人事マネジメント「解体新書」

社員に気づきと成長を促す「キャリア開発支援」(前編)
その全体像と関連施策、運用のポイント (1/3ページ)

2016/04/14

変化が激しく、将来の予測が難しい経営環境にあって、「キャリア開発」があらためて注目されている。社員の能力を高めるため、また、継続的に高い成果を生み出す組織を実現させるために不可欠だからだ。しかし、実際に人事担当者がキャリア開発支援を行う際、施策の対象範囲が広く、取り組み内容も多岐に渡るため、何をどう進めていけばいいのか、戸惑うことが少なくない。それぞれの施策を効果的に行うには、まずはキャリア開発支援の枠組みをしっかりと把握し、具体的な制度設計に踏み込んでいくことが重要である。「前編」では、「キャリア開発支援」の必要性を明らかにするとともに、具体的な対応(施策)と、運用のポイントについて解説する。

「キャリア開発支援」の必要性
◆優秀な人材を確保・定着させるためには「キャリア開発支援」が不可欠

これまで大企業を中心に、社員は与えられた仕事や役割を会社の期待通りに遂行していく働き方がよしとされた時代が長く続いた。しかし、社会を取り巻く環境が変化し、働く人の価値観が多様化している現在は、自分らしいキャリアとは何かを考え、仕事を軸とした人生が意味のあるものになるよう、自分の持つ能力を磨き、育てていく働き方が求められている。

事業を取り巻く環境が激しく変化しているため、多くの企業では求められる商品・サービスも変化しているが、それはキャリアのあり方においても同様だ。状況によって仕事内容や担当業務が全く変わってしまうことが頻繁に起こっているため、主体性を持って自在にキャリア開発を行えるようにしておかなければ、自分を見失うことになりかねない。

だからこそ、自分で自分のキャリアを考えることが大切なのである。「自分は会社で何をしたいのか」「どういう自分でありたいのか」「何を通して自分を表現していきたいのか」といった「働くことの意味」や「自分にとっての仕事・会社」について考えることが、今まさに求められているのだ。

そのためにも、企業は社員一人ひとりが「潜在的な能力を発揮する」「自らの価値観・キャリア観で仕事を選択する」「社内価値だけでなく、社外価値も高まるような職業人生(キャリア)を歩む」といったことができるようにすることが大切だ。もちろん、これらは社員一人ひとりの責務だが、会社としてできる限りの支援をすることが、これからは必要になってくる。一人ひとりが仕事を通じて実現したいことを考え、将来の姿を描き、その中で自分の日々の仕事を意味づけ、主体的・自律的に取り組む。そういった状態が実現できれば、社員自身のやりがいと成長につながり、組織活性化へとつながっていくからだ。

キャリア開発支援は、優秀な人材を確保・定着させるためにも、大変重要な戦略と言える。例えば、最近の学生は就職活動の際、自分の能力を伸ばしてくれる、成長することができる会社を選ぶ傾向が強い。売り手市場と言われる昨今の採用環境下、企業にとって優秀な学生を引き付けることは、重要な課題となっている。「御社では、どのようにキャリアを形成することができるのでしょうか?」といった学生からのストレートな質問に対して、明確に答えることができなければ、選ばれる会社にはなれないように思う。

また、新卒者の3割が3年以内に辞めるという現実がある中で、これからは人材の流動化がますます進み、転職をすることが当たり前の世の中になるだろう。そのような状況においては、会社が社員の長期的なキャリア開発支援を行っているかどうかが、優秀な人材を引き止めておく重要な条件となるのは間違いない。

このように、社員のキャリア開発を支援することは、これからの時代において、企業責任であると同時に、まさに重要な企業戦略であることを人事部は認識すべきである。

◆自らの意志で選択することの重要性

言うまでもなく、キャリアのプロセスとは、実に多様な「選択」の連続からなる。それも、一人ひとり異なる。ここで重要なのが働き方の核となる「価値観」であり、これがキャリア選択において大きな決め手となる。自らの価値観によって決定(納得)したものであれば、自らに責任を持ち、達成に向けて主体的に行動していくことができる。仮に、予想外の配置や異動となった場合でも、そこで働くことの意味を自分として見出すことができれば、自分で選択したことと同じである。しかし、他から押しつけられて嫌々やっているのであれば、積極的に働く動機づけを持つことは難しいことだろう。

