企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人材採用“ウラ”“オモテ”

イノベーションと人材紹介
簡単ではない「イノベーション人材」の紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒・中途問わず、多くの人材が企業に入社する4月。それぞれが大きな夢を抱いていることだろう。人材紹介の仕事をしている者にとっての「夢」といえば、やはり自分の紹介した人材が活躍し、企業の成長に貢献してくれること。特に、大きなイノベーションを起こして社会にインパクトを与えるような人材を紹介できれば、これ以上の醍醐味はない。もちろん、そういった人材の紹介は簡単ではないし、課題も多い。

まずは社内の人材にチャンスが与えられる?

「イノベーションが求められている時代ですし、ぜひ自分もそういう仕事に関わってみたいですね」

今後の希望をたずねると、そんな夢を語ってくれる転職者は少なくない。「新規事業に関わってみたい」「経営企画やマーケティングの部署で働いてみたい」理系ならば「研究開発の部門で働いてみたい」といったように、大きな希望を持って転職活動を始める人は多い。

人材紹介会社としても、そういった人たちの後押しをしたい気持ちはあるのだが、実際にはなかなか厳しいのが実情だ。

イノベーションと人材紹介

「そういう職種への転職は、『経験必須』のケースがほとんどなんです。未経験者可という場合もまれにありますが、人気職種なのでどうしても応募者が殺到し、倍率はかなり高くなってしまいます。これまでのキャリアを生かした転職も、並行して検討されることをおすすめします」

「やっぱりそうなんですか……」

たいていの人は、この段階でがっかりしてしまう。未経験から、新規事業、経営企画、マーケティング、研究開発などの職種を希望するのは、これまで営業や生産といった部署にいた人が中心だ。ビジネス書などで「これからはイノベーションが重要になる」といった情報を見て転職を考えた、いわゆる意識の高い人材も多いので、現実を伝えるとその厳しさにショックを受けることになる。

しかし、少し考えれば、こういった人気職種が経験者募集ばかりである理由がわかるだろう。未経験者でもいいのであれば、社内にも「そういう部署に異動したい」と思っている候補者がたくさんいるからだ。企業にしてみれば、外部から採用するよりも社内で異動させた方が、商品特性や社内事情もよくわかっているから何かと話が早い。未経験であっても『準経験者』のような感覚で増員できるのである。そして、異動で空いた営業部門などの人員を中途採用で埋めることになる。

「人気部署に異動できるチャンスがあれば、社内の士気も上がりますしね」

以前、ある企業の人事担当からも、そんな狙いを聞いたことがあった。こうした話をすると、転職希望者の多くは納得してくれる。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

どうする?! 入社クロージングの山場で決裁者がまさかの海外休暇へ――。
日本進出直後の海外企業のコア人材採用 クロージングの山場で決裁者がまさかの海外休暇へ――。
2019/07/04掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
「あの人と一緒に働きたい」という入社動機
入社する企業を決める理由は人それぞれ。面接官の考え方などに共鳴し、「この人と一緒に働きたい」という気持ちが決め手になることもある。しかし、それだけで入社を決めて...
2019/06/05掲載
人材採用“ウラ”“オモテ” 
採用時に求められる「情報の透明性」
人手不足が続く中で、自社をアピールする際に、採用の障害になるかもしれない情報をできるだけ伏せようとする企業も多いようだ。しかし、それが入社すればすぐにわかってし...
2019/05/15掲載
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。



新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

「働き方改革」の旗印のもと、企業では残業削減や休暇の充実、リモートワー...


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

「いま求められる“効率的”人事給与業務とは?」第1回では、株式会社サイ...