企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事マネジメント「解体新書」

「アクションラーニング」で戦略実行力を高める(後編)
~組織変革を実践的・効果的に進めていくための方法とは~ (1/3ページ)

2016/03/24

前編では、アクションラーニングに関する考え方と実務的な対応について見てきたが、アクションラーニングが企業経営のさまざまな場面・目的に対応できることをお分かりいただけたことと思う。後編では、「組織変革」「次世代リーダー育成」「業績向上」など、アクションラーニングにおける代表的な活用事例を紹介しながら、そのポイントを解説する。

事例A社:組織変革~トップダウン型組織からボトムアップ型組織へ
A社は中堅の食品メーカー。創業者の強いリーダーシップの下、これまで安定的な経営を行ってきたが、事業の多角化、グローバル化を進めていくに当たり、現場の改善・改革の動きや、ミドルマネジメントの力不足が問題視されるようになっていた。組織のあり方をこれまでのトップダウン型組織から、ボトムアップ型組織へと移行していくことが、喫緊の経営課題となってきたのだ。そこで、組織変革を速やかに実現するための恒常的な取り組みとして、アクションラーニングをスタートさせた。
◆トップマネジメント交代を機に、アクションラーニングを導入

A社は財務指標的には大きな問題はなかったものの、人口減少が進む国内市場ではこれ以上の成長が期待できないと判断。事業の多角化、さらにはグローバル化への展開を急いでいた。ただ、これまで創業者が強いリーダーシップを発揮し、マネジメントしてきた典型的なトップダウン型組織だったため、現場発の改善・改革の動きや自発的な動きが少なく、ミドルマネジメントの力不足が問題となっていた。これを打開するには、今までの強力なトップダウン型組織から、ミドルマネジャーのリーダーシップの下、職場レベルで積極的な問題解決を図るボトムアップ型組織へと生まれ変わる必要があった。そこで創業者であるトップマネジメントの交代を機に、経営コンサルティング会社の協力の下、アクションラーニングを導入し、組織変革を進めていくことにした。

◆従業員サーベイでテーマを決定、1年間を通じて活動を行う

プログラムのテーマは、「職場単位で組織力を活かし、日常の問題解決を図る」。職場単位で行うため、全社員が参加する。部門長がスポンサーとなり、部門間のアクションラーニングを支援。テーマごとに各組織横断の5~10人が1グループとなり、年間を通じて活動を行った。また、プログラムの展開に当たっては、以下の点を重視した。

  • 部門内の部・課長クラスがグループリーダーとなり、現場の課題解決をリードできるようにする
  • 従業員サーベイを基に、職場全員で課題を事実ベースで話し合い、アクションプランの立案、実行につなげる
  • 定期的にレビュー(見直し)を行い、次年度の活動につなげ、アクションラーニングを日常的な活動としていく

アクションラーニングは、次のようなステップを踏んで実行された。

1.従業員サーベイ ・各職場の活性度、従業員満足度を測定
2.サーベイのフィードバック ・全社傾向を把握すると同時に、各部門の傾向を把握。その結果を、各部門長に対してフィードバックを行う
3.テーマの決定 ・部門長、部門内の部・課長、有志メンバーが集合し、部門の課題を検討し、アクションラーニングとして取り上げるテーマを決定する
4.グループの編成 ・部門内全員を集め、従業員サーベイの結果を報告。アクションラーニングのテーマを共有する
・各テーマごとに参加メンバーを募集し、グループ分けを行う
5.ミーティング ・グループごとに分かれ、解決策を検討する(職場改善・改革ミーティング)
・解決策は、部門内で完結でき、現有資源で解決できることとする
6.プレゼンテーション ・全員が集合し、グループごとに検討した解決策を発表する
・部門長は、その場で採否を行う
7.実行 ・各グループの主導の下、関係者の協力を得ながら解決策を実行に移していく
8.レビュー ・全員が集合し、結果のレビューを行う
9.従業員サーベイ ・従業員サーベイで、1年間の解決策への取り組みの成果を振り返る(検証する)
・その結果を受け、次年度のアクションラーニングのテーマを検討する
◆各職場で自発的な改善・改革プロジェクトが始動。マネジメント層のリーダーシップ行動も強化

A社のアクションラーニングの特徴は、従業員サーベイの結果を基にテーマが決定されること。そして、全員参加型の職場改善・改革ミーティングを開催し、日常的に行われ、実効性の高いテーマが扱われることだ。このようなアプローチを取るのは、ボトムアップ型組織を実現するという目的があるからに他ならない。事実、今回のアクションラーニングへの取り組みにより、各職場で自発的な改善・改革プロジェクトが活動し始めた。

また、マネジメントへの影響も大きかった。部・課長クラスがグループ活動のリーダーとなり、日常業務とは異なるメンバーをリード・マネジメントする経験をすることによって、リーダーシップ行動がより強化された。

◆全社的、継続的に行われることで「学習する組織」が実現

A社でこのような効果が出たのも、テーマ決定や参加メンバーの問題意識を高めるために毎年行っている従業員サーベイをうまく活用しているからだ。そして、1年間の解決策への取り組みの成果を振り返り、良い解決策は他部門でも参考にできるよう、全社的に活動内容を公開するといった工夫が、アクションラーニングの成功につながっている。

このようにアクションラーニングが全社的、かつ継続的に行われることにより、A社ではまさに「学習する組織」が実現しつつある。トップダウン型組織から、ボトムアップ型組織へと移行するためにスタートしたアクションラーニングだったが、予想以上の成果を生み出すことになった。

 


この記事は会員限定です。会員登録(無料)をすると続きを読むことができます。
登録10秒!メールアドレスだけで簡単にご登録ができます
会員の方はこちら
次のページ
次世代リーダー育成~中堅社員を底上げ、組織力・チーム力の経営へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次のページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事マネジメント解体新書のバックナンバー

もう外部に頼るだけじゃない!「研修内製化」の秘訣とは(後編)
自社課題の解決と専門教育の体系化に取り組む2社の事例
「研修内製化」はコスト削減だけではなく、自社のニーズに合った教育ができるなど、さまざまなメリットが期待できる(前編参照)。「後編」では、自社課題の解決や専門教育...
2018/04/20掲載
もう外部に頼るだけじゃない!「研修内製化」の秘訣とは(前編)
近年、社外の教育ベンダーやコンサルタントに委託していた研修を、自社で内製化しようとする企業が増えている。自社内で研修のプログラムを企画し、社員が講師を務める、「...
2018/04/13掲載
人事マネジメント「解体新書」第110回
部下のやる気を引き出し、自律を促す「メンター制度」(後編)
新入社員を職場全体で育てていく、キーパーソンとしての「メンター」の役割とは?
近年の新卒採用は売り手市場が一段と進み、採用のミスマッチが顕在化したため、入社後のフォローの重要性が今まで以上に増している。しかし、配属先の現場では早期戦力化が...
2017/12/28掲載

関連する記事

若手社員の課題や不安を解決!
いま上司や先輩、そして人事が行うべきキャリアサポートとは
~「2018マイナビ新入社員意識調査」を読み解く~
若手社員は今、どのような悩みを抱えていて、どのようなキャリアを歩んでいきたいと考えているのでしょうか――。株式会社マイナビでは毎年4月に、同社の新入社員研修の受...
2018/07/24掲載注目の記事
企業が研修を最も強化したいと考えている層は「ミドルマネジャー」と「新任マネジャー」。最も強化したいテーマは「リーダーシップ」
企業の育成担当者に、今後どの層を対象にした研修を強化するのかを聞いたところ、最も多かったのは「ミドルマネジャー」(63.7%)。次いで、「新任マネジャー」(55...
2018/07/19掲載人事白書 調査レポート
社員同士がSNS形式でアドバイスし合い、社内大学で教育し合う仕組みを構築。人の関わりが孤独感を消し去り、成長を促す
三和建設は2017年3月に、建設業界で初めて「日本でいちばんにしたい会社」大賞の審査員会特別賞を受賞しました。同社では社員の誰もが書き込んで意見交換ができるSN...
2018/07/17掲載編集部注目レポート
どういう生き方をするのか、そもそもなぜ働くのか――。
人生そのものを考えさせる教育が社員の仕事への意欲を高める
長時間労働の削減が叫ばれる現在、仕事を選んで効率的に利益を上げたい、と考える企業も多いのではないでしょうか。そんな中、小さな工事でも断らず、顧客の信頼を得ること...
2018/06/19掲載編集部注目レポート
渡辺雅司さん:
改革の痛みの先に見えたものとは
200年続く老舗を超人気企業に生まれ変わらせた
社長と社員による「全員参加経営」への挑戦
「元祖くず餅」で知られる「船橋屋」は、参詣客で賑わう江戸の名所「亀戸天神」参道に本店を構えて200年余り。老舗として伝統を守り続ける一方で、旧態から脱却するため...
2018/04/23掲載キーパーソンが語る“人と組織”
新しい働き方を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

管理者が成長するために必要なこと 表彰盾/記念品工房のアトリエグレイン

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。



定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....