企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事マネジメント「解体新書」

「長時間労働」をいかに是正していくか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜ、早く帰れないのか?
◆長時間労働となるさまざまな理由

そこまで言われなくても長時間労働がよくないことは、誰もが自覚している。それなのに、なぜ残業が増え、休むべき休日に出勤しなければならないのか。また、なぜ有給休暇をきちんと消化できないのか。連合総合研究所が2007年に実施した調査から、その原因を探ってみたい。

同調査では「所定労働時間を超えて働くときの理由」を聞いている。その結果をみると、最も多いのは「仕事量が多いから」51.0%であった。さらに、「突発的な仕事があるから」40.7%、「勤務時間外でないとできない仕事があるから」20.0%、「納期にゆとりがないから」16.3%といったように、多分に働く側からすると“個人ではどうしようもない理由”が上位に挙げられている。

しかし一方で、「仕事を納得できるように仕上げたいから」19.9%、「残業手当を生活の当てにしているから」7.2%など、自らの意思で行う残業も少なくない。さらに、「皆が残業しており、先に帰りづらいから」8.4%、「残業をしないと、査定に影響があると思われるから」2.1%など、相変わらずと言うか、昔のままで進歩のない職場風土を引きずった理由も、若干ではあるが存在している点が注目される。

実際問題として、有給休暇などについて言えば、職場内で誰も取ろうとしないと、自分だけが取ることはとても難しい。それはそうだろう。ましてや忙しい上に、職場に人が少ないとなれば、周囲に気を使うし、休みが取りづらくなるのは当たり前だ。結局、こうしたあまりにも“日本的”な組織風土や個人の意識の問題が、長時間労働になってしまう原因の根底にあるように思う(もっとも最近のシュガー社員と呼ばれる人たちはそんなことはないという話を聞く。これは別の問題として、また新たに取り上げてみたい)。

◆IT化、情報化でプライベートな時間がなくなった!?

それから、長時間労働が広がった理由として、もう1つ忘れてはならないことがある。それは世の中のIT化、情報化が進んだことである。世の中全体にeメールや携帯電話が普及したことにより、仕事が“オンコール化”した。オンコールとは、医者などの職業が代表的であるが、勤務時間外の呼び出しに応じられるよう待機することであり、それが現在ではあらゆる仕事に当然のごとく適用されるようになってしまったのだ。そのため、休日やプライベートな時間まで会社から追いかけられてしまう事態を招いてしまい、仕事と私生活、勤務時間と勤務外時間の垣根は曖昧になってしまった。思い当たることのある方も少なくないのではないか。これは正直、辛い。

いずれにしても、長時間労働の背景には多種多様な理由が潜んでいて、これを是正していくことはとても一筋縄ではいかない。人事部サイドから見ただけでも、仕事の生産性の向上、会社側の労務管理やマネジメントのあり方、職場風土や仕事慣行、賃金・評価制度の見直しなど、さまざまな視点からのアプローチや改善が欠かせないのは間違いのないところである。

【図表3】所定労働時間を超えて働くときの理由
所定労働時間を超えて働くときの理由
出所:連合総合生活研究所「ワークライフバランスに関する認識」(2007年)

 


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事マネジメント解体新書のバックナンバー

人事マネジメント「解体新書」第118回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは【後編】
「公的資料」を使って「働き方改革関連法」を徹底理解する
近年、労働に関する「法改正」が進展する中、人事担当者の「法律」(労働関連法令)への正しい理解と適切な対応は、需要なスキルとなっている。「後編」では「働き方改革関...
2019/11/21掲載
人事マネジメント「解体新書」第117回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは【前編】
厚生労働省などの「公的資料」をいかに読み抜くか
近年、「働き方改革関連法」の施行や「パワハラ防止法」の成立に代表されるように、人事部の業務に関連する「法改正」の動きが一段と活発化している。そのため、人事の仕事...
2019/11/13掲載
人事マネジメント「解体新書」第116回
「パワー・ハラスメント防止」を義務付ける関連法が成立、
企業は「パワハラ防止法」にどう対応していけばいいのか?【後編】
職場での「パワー・ハラスメント(パワハラ)」の防止を義務付ける関連法が2019年5月29日、参院本会議で可決・成立した。大企業には2020年4月から、中小企業は...
2019/10/22掲載

関連する記事

外国人労働者が関係する労組トラブル対応最前線
相次ぐ外国人技能実習生の失踪などから、長時間労働や過重労働をめぐって紛争につながるケースが多発しています。外国人労働者が関係する労使トラブルの最新事例と、具体的...
2019/09/05掲載人事・労務関連コラム
「働き方改革」推進に向けての実務(2)長時間労働の是正
2016年6月に閣議決定された「ニッポン一億総活躍プラン」に示された、働き方改革における「長時間労働是正」とは?
2017/03/31掲載よくわかる講座
「働き方改革」推進に向けての実務(1)同一労働・同一賃金など非正規雇用の処遇改善
ここでは「働き方改革」の代表的な施策についてその目的・課題と実務上のポイントを整理する。
2017/03/31掲載よくわかる講座
ワーク・ライフ・バランスを実現するために求められる「働き方改革」
ワーク・ライフ・バランスの実現に不可欠な「働き方改革」で日本はどう変わる?これまでの雇用政策を刷新する政府の取り組みについて。
2017/03/31掲載よくわかる講座
ワーク・ライフ・バランス推進のポイント
労働時間削減・多様性への柔軟な対応――。ワーク・ライフ・バランス推進のために会社・従業員双方が押さえるべきポイントとは?
2017/03/31掲載よくわかる講座

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...