従業員に比べてかなりウエートが小さいことが分かります。

このように年収に占める賞与の割合で、従業員と役員との間に大きな差が生じるのは賞与の性格の違いに起因すると考えられます。

従業員に支給される賞与は、かつては賃金や生計費の一部として捉えられ、固定的な性格が強くありました。最近では、賞与についても業績連動型の原資決定方式が多く見られるようになり、人事考課に基づく個人配分も、より業績重視の色彩が強まっています。一方、月例給に連動した基礎給に対して支給率(月数)を設定する賞与算定方式も少なくありません。いわば生計を賄う月例賃金の延長として、賞与にも生活維持のための“最低保障”的な要素が組み入れられているといえます。

これに対して役員の場合、年間報酬全体が職務執行の対価として支給され、賞与はその一部にすぎません。また、2006年の会社法施行により旧制度の利益処分案が廃止されて以降、報酬と業績との連動性を明確化する狙いを含めて、制度上で賞与を切り分けず、年間報酬として一本化して決定・支給する企業も増えているように見受けられます(ちなみに今回調査では社長の報酬に関して「賞与はもともとない」とする回答が全体の43.3%を占めている)。このような支給の性格や制度上の違いが、前記のような年収に占める賞与割合の差となって表れているといえるでしょう。

【図表1】役位別に見た年間報酬と構成比
【図表1】1日、週刊、月間および年間所定労働時間と年間所定休日日数(本社)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事・労務実態調査のバックナンバー

東証第1部上場企業の2019年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査
全産業212社ベースで74万7808円、対前年同期比0.1%減とマイナスに転じる
2019/10/29掲載
従業員満足度調査をめぐる状況(2018年労務行政研究所調査)
大手企業では3割が実施。従業員満足度に関する取り組みは拡大傾向に。
2019/08/05掲載
2019年度新入社員の初任給調査
東証1部上場企業241社の速報集計。 35.7%が初任給を「全学歴引き上げ」
2019/06/07掲載

関連する記事

2012年 役員報酬・賞与等の最新実態
民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、調査資料が少ない役員の報酬・賞与その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っています。本記事では、そ...
2013/06/17掲載人事・労務実態調査
業績連動型賞与制度の最新実態
民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、「業績連動型賞与制度」の最新動向を3年ぶりに調査しました。2000年代以降、導入企業が増えてきた同制度です...
2011/06/20掲載人事・労務実態調査
常勤役員の報酬・賞与等の最新実態――年間報酬の額、賞与の割合など
成果主義やコーポレートガバナンスの高まりの中、役員報酬の業績への連動や退職慰労金の廃止など、役員の報酬制度に関する見直し・再構築の動きが急速に進んでいます。こう...
2008/08/08掲載人事・労務実態調査
人事課長200人に聞く 5年後の「人事・労務」はどうなる?
実務の第一線にいる「人事課長」は、人事・労務の現状や今後をどう考えているのでしょうか? 労務行政研究所が行った調査の結果をもとに、「人事・労務」の現在と未来を探...
2004/11/29掲載人事・労務実態調査
どこまで進んだ?「成果主義」制度の傾向と対策
日本企業の最大の特徴だった「年功序列」「終身雇用」のシステムは、平成不況の深刻化とともに崩れ去ろうとしています。それに代わり、注目されているのが「成果主義」――...
2004/10/15掲載人事・労務実態調査
【用語解説 人事キーワード】
スキャンロンプラン
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ジョブ・カード制度 総合サイト

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...