そういう意味でも、自分がどのような「価値観」を持っているのかを知ることは重要だ。なぜなら、人間は自分にとって価値があると思うことを実践し体感することによって、生きがいを感じ、自己実現・充実感を覚えるからだ。すると、さらに努力をし、成長していこうとするようになる。この自己理解のプロセスを経ないで、周囲から勧められるまま、あるいはあまり深く考えずに決めてしまうと、「このような事態は、全く考えてもみなかった」「思っていた仕事と全く違う。これでは、興味・関心が持てない」といった状況に陥り、後々、後悔することになりかねない。そのため、社員一人ひとりが「キャリアビジョン」を描くことが重要なカギを握っているのだ。

毎日の忙しさに流され、あっという間に年月を重ねるような仕事人生ではなく、自らのキャリアを強く意識し、開発していくからこそ、仕事へのやりがいやモチベーションが醸成される。このようなキャリア開発を実現していくには、自分の「過去・現在・未来」についての自己評価や能力に対するチェック・分析といった作業(プロセス)が欠かせない。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事マネジメント解体新書のバックナンバー

人事マネジメント「解体新書」第106回
「健康経営」の時代
~健康を「経営課題」と位置付け、社員の健康増進図る企業例(後編)
「健康経営」とは、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することに他ならない。経営の視点から従業員個々人の健康に介入することによって、利益効率の高い...
2017/04/27掲載
人事マネジメント「解体新書」第105回
「健康経営」の時代
~「コスト」から「投資」へ、健康増進への取り組みを位置付ける(前編)
従業員の健康は、企業経営を支える重要な基盤である。しかし、過重労働による心身の不調や生活習慣病の増加、それらに伴う医療費負担の増加など、その基盤を揺るがすリスク...
2017/04/20掲載
人事マネジメント「解体新書」第104回
人材難の時代における「ヘッドハンティング」活用法
~「即戦力」をサーチする際の留意点とポイント(後編)
スペックの高い「即戦力」を求める場合、求人メディアよりも「ヘッドハンティング」を利用した方が、より確実にピンポイントの人材を探し出すことができる。問題は、求人メ...
2017/03/13掲載

関連する記事

従業員の評価の結果を「人材開発・育成」に活用している企業は31.0%、「キャリア開発」に活用している企業は17.0%にとどまる
従業員に対する評価結果を何に活用しているのかを複数選択形式で聞いたところ、最も多かったのが「昇進・昇格」(84.0%)で、2番目は、「基本給」(80.4%)、3...
2017/07/07掲載人事白書 調査レポート
社員の「キャリア」を考えるときに読んでおきたい記事8選
経営環境の変化がますます激しくなる中、従業員の「キャリア開発支援」は企業にとって重要課題となっています。企業が継続的に成長していくには、社員の能力を高めることが...
2017/06/21掲載『日本の人事部』編集部 厳選記事
人事マネジメント「解体新書」第94回
社員に気づきと成長を促す「キャリア開発支援」【後編】
「前編」では、「キャリア開発支援」が求められる背景と、その対応(施策)と運用のポイントについて解説した。「後編」では、積極的に社員の「キャリア開発支援」を行って...
2016/04/20掲載人事マネジメント解体新書
加藤智明さん(株式会社日本マンパワー):
顧客の人材開発課題に的確に応える「キャリア開発支援ナンバーワン企業」を宣言
日本マンパワーは、「キャリア開発の研修プログラム」「キャリアカウンセリングを活用した事業」に特徴を持つ人材開発の会社。教育・研修サービスや人材サービスを日本全国...
2015/07/29掲載HR業界TOPインタビュー
竹内健さん:組織の壁、実力の壁、言葉の壁――“壁”を突破し続ける思考が世界を広げる
半導体産業というグローバル競争の最激戦区で、ときに企業社会の慣習や制度の壁とも闘いながら走り続けてきた世界的エンジニアである竹内先生。今回のインタビューでは、多...
2012/07/30掲載キーパーソンが語る“人と組織”
2019年度 新卒採用特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること

注目コンテンツ


2019年度 新卒採用特集

激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

変化のスピードが速い現代において、過去の“経験則”だけでは通用しないの...


HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HRカンファレンス2016秋で大好評だった、『HR Techで人事が変...