人材採用“ウラ”“オモテ” 
企業・求職者・人材紹介会社の「転職」三角関係

「その人材はやめておきましょう」とは言えない、
企業と人材の間に立つ人材紹介会社の立場

2015/7/2
「この人材は採るべきか」と企業に相談されても
推薦した以上「その人材はやめましょう」とは言えない
自信を持って紹介した人材がなぜか不採用になってしまう。逆に、少し気になる点があった人材が予想外の高評価を受けることもある――。たとえつきあいが長くても、外部の人材紹介会社が、企業の採用基準や社内事情を完全に把握するのは難しいということだろう。従って、あまり固定観念にとらわれず、可能性がありそうな求職者を幅広く推薦していくのが人材紹介の基本だ。それだけに、企業側から「この人材は採るべきか」と相談されても答えようがない時もある。
(1/2ページ)

ニューヨークからの転職

「今、御社の近くまで来ているんですよ。急ですが少しだけ時間をいただくことは可能ですか。ご相談したい件がありまして」

電話は取引先のM部長からだった。M部長の所属は人事ではなく、事業開発部だ。海外と交渉する仕事も多く、外国人スタッフも複数在籍しているやや特殊な部門であるため、採用についても責任者である部長が直接人材紹介会社との窓口になっている。そんなM部長とはこのところずっと「Pさん」という人材の件でやりとりをしていた。

Pさんはニューヨーク在住のアメリカ人だ。私たちは外国人の紹介も行うが、基本的には日本に住んでいる外国人が対象となる。そのため、「日本で働きたいアメリカ人がいる」といって人づてに紹介されたPさんはかなり特殊なケースだった。

「金融か不動産の会社を紹介してください」

インターネットを使ったテレビ電話で挨拶したPさんは流ちょうな日本語を操るが、送ってもらった職務経歴書などはすべて英語だった。いくつかの企業に打診したところ、ちょうどM部長の事業開発部が増員を考えているという。最初はテレビ電話で面接を行い、その後、Pさんの来日する機会に合わせて、M部長や同部門所属の外国人スタッフも交えた2次面接を実施。ここまではかなり順調だった。

Photo

日本企業ならこのあたりで「内定」(または内々定)ということになり、入社日の調整などが行われる。ところがPさんはアメリカ人だけあって、「契約書」をつくってほしいという要望を伝えてきた。年収や詳しい職務内容、勤務条件だけではない。ニューヨークからの引越費用を会社側が負担すること、日本での住居も用意してほしく、広さや地域はこのあたり……など、実にこと細かい内容を詰めて、英文の契約書にしていく。

さらに、Pさんは宗教上の理由で、週末以外に絶対に休まなくてはならない日があった。しかも、その前日は「日没」までしか仕事ができない。それも契約に盛り込んでほしいという。このあたりになると、日本ではかなり異例である。

「ニューヨークにはこういう人も多いんですよね」

M部長は自身も海外経験が長く、そのあたりには柔軟だった。ニューヨークでのPさんのキャリアを評価し、多少イレギュラーな勤務形態になってもPさんを採用したいと考えていたようだ。

ただ、そういった細かいやりとりを経て、作り直された契約書が日本とニューヨークを何往復もすることになるから、当然時間もかかる。そんな時にM部長からの電話があったのだった。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

転職活動と電話
ビジネスにおいての連絡手段といえば「電話」であった時代は過去のものとなり、現在の主役は「電子メール」。近年では「いきなり電話するのは失礼だ」と考える人も少なくな...
2017/06/02掲載
40~50代の転職も増加中
長い間、「転職するなら35歳まで」と言われてきたが、この数年で「40代、50代でも経験重視で採用したい」というケースが徐々に増えてきている。人材紹介会社としては...
2017/05/01掲載
若手採用のパラドックス
せっかく採用した新入社員がすぐに辞めてしまう、という悩みを抱える企業は少なくない。そのため“すぐにやめない人材”であることも選考のポイントとなる。人材紹介会社で...
2017/04/03掲載

関連する記事

フルタイム以外の人材紹介
子育てや介護などでフルタイムは働けない人の場合、これまではパートタイマーのような簡単な仕事を選択することがほとんどだった。しかし、「短い時間でもキャリアを生かし...
2017/03/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
社会人教育と転職
「働き方改革」の一つとして、人材が流動化しやすい社会、つまり転職しやすい環境をいかにつくるのかという課題がある。欧米では一般的な「大学などで学び直すことでキャリ...
2017/02/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
有本隆浩さん(株式会社MS-Japan 代表取締役社長):
感性を研ぎ澄ませて時代の流れを読み、あとは行動あるのみ――
「管理部門特化型」の人材紹介で市場を創造
株式会社MS-Japanは、人材紹介会社としてはきわめてユニークな「管理部門に特化する」戦略によって、業界屈指の高収益・高付加価値を実現しています。同社の創業者...
2017/01/30掲載HR業界TOPインタビュー
出張面談とプライバシー
腹を割って本音を話してもらう「転職相談」は、人材紹介に欠かせないプロセスだ。在職中で忙しい場合、求職者の希望の場所で出張面談を行うこともある。注意しなければいけ...
2017/01/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
過労死事件の死角
有名企業で起きた「過労死事件」は多くのメディアで取り上げられており、転職希望者にとっても、無関心ではいられない問題だろう。問題の過労死事件は、世間では一流企業と...
2016/12/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
働き方改革特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
<アンケートのお願い>メンター制度に関するアンケート

注目コンテンツ


働き方改革特集

長時間労働の是正、労働生産性の向上など、実務に役立つサービス・セミナー情報をお届けします。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...


HR Techで人事が組織を変えていく<br />
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

HR Techで人事が組織を変えていく
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

人事や企業経営を大きく変えていくと言われる「HR Tech」や「ピープ...