企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事マネジメント「解体新書」

いま、なぜ「エンゲージメント」なのか?【前編(1/2ページ)

~「イコールパートナー」の関係を深める人材マネジメントのあり方~

近年、「エンゲージメント」という考え方が急速に広まっている。会社と社員を、共に支え合う「イコールパートナー」と考えるもので、会社は社員が働きやすい施策や職場環境を提供し、社員はそれに応えて会社との信頼関係を深めながら、貢献していく。その結果、社員が会社や仕事・同僚たちを誇りに思い、好意を抱くような関係性を目指すというものである。では、なぜ今、エンゲージメントが多くの日本企業で取り入れられているのか。エンゲージメントを高めていくにはどうすればいいのか。詳しく解説していく。
「エンゲージメント」が求められる背景と理由
◆ポスト「成果主義」「コミットメント経営」の流れの中で…

終身雇用も将来のポストの約束も怪しくなった現在、ほとんどの企業では昔のような主従関係・親子関係は結びたくても結べなくなっている。ある時期、「成果主義」や「コミットメント経営」といった形で、新たな組織と個人の関係を構築する動きが出てきたが、事を急いだこともあって、その多くは成功できなかったように思う。そのような状況下に出てきたのが「エンゲージメント」という考え方である。

エンゲージメントとは、会社と個人が対等なパートナーとしてお互いにほれ合い、相手のために尽くそうとする関係であり、ある意味、会社と個人の「婚約関係」と言うことができる。これが従来の日本的な「和」を良しとし、他者のために汗することを厭わない職場風土と合致したのである。会社と社員がほれ合いながらも、適切な緊張関係を築いていくことを下支えする存在として、エンゲージメントは注目されてきた。

◆「エンゲージメント」とは何か?

欧米企業と比較するまでもなく、これまで日本の会社と社員との関わりは「主従関係」に近かった。社員は会社の命令には何であろうと従順に従い、その代わりに会社は「終身雇用慣行」の下、社員の人生を丸ごと面倒みてきたのである。

ところが、エンゲージメントは会社と社員が「イコールパートナー」であることが前提となる。対等の存在としてお互いがほれ合っているからこそ、一緒にいるのである。相手のことが好きだからこそ、命令がなくても相手のために自発的に動くのである。終身雇用慣行の中での主従関係から生まれる「忠誠心」とは違った概念である。この部分を見誤ってはいけない。

エンゲージメントは、あくまでも自律した人間同士が互いに惹かれ合っている状態。婚約という「契約関係」に基づき、いつ相手から契約を解消されるか分からない緊張感を伴った社員と会社のあり方である。だからこそ、過度な「依存」は許されない。「ぶら下がり社員」や「指示待ち族」もあり得ない。まさに、成熟した大人の人間同士の関係である。



この記事は会員限定です。会員登録(無料)をすると続きを読むことができます。
登録10秒!メールアドレスだけで簡単にご登録ができます
会員の方はこちら
次のページ
「エンゲージメント」をベースとした会社と社員の関係づくり
  • 1
  • 2
  • 次のページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事マネジメント解体新書のバックナンバー

人事マネジメント「解体新書」第118回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは【後編】
「公的資料」を使って「働き方改革関連法」を徹底理解する
近年、労働に関する「法改正」が進展する中、人事担当者の「法律」(労働関連法令)への正しい理解と適切な対応は、需要なスキルとなっている。「後編」では「働き方改革関...
2019/11/21掲載
人事マネジメント「解体新書」第117回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは【前編】
厚生労働省などの「公的資料」をいかに読み抜くか
近年、「働き方改革関連法」の施行や「パワハラ防止法」の成立に代表されるように、人事部の業務に関連する「法改正」の動きが一段と活発化している。そのため、人事の仕事...
2019/11/13掲載
人事マネジメント「解体新書」第116回
「パワー・ハラスメント防止」を義務付ける関連法が成立、
企業は「パワハラ防止法」にどう対応していけばいいのか?【後編】
職場での「パワー・ハラスメント(パワハラ)」の防止を義務付ける関連法が2019年5月29日、参院本会議で可決・成立した。大企業には2020年4月から、中小企業は...
2019/10/22掲載

関連する記事

エンゲージメントサーベイを「行っている」企業は約4割、「行っていない」企業は約6割
自社従業員のエンゲージメントの状態を調べる「エンゲージメントサーベイ」を、実施しているかどうかを聞いたところ、「行っている」は35.9%。「行っていない」は57...
2020/02/18掲載人事白書 調査レポート
職場のモヤモヤ解決図鑑【第2回】
1on1で、ついつい上司ばかりが話してしまった
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決...
2020/02/18掲載編集部注目レポート
職場のモヤモヤ解決図鑑
【第1回】「1on1」をやってね、と言われたけど、話すことが見つからない…
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決...
2020/01/08掲載編集部注目レポート
酒場学習論【第2回】国分寺「燗酒屋がらーじ」と、決める・決めてもらうのが私たちの仕事
古今東西、人は酒場で育てられてきました。上司に悩み事を相談した場末の酒場、仕事を振り返りつつ一人で呑んだあのカウンター。あなたにもそんな記憶がありませんか。「酒...
2019/11/29掲載編集部注目レポート
世界で大反響を巻き起こした
“強みを伸ばす”新たなリーダーシップ開発法が
人と組織の継続的な成長を可能にする
世界14ヵ国で60万人以上に読まれている、グローバル・マネジメント誌『ハーバード・ビジネス・レビュー』で大反響を巻き起こした「飛びぬけたリーダー」論文の執筆者で...
2019/11/20掲載編集部注目レポート
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

職員の皆さまに、資産形成の研修を

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...