無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

人事マネジメント「解体新書」第93回
社員に気づきと成長を促す「キャリア開発支援」
その全体像と関連施策、運用のポイント

社員のキャリア開発支援を行う際、施策の対象範囲が広く、取り組み内容も多岐に渡るため、何をどう進めていけばいいのか、戸惑うことが少なくない。それぞれの施策を効果的に行うには、まずはキャリア開発支援の枠組みをしっかりと把握し、具体的な制度設計に踏み込んでいくことが重要である。「キャリア開発支援」の必要性を明らかにするとともに、具体的な対応(施策)と、運用のポイントについて解説する。

「キャリア開発支援」の必要性

◆優秀な人材を確保・定着させるためには「キャリア開発支援」が不可欠

これまで大企業を中心に、社員は与えられた仕事や役割を会社の期待通りに遂行していく働き方がよしとされた時代が長く続いた。しかし、社会を取り巻く環境が変化し、働く人の価値観が多様化している現在は、自分らしいキャリアとは何かを考え、仕事を軸とした人生が意味のあるものになるよう、自分の持つ能力を磨き、育てていく働き方が求められている。

事業を取り巻く環境が激しく変化しているため、多くの企業では求められる商品・サービスも変化しているが、それはキャリアのあり方においても同様だ。状況によって仕事内容や担当業務が全く変わってしまうことが頻繁に起こっているため、主体性を持って自在にキャリア開発を行えるようにしておかなければ、自分を見失うことになりかねない。

だからこそ、自分で自分のキャリアを考えることが大切なのである。「自分は会社で何をしたいのか」「どういう自分でありたいのか」「何を通して自分を表現していきたいのか」といった「働くことの意味」や「自分にとっての仕事・会社」について考えることが、今まさに求められているのだ。

そのためにも、企業は社員一人ひとりが「潜在的な能力を発揮する」「自らの価値観・キャリア観で仕事を選択する」「社内価値だけでなく、社外価値も高まるような職業人生(キャリア)を歩む」といったことができるようにすることが大切だ。もちろん、これらは社員一人ひとりの責務だが、会社としてできる限りの支援をすることが、これからは必要になってくる。一人ひとりが仕事を通じて実現したいことを考え、将来の姿を描き、その中で自分の日々の仕事を意味づけ、主体的・自律的に取り組む。そういった状態が実現できれば、社員自身のやりがいと成長につながり、組織活性化へとつながっていくからだ。

キャリア開発支援は、優秀な人材を確保・定着させるためにも、大変重要な戦略と言える。例えば、最近の学生は就職活動の際、自分の能力を伸ばしてくれる、成長することができる会社を選ぶ傾向が強い。売り手市場と言われる昨今の採用環境下、企業にとって優秀な学生を引き付けることは、重要な課題となっている。「御社では、どのようにキャリアを形成することができるのでしょうか?」といった学生からのストレートな質問に対して、明確に答えることができなければ、選ばれる会社にはなれないように思う。

また、新卒者の3割が3年以内に辞めるという現実がある中で、これからは人材の流動化がますます進み、転職をすることが当たり前の世の中になるだろう。そのような状況においては、会社が社員の長期的なキャリア開発支援を行っているかどうかが、優秀な人材を引き止めておく重要な条件となるのは間違いない。

このように、社員のキャリア開発を支援することは、これからの時代において、企業責任であると同時に、まさに重要な企業戦略であることを人事部は認識すべきである。

◆自らの意志で選択することの重要性

言うまでもなく、キャリアのプロセスとは、実に多様な「選択」の連続からなる。それも、一人ひとり異なる。ここで重要なのが働き方の核となる「価値観」であり、これがキャリア選択において大きな決め手となる。自らの価値観によって決定(納得)したものであれば、自らに責任を持ち、達成に向けて主体的に行動していくことができる。仮に、予想外の配置や異動となった場合でも、そこで働くことの意味を自分として見出すことができれば、自分で選択したことと同じである。しかし、他から押しつけられて嫌々やっているのであれば、積極的に働く動機づけを持つことは難しいことだろう。

そういう意味でも、自分がどのような「価値観」を持っているのかを知ることは重要だ。なぜなら、人間は自分にとって価値があると思うことを実践し体感することによって、生きがいを感じ、自己実現・充実感を覚えるからだ。すると、さらに努力をし、成長していこうとするようになる。この自己理解のプロセスを経ないで、周囲から勧められるまま、あるいはあまり深く考えずに決めてしまうと、「このような事態は、全く考えてもみなかった」「思っていた仕事と全く違う。これでは、興味・関心が持てない」といった状況に陥り、後々、後悔することになりかねない。そのため、社員一人ひとりが「キャリアビジョン」を描くことが重要なカギを握っているのだ。

毎日の忙しさに流され、あっという間に年月を重ねるような仕事人生ではなく、自らのキャリアを強く意識し、開発していくからこそ、仕事へのやりがいやモチベーションが醸成される。このようなキャリア開発を実現していくには、自分の「過去・現在・未来」についての自己評価や能力に対するチェック・分析といった作業(プロセス)が欠かせない。

この記事は会員限定です。会員登録(無料)をすると続きを読むことができます

登録45秒!すぐに登録できます!

無料会員登録 会員の方はログイン

次のページ「キャリア開発支援」をどう進めるのか

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次のページ

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

人事マネジメント解体新書のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
リスキリング
予言の自己成就
積極的不確実性
LMS
OJD(On the Job Development)
キャリア段位制度
キャリア・アンカー