企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事マネジメント「解体新書」

人事マネジメント「解体新書」第116回
「パワー・ハラスメント防止」を義務付ける関連法が成立、
企業は「パワハラ防止法」にどう対応していけばいいのか?【後編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

職場での「パワー・ハラスメント(パワハラ)」の防止を義務付ける関連法が2019年5月29日、参院本会議で可決・成立した。大企業には2020年4月から、中小企業は2022年4月から適用される予定である。その概要と今後、企業に求められる取り組みについて、解説する。
※前編はこちら

1. 「パワハラ防止法」とは?

法制化の経緯~パワハラ対策も「働き方改革」の一環

パワハラ防止対策は、2011年度の職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議の下に設置されたワーキング・グループの報告において、職場における「パワハラの概念」「行為類型」がまとめられた(前編参照)。その後、働き方改革実行計画(2017年3月)において、職場のパワハラ防止を強化するために、政府は労使関係者を交えた場で対策の検討を行うことを差し迫った課題として提示。翌2018年3月に、「職場のパワー・ハラスメント防止対策についての検討会報告書」が公表された。

これらの動きを受け、パワハラ防止対策を法制化する方向での検討が、労働政策審議会雇用環境・均等分科会において行われた。そして、2018年12月に「女性の職業生活における活躍の推進及び職場のハラスメント防止対策等の在り方について」と題する報告書がまとめられた。

年が明けた2019年5月29日に「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律等の一部を改正する法律」が成立、6月5日に公布された。本法律では、「女性活躍推進法」の改正とともに、ハラスメント対策の強化を内容とした「労働施策総合推進法」の改正に伴い、パワハラ防止対策の法制化(パワハラ防止法)がなされた。施行は2020年4月の予定(中小企業は2022年4月予定)だ。

今後、パワハラについてはこの法律を根拠として、さまざまな展開が行われることは間違いない。

「パワハラ防止法」が求める内容~悪質企業は社名公表、2019年中に指針を公表予定

ここで、「パワハラ防止法」のポイントを見てみよう。

まずパワハラを、「職務上の優位性を背景に、適正な範囲を超えて従業員に精神的、身体的苦痛を与える行為」と、日本で初めて定義した点に注目が集まった。そして、相談窓口の設置や相談者のプライバシー保護の徹底、パワハラへの対処方針を就業規則で定めることなどを企業に義務付けた点(措置義務)の意義が大きい。

さらに、パワハラが常態化し、行政指導を行っても改善が見られないなど悪質なケースでは、企業名を公表することを定めた。労働側が求めていた罰則付きの規定はないものの、企業がパワハラ防止への対応を強く迫った内容と言える。

なお、厚生労働省は、パワハラに当たる具体的な行為を明示する「指針」について、2019年度内に策定する予定としている。現在、パワハラに関しては六つの「行為類型」(身体的な攻撃、精神的な攻撃、人間関係からの切り離し、過大な要求、過小な要求、個の侵害)が示されているが、こうした類型を基に、どのような指示や業務内容がパワハラに当たるかどうかを定めることなる。

ただし、課題も多い。例えば、「過大な要求」「過小な要求」といった項目は、行為の線引きが難しいように思われる。また、経営側からも業務上必要な指導との区別が難しいのではないかとの指摘があるなど、今後、指針を作る際の議論については、難航することが予想されている。


この記事は会員限定です。会員登録(無料)をすると続きを読むことができます。
登録10秒!メールアドレスだけで簡単にご登録ができます
会員の方はこちら
  • 1
  • 2
  • 次のページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事マネジメント解体新書のバックナンバー

人事マネジメント「解体新書」第118回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは【後編】
「公的資料」を使って「働き方改革関連法」を徹底理解する
近年、労働に関する「法改正」が進展する中、人事担当者の「法律」(労働関連法令)への正しい理解と適切な対応は、需要なスキルとなっている。「後編」では「働き方改革関...
2019/11/21掲載
人事マネジメント「解体新書」第117回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは【前編】
厚生労働省などの「公的資料」をいかに読み抜くか
近年、「働き方改革関連法」の施行や「パワハラ防止法」の成立に代表されるように、人事部の業務に関連する「法改正」の動きが一段と活発化している。そのため、人事の仕事...
2019/11/13掲載
人事マネジメント「解体新書」第116回
「パワー・ハラスメント防止」を義務付ける関連法が成立、
企業は「パワハラ防止法」にどう対応していけばいいのか?【後編】
職場での「パワー・ハラスメント(パワハラ)」の防止を義務付ける関連法が2019年5月29日、参院本会議で可決・成立した。大企業には2020年4月から、中小企業は...
2019/10/22掲載

関連する記事

ハラスメントのないクリーンな職場への第一歩
管理職が自らのコミュニケーションを客観視する
管理職教育用Web適性検査「パワハラ振り返りシート」導入の手応え
パワーハラスメント対策の難しさは、当事者にその意識がなくても結果的にハラスメントになってしまうケースが多いことにあります。そこで注目されるのが、管理職がパワハラ...
2019/11/29掲載注目の記事
従業員満足度調査をめぐる状況(2018年労務行政研究所調査)
大手企業では3割が実施。従業員満足度に関する取り組みは拡大傾向に。
2019/08/05掲載人事・労務実態調査
「パワハラ防止法」だけじゃない 2019年前半ハラスメントの注目情報
2019年5月にハラスメントに関する法改正が行われ、「パワハラ防止法」が成立。『日本の人事部』では、2019年前半の「ハラスメント」に関するトピックをピックアッ...
2019/08/01掲載編集部注目レポート
帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~
働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を守るための施策を考えるだけが目的ではありません。従業員の健康を増進することが、仕事への活力...
2019/01/08掲載注目の記事
本誌特別調査
旧姓使用を認めている企業は67.5%
~民間企業440社にみる人事労務諸制度の実施状況(労務行政研究所)~
企業で広く取り入れられている18分野・191制度の実施率と10制度の改廃状況について調査した「人事労務諸制度実施状況調査(2018年1~4月実施)」結果を抜粋し...
2018/12/10掲載人事・労務実態調査
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...