企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人材採用“ウラ”“オモテ”

転職のきっかけは人材開発

学費返済も想定内
留学先でキャリアアップに目覚めた人材

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年はどの職場でも、生産性アップのための人材開発に力を入れようになった。社内研修に加えて、国内外の大学・大学院や研究機関などに派遣、留学させるケースもよく耳にする。しかし、留学先で最先端のビジネスや理論を学ぶうちに、それまでの職場での仕事のスケールやスピード感に物足りなさを感じるようになる人も少なくない。「思い立ったが吉日」「善は急げ」ということなのか、「研修期間が終わる前に転職先を決めてしまおう」と考えて転職相談に来る人もいる。

研修が終わるまでに転職先を決めたい

「半年間の国内留学で東京に来ているんです。ちょうど半分ほど過ぎたところなので、残りの研修期間中に、できれば転職先決めたいと思っています。ただ、自分で転職活動をする余裕がないのと、あまり時間もかけたくないので、プロの人材紹介会社さんにお願いしようと思ったんです」

転職相談の席でこう語ってくれたFさんは、地方自治体の公務員だった。もともと勉強熱心で、これまでにもさまざまな人材開発プログラムに応募してキャリアアップに努めてきたそうだ。数年前には、アメリカの大学院での集中セミナーに参加したこともあるという。

Fさんのように、研修や留学といった「人材開発」がきっかけで転職を考える人は少なくない。かつては企業から著名な経営大学院などに人材を派遣するのが、ちょっとしたブームになっていた時代があったが、そこでMBAなどの学位を取得した人材がどんどん転職してしまったという話もよく聞いた。実際に私も、そういった人材の転職をお手伝いした経験がある。

そんなわけで、送り出す側も「留学後、最低○年間は転職しない」という誓約書を書かせたり、「もし転職した場合、学費は全額返却する」といったルールを定めたりしているところが大多数だ。Fさんのケースはどうなのかを聞いてみると、もちろん学費は返納しなければいけないが、自分の一生にかかわることなので、このチャンスを無駄にしたくないと言う。地方公務員といえば安定した職業の代名詞だ。その地位を捨ててまで転職してビジネスの世界に飛び込みたいというのだから、相当な覚悟があるのだろう。

「公務員の仕事も大切だということはよくわかっています。でも、やはり公務員ではできないことがたくさんあります。留学先でいろいろな人と話し合って刺激を受けたのも大きいですね。同級生はみんな社会人なので、ビジネスの生の声が聞けるんです。それでますます、ビジネスの世界にチャレンジしたくなったんです」

転職のきっかけは人材開発 Photo

Fさんの場合、勤務する自治体は東京からかなり離れている。研修期間を終えて地元に戻ってしまうと、大都市で転職活動をするのは非常に難しくなる。それが、東京にいる今のうちに決めてしまいたい大きな理由ということだった。

「よくわかりました。では、具体的にどんな仕事をご希望か詳しくお話しいただけますか」

有望な人材をさらに育てたいと思って送り出しながら、結果的に転職されてしまう雇用主(Fさんの場合は自治体)にとってはたまらない話だろう。しかし、最終的には魅力的な職場を提供できていないことが、一番の問題ということになるのかもしれない。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ”
評価されづらい?「大学院卒」の転職
退職して大学院で学びなおすことで、転職の際に有利になるのか。留学や資格取得は? 人材紹介会社のコンサルタントが語る本音とは――。
2018/12/03掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
経験豊富なのに転職しにくい人材
多くの日本企業が、ジョブ・ローテーションによる人材の長期育成を行っています。しかし、それによって「専門性」のないキャリアになってしまい、転職しづらくなってしまう...
2018/11/02掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
スピードか、スクリーニングか
近年、人材紹介会社に求められる役割は多様化している。面接までの「スピード」を求められる場合もあれば、「スクリーニング」の精度を求められる場合もあり、同じ会社でも...
2018/10/05掲載

関連する記事

新居 佳英さん(株式会社アトラエ 代表取締役CEO):
「世界中の人々を魅了する会社を創る」を掲げ
日本全体の「人材の流動化」と「組織変革の支援」を担う
「役職の撤廃」「日本初となる全従業員に対する特定譲渡制限付株式の付与」「勤務時間や働く場所を管理しない、自由度の高い働き方」――。従来の会社組織の枠にはまらない...
2018/11/28掲載HR業界TOPインタビュー
人材採用“ウラ”“オモテ”
条件が異なる人材を紹介できるか
「医大の入試で女子受験生が一律減点されていた」というニュースが広く注目された。入試と同様に性別で機会を制限してはならない、企業の「人材採用」。ただ、人材紹介会社...
2018/09/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ” 
人材も東京一極集中
東京で働く優秀な人材を採用したいと思っても、なかなかうまくいかず苦戦を強いられる地方企業は多い。そんな中、採用成功に向けて、各社はさまざまな工夫を行っているよう...
2018/08/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ” 
「逆指名」からの紹介ルート開拓
人材紹介において重要な仕事のひとつが、紹介先となる募集企業の確保だ。求人情報は多いほどマッチングしやすいし、その時々の「旬」な求人をそろえるためにも、新規開拓は...
2018/06/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
センシティブな転職相談
一つの言葉にも配慮が求められる転職サポート
人材紹介会社に相談に来る人たちは、みな真剣に転職を望んでいる。しかし、業界や職種によっては、転職希望者に求人を紹介できないことも少なくない。焦る転職希望者は、コ...
2018/05/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

インディードの採用ノウハウを無料公開 学びを可視化する ビジログ
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
new

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...