企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人材採用“ウラ”“オモテ”

社会人のフリーエージェント

会社に「借り」をつくる可能性も
一度辞めると言ってからの残留は吉なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年もプロ野球の「フリーエージェント(FA)」がスポーツ紙の見出しを飾る季節がやってきた。日本のプロ野球でこの制度が導入されたのは1993年。自分の好きなチームに移籍できるのがFAの最大のメリットだが、FA宣言した選手の中には、交渉の末、より良い条件を引き出して元のサヤに納まるケースも少なくない。似たようなことは転職においてもあるようだ。ひょっとしたら歴史を積み重ねてきたFA制度が、20代、30代の人材の考え方に何らかの影響を及ぼしているのかもしれない。

上司に退職理由を正直に答えてしまった

「Aさんからの連絡は、まだないのでしょうか。そろそろ企業側に入社日確定の連絡を入れたいのですが」

求人企業担当のスタッフにそう催促されて、私も少し不安な気持ちになった。確かに、退社日が決まったと、Aさんからもう連絡が来てもいい頃だ。

ある企業に内定しているAさんは入社承諾済みだが、現在在職中。引き継ぎ期間が必要となるため、入社日は保留しておいてほしい、と言われていた。しかし、入社承諾からもう一週間以上経っている。普通に退職交渉をしていれば、もう結果が出ていてもいい頃だ。それなのに連絡がないということは、現在の勤め先で慰留されている可能性がある。私はさっそくAさんに連絡を入れた。

「その後、退職交渉は順調にお進みでしょうか? 引き継ぎ期間は決まりましたでしょうか。もし何かトラブルなどがあればご相談ください」

Aさんからの返事は、予想していた中で最悪に近いものだった。

「実は今、残留する場合の条件を調整してもらっているんです。退職願を提出したところ、強く引き留められてしまいまして」

転職のきっかけは人材開発 Photo

Aさんが退職を願い出たところ、上司から問題点を解決できるかもしれないので、退職理由を聞かせてほしいと言われたという。そこでAさんは、正直に年収と仕事内容だと答えた。

一般的な転職のセオリーでは、「退職時には理由を正直に答えない方がいい」とされている。正直に退職理由を伝えてしまうと、対案を出されてしまう可能性があるからだ。これでは退職交渉が長引いてしまうし、場合によってはひっくり返されることもある。一身上の都合、あるいは家庭の事情などで押し切るのがベストなのだ。

Aさんにはもちろん、そのあたりの退職交渉のポイントは伝えてあったのだが、世話になった上司の親身な問いかけに、つい本音を答えてしまったのだという。また、Aさんは過去にも転職経験があって、前回はスムーズに退職できたので、今回も問題はないと軽く考えていたようだ。

「それで、どうなりそうなんですか?」

私は恐る恐る、Aさんに聞いてみた。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材紹介会社のフォロー範囲
人生の大きな決断である転職。転職先で企業文化の違いに驚いた、場合によってはカルチャーショックさえ受けた、という話は珍しくない。早期退職を防ぐため、入社後も転職者...
2017/12/01掲載
政治経験者の再就職
多くの候補者がしのぎを削る選挙だが、もちろん当選するのはそのうちの一部。落選した場合は、新しい仕事を探すことになる。しかし、一般企業への転職活動の際には、政治活...
2017/11/02掲載
健康経営と人材紹介
従業員の健康を大切にすることで会社の収益性を高める、「健康経営」が注目を集めている。企業は既存の社員だけでなく、新たに採用する社員の健康にも気を配るようになりつ...
2017/10/02掲載

関連する記事

地方移住と転職
夏休みなどの長期休暇が終わると、転職希望者が増える。人材業界では、昔からそう言われてきた。長い休みの間に、旅先や帰省先で自分を見つめなおす時間を持ったり、家族や...
2017/09/06掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
多様化する採用ルート
売り手市場が続き、人手不足に苦しむ企業が増えている。何とか打開策を見出そうと、多くの企業が「ダイレクトリクルーティング」や「リファラルリクルーティング」に取り組...
2017/08/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアチェンジ転職
「売り手市場」が続く転職マーケット。とりわけソフトウェア開発を中心とする技術職は、引く手あまただ。しかし、本人がその貴重なキャリアを活かした転職を考えていないこ...
2017/07/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
転職活動と電話
ビジネスにおいての連絡手段といえば「電話」であった時代は過去のものとなり、現在の主役は「電子メール」。近年では「いきなり電話するのは失礼だ」と考える人も少なくな...
2017/06/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
40~50代の転職も増加中
長い間、「転職するなら35歳まで」と言われてきたが、この数年で「40代、50代でも経験重視で採用したい」というケースが徐々に増えてきている。人材紹介会社としては...
2017/05/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
「注目のセミナー特集」新たな人事ソリューション導入をご検討の企業様向けに厳選セミナーをご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

【採用】インディードオンラインセミナー 学生が選ぶインターンシップアワード
<アンケートのお願い>従業員サーベイの実態調査

注目コンテンツ


注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介いたします。



「注目のセミナー特集」
課題解決のノウハウが満載!

新たな人事ソリューション導入をご検討の企業様向けに厳選セミナーをご紹介。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第1回)

管理職1年生日記 (第1回)

主人公は、首都圏に本社がある食品メーカーC社営業部第2課に勤務するA氏...


イノベーションを生み出せるのは“現場”<br />
ICTによるスピーディーな個の連携が“最上のバーチャルチーム”を作り出す

イノベーションを生み出せるのは“現場”
ICTによるスピーディーな個の連携が“最上のバーチャルチーム”を作り出す

変化の激しい現在、企業には、市場の変化にスピーディーに対応したビジネス...