人材採用“ウラ”“オモテ” 
企業・求職者・人材紹介会社の「転職」三角関係

転職と人脈

2015/6/1
マネジャーが採用権限を持つ外資系企業などに見られる
転職した元上司に引っ張られての「転職」
「外資系企業」という言葉から受ける印象の一つに「人間関係がさっぱりしている」というものがある。つきあい残業がないとか、仕事帰りに飲みに行ったりしない、といったイメージだ。しかし、実際には各部署のマネジャーが採用権限を持っているなど、上司と部下の関係が非常に密なケースもある。時には、上司が転職後、元の職場の部下を転職先に連れてきて再び一緒に仕事をする、といったケースも珍しくないようだ。
(1/2ページ)

尊敬できる上司との出会い

『なお、これまでの転職はすべて引き抜き(人脈によるもの)です』

Aさんの職務経歴書にはそんな一文が書き添えられていた。これまでに外資系企業を4社経験しているが、その在籍期間は最初の1社を除くと平均して2年ほど。キャリアコンサルタントの目から見ても、年齢の割にやや転職回数が多く、在籍期間が短いことが気になった。「今までの転職はすべて請われての転職であって、自分はそれだけの市場価値のある人間です」と伝えたくて、Aさんは冒頭の一文をつけ加えたのだろう。

Photo

念のため、Aさんに転職相談で面談した際にこの文の意味するところを確認してみた。

「おっしゃる通りです。すべて1社目の会社で上司だった人に一緒にやらないかと誘われて転職したんです。ですから、人材紹介会社にお世話になるのも初めてなんです」

いかにも外資系経験者らしいスマートな雰囲気だが、話し方や物腰は丁寧なAさん。詳しく聞いてみると、やはりその上司にかなりほれ込んでいるようだった。

「経験豊富で非常に優秀な方でしてね。私も多くのことを学びました」

Aさんが最初の会社に勤めている時に、その上司が転職してきたのだという。一緒に仕事を進めていくうちに仕事観などが似ていることがわかり、何かとかわいがってくれた。ところが3年もしないうちに、その上司が再度転職してしまう。

「新しい上司の下で働きはじめたわけですが、どうしても以前のやり方と比較してしまう。ある時、思い立って今後のことも含めて元上司に相談に行きました」

すると話を聞いた元上司が、「だったらうちの会社に来ないか。ちょうど増員を考えていたし、もし君が来てくれるならぴったりだ」と誘ってくれたという。外資系企業の場合、各部署のマネジャーが採用権限を持っているケースも多い。

「うれしかったですね。人脈というのはこういう時に生きるのかと思いました」

それから上司が転職するたびにAさんも同じ会社に移り、そうこうしているうちに一緒に4社も経験することになったという。マーケティングのプロである上司はAさんが言う通り、おそらく非常に仕事のできる人物なのだろう。そうでなければキャリアップしながら何度も転職を繰り返せるわけがない。その仕事ぶりを目の当たりにして、「この人からもっと学びたい」と思ったというAさんの気持ちもまた、本物だったのだろう。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

社会人教育と転職
「働き方改革」の一つとして、人材が流動化しやすい社会、つまり転職しやすい環境をいかにつくるのかという課題がある。欧米では一般的な「大学などで学び直すことでキャリ...
2017/02/01掲載
出張面談とプライバシー
腹を割って本音を話してもらう「転職相談」は、人材紹介に欠かせないプロセスだ。在職中で忙しい場合、求職者の希望の場所で出張面談を行うこともある。注意しなければいけ...
2017/01/04掲載
過労死事件の死角
有名企業で起きた「過労死事件」は多くのメディアで取り上げられており、転職希望者にとっても、無関心ではいられない問題だろう。問題の過労死事件は、世間では一流企業と...
2016/12/02掲載

関連する記事

有本隆浩さん(株式会社MS-Japan 代表取締役社長):
感性を研ぎ澄ませて時代の流れを読み、あとは行動あるのみ――
「管理部門特化型」の人材紹介で市場を創造
株式会社MS-Japanは、人材紹介会社としてはきわめてユニークな「管理部門に特化する」戦略によって、業界屈指の高収益・高付加価値を実現しています。同社の創業者...
2017/01/30掲載HR業界TOPインタビュー
社会人のフリーエージェント
この時期プロ野球の「フリーエージェント(FA)」の話題が世間を騒がす。FA宣言した選手の中には、交渉の末、より良い条件を引き出して元のサヤに納まるケースも少なく...
2016/11/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
転職のきっかけは人材開発
近年はどの職場でも、生産性アップのための人材開発に力を入れようになった。社内研修だけでなく、国内外の大学・大学院や研究機関などで最先端のビジネスや理論を学ぶうち...
2016/10/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
行ってみたら事務所がない? 妙に強気の人気企業
人材採用をサポートする仕事をしていると、こちらがびっくりするような企業も時にはある。「最近の人材採用は難しい」ということがわかっている企業は、きちんとこちらのア...
2016/09/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材紹介会利用に当たり「留意する事項」
求人企業と求職者のアンマッチや優秀人材の取り合いなど、人材紹介の過程では様々な問題が発生しがちである。大切な転職・採用を成功させるための留意点とは?
2016/08/31掲載よくわかる講座
グローバル人材育成特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
クラウド人材管理ツール『カオナビ』 TKPの貸会議室ネット

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


グローバル人材育成特集

本特集では、「グローバル人材」の育成に向けヒントとなるインタビュー記事やセミナー・サービスをピックアップ。 貴社のグローバル化推進にお役立てください。



従業員のヘルスケア特集

本特集では、従業員の心と身体の健康管理に役立つ多彩なプログラムをご紹介。これを機に、自社のヘルスケアの取り組みについて見直してみませんか。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


学び慣れていない人に“考えるチカラ”を<br />
 サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

学び慣れていない人に“考えるチカラ”を
サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

“自分で考える力”や“自立・自律性”の不足は、人の能力に依存するサービ